吉田松陰密航② (江戸検定今年のお題「幕末」)
今日も吉田松陰の密航の話の続きです。
今日は、「ペリー艦隊日本遠征記」に残されている吉田松陰の話を紹介します。

c0187004_1651688.jpg  吉田松陰の密航については、アメリカ側でもしっかり記録をとってあります。
 「ペリー艦隊日本遠征記」に記載されているのです。
 「ペリー艦隊日本遠征記」には次のように記載されています。

【ミシシッピ号の対応】 
 午前2時ごろ蒸気艦ミシシッピ号の艦上で夜間当直をしていた士官は、舷側について小舟から聞こえてくる人声に呼び起こされた。舷門に行ってみると、2人の日本人がすでに舷側の梯子を登ったところだった。話しかけると、乗艦させてほしいと身振りで示した。c0187004_13201235.jpg
 彼らはなんとしても艦上にとどまることを許可してほしいと願っているらしく乗ってきた小舟を惜しげもなく放棄する意思を表して、海岸には戻らないとの決意をはっきり示した。ミシシッピ号の艦長が旗艦に行くように指示すると彼らは小舟で引き返して、すぐさま旗艦に漕いでいった。

 港内の波が高かったため、いくぶん苦労しながら旗艦に達し、梯子にすがって舷門を登るやいなや、故意か偶然か、小舟は舷側を離れて漂い去った。甲板に着くと、士官が提督に2人の日本人が現われたことを報告した。

c0187004_13204328.jpg【ペリー提督が拒絶】 
 提督は通訳を送り、2人と話し合い、不意の訪問の目的を聞き出させた。彼らは素直に自分たちの目的は合衆国に連れていってもらうことであり、そこで世界を旅して、見聞したいという願望をはたしたいのだと打ち明けた。・・・ 舟を漕いできたため、2人ともひどく疲れているようだった。
 彼らが立派な地位にある日本の紳士であることは明らかだったが、その衣服はくたびれていた。
 2人とも二本の刀を帯びる資格があり、ひとりはまだ一本をさしていたが、残りの3本はすべて小舟の中においてきたので、舟とともに流されてしまっていた。
 彼らは教養のある人物であり、中国語を流暢かつ端麗に書き、物腰も丁重で非常に洗練されていた。
 提督は彼らの来艦の目的を知ると、自分としても何人かの日本人をアメリカに連れていきたいのはやまやまだが、残念ながら2人を迎え入れることはできないと答えさせた。
 提督の回答に二人は大変動揺して、陸に戻れば首を斬られることになると断言し、とどまることを許してもらいたいと熱心に懇願した。・・・・ この願いはきっぱりと、しかし思いやりを込めて拒絶された。長い話し合いが続いた。
 結局、一艘のボートが降ろされ、送り帰されることになった。

以上が、「ペリー艦隊日本遠征記」の記載です。
 ポーハタンに乗り込んだ吉田松陰の様子が非常にリアルに描かれています。
 なお、ペリーの肖像画とポーハタンの図は、下田の「了仙寺」が所蔵しているものです。
[PR]
by wheatbaku | 2010-04-02 06:22 | 『幕末』 | Trackback
トラックバックURL : http://wheatbaku.exblog.jp/tb/14066418
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
再出発が始まる
from 哲学はなぜ間違うのか
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam'Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam'Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam'Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史