東北遊学(松陰② 江戸検定今年のお題「幕末」)
 今日も吉田松陰について書いてみます。今日は東北遊学から海外密航実施直前までの期間について書いてみます。

【江戸へ遊学】 
 嘉永4年(1851) 松陰が22歳の時、九州遊学の旅から帰り、わずか3ヶ月後に藩主の参勤交代に同行して江戸に遊学しました。c0187004_13393089.jpg 
 九州遊学のなかで、情報を得るには江戸が一番ということを知ったためです。 
 江戸では、儒学を安積艮斎から学び、兵学を山鹿素水から学びました。
 そして、その後松陰の生き方に大きな影響を与えた佐久間象山にも入門しました。
 また、松陰は天下の有志と盛んに交流を持ちました。
 なお、松陰は友人たちと名所旧跡も訪ねていて、向島百花園、両国、神田まつり、泉岳寺、目黒不動、池上本門寺などに出かけていたようです。
  ※右の吉田松陰の写真は「国立国会図書館蔵」

【脱藩までして東北巡歴】 
 その過程で熊本藩の宮部鼎蔵と「水戸学」や「海防」などの勉強を目的とした東北の旅を計画しました。
 松陰の希望は藩で認められましたが、運悪く藩主が江戸不在で、過書(他国を旅行する時に必要な手形、身分証明書)を得ることが出来ませんでした。
 しかし、12月の約束の出発日が来ると、約束を違えるのは恥と考え、松陰は過書を持たないままに出発してしまいました。
 過書もなく無断で旅立つことはすなわち脱藩ということになります。
 脱藩した松陰は、宮部鼎蔵らと水戸、会津を訪ね佐渡にも渡り、その後弘前、盛岡、仙台などを訪れ見聞を広めています。
 そして前年12月に出発してからの140日間の大旅行を終えて嘉永5年4月に江戸に戻ります。

【脱藩により処分を受ける】 
 東北巡歴から江戸に戻った松陰は、萩藩邸に自首しました。
 その結果、脱藩の罪により、松陰は萩に送還されることとなり、藩士の身分を失い、父の杉百合之助の保護下におかれることとなりました。
 しかし、松陰の才を惜しんだ藩主から10年間の国内遊学の許可が出ます。
 そして、嘉永6年(1853年)正月に2度目の江戸遊学へ出発し、また佐久間象山に師事します。

【ペリー来航の影響で海外渡航を決意】 
 江戸での遊学中の嘉永6年6月、ペリー提督率いるアメリカの東インド艦隊が浦賀に来航します。
 浦賀に出かけ黒船を観察した松陰は大きな衝撃を受け、幕府の国防に対する不備を強く認識するとともに、多くの志士たちが感じたように危機感を覚えます。
 こうした中で佐久間象山の外国と世界を熟知するために有能な人材が海外に渡航することが最高の対策という考えに大きな影響を受けます。
 それにより、松蔭みずからの海外渡航を決心しました。

 c0187004_2136337.jpgペリーが去ってから1ヶ月後の嘉永6年7月に、プチャーチン率いるロシア艦隊4隻が長崎に入港したという知らせが届き、松陰はロシア船に乗り込む密航計画を立て長崎に向かいました。
 しかし、松蔭が江戸を出発したのは、ロシア軍艦が長崎に来航してから2ヵ月後であったし、京都で梁川星厳をたずねたりしていたため、長崎に着いた10月27日は、艦隊は出航した3日後でした。

 落胆した松蔭は再び江戸にもどってきますが、松陰はそれでも密航をあきらめません。
 ちょうど、嘉永7年(1854年)1月、ペリーが再来航し、密航計画を知り松陰に強く願い出た長州藩足軽・金子重之助とともに3月28日に密航を再度企てることになりました。

 松陰の海外渡航の計画を「下田踏海」といいます。
 「下田踏海」については、既に書きましたので、こちら⇒「吉田松陰密航」をお読みください。
[PR]
by wheatbaku | 2010-04-16 05:40 | 『幕末』 | Trackback
トラックバックURL : http://wheatbaku.exblog.jp/tb/14168199
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam'Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam'Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam'Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
‘七福神’宝船 装飾新調..
from ローカルニュースの旅
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史