日米和親条約 (江戸検定今年のお題「幕末」)
 嘉永7年(1754)3月28日に、吉田松陰が密航しようと黒船に乗り込んだものの失敗した事件が起きました。
 そこで、この話を中心に幕末の記事について書きますが、吉田松陰の密航事件のまえに、嘉永7年(1854)3月3日に日米和親条約が締結されましたので、日米和親条約の話を先にします。
 嘉永7年(1854)1月16日に再来航したペリーとは、約1ヵ月後の安政元年2月10日に条約交渉が始まりました。
c0187004_153736.jpg【交渉団のメンバー】
 日本側の委員は、林大学頭(林復斎)が交渉団の筆頭、そして北町奉行の井戸対馬守(井戸覚弘いどさとひろ)、浦賀奉行の伊沢美作守(伊沢政義)、目付の鵜殿民部小輔(鵜殿長鋭うどのながとし)、そして儒者の松崎満太郎でした。
 そして通訳として森山栄之助、堀達之助というオランダ通詞が参加しました。
 アメリカ側の交渉団は、ペリー提督が全権 アダムズ参謀長、中国語通訳のウィリアムス、オランダ語通訳のポートマン、さらに秘書でペリー提督の息子のO・H・ぺりーでした。
左の写真はペリー艦隊の従軍画家ハイネによるペリーの肖像画です。最も本物に近いペリー像と言われているそうです。下田の了仙寺さんの所蔵です。


【「ペリー艦隊日本遠征記」に書かれた人物像】
 日本側の委員たちについて、「ペリー艦隊日本遠征記」には次のように書かれています。
c0187004_21583233.jpg 
 林大学頭が首席委員であることは間違いなかった。重要事項はすべて彼に委託されたからである。この人物は55歳くらいで、立派な風采をそなえ、やさしげな容貌ときわめて丁重な物腰とは裏腹に顔の表情は重々しくむしろむっつりしていた。

 井戸対馬守はおよそ50歳くらいの、太った背の高い人物だった。彼は年長者の林にくらべれば、多少は快活な表情をしていた。

 三番目のいちばん若い諸侯が伊沢美作守で、40歳さほど超えていないようで、3人のうちでとびぬけて美男だった。彼はまったく陽気な人物で、冗談やお祭り騒ぎが好きで、道楽者との評判だった。

 鵜殿は、(中略)背が高くまずますの容貌だが、顔立ちがきわめて特徴的で、いかにもモンゴル系らしかった。
 松崎満太郎についても書かれてありますが略します。

【複雑な通訳手順】
 この交渉団では、日本語から英語、英語から日本語に通訳できる人は一人もいませんでした。
 そのため、ペリーの要求は、英語からオランダ語に訳され、ポートマンが日本側に伝えます。
 それを聞いた日本側のオランダ通詞が日本語に約して、林大学頭に伝えます。
 そして、林大学頭の回答は、また逆の手順を通ってペリーに伝えられるという非常に厄介な手順をとらざるを得ませんでした。

【ジョン万次郎交渉団に参加できず】
  実は、日本には英語が理解できる人がいました。有名なジョン万次郎です。ジョン万次郎が通訳に参加していれば、こんな複雑な手順は不要でした。
 しかし、水戸斉昭が、万次郎はアメリカから恩を受けているので寝返る可能性があるから交渉団に参加させないほうがよいと言う意見を具申したため、ジョン万次郎は交渉団に参加できませんでした。
 万次郎にとっては大変残念だたのではないでしょうか!
[PR]
by wheatbaku | 2010-03-26 06:16 | 『幕末』 | Trackback
トラックバックURL : http://wheatbaku.exblog.jp/tb/14016347
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam'Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam'Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam'Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
‘七福神’宝船 装飾新調..
from ローカルニュースの旅
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史