野山獄(松陰③ 江戸検定今年のお題「幕末」)
 今日は、吉田松陰が「下田踏海」に失敗し、自首し逮捕された後、国許に送還され野山獄に入獄するまで について書きます。
 吉田松陰は、ペリー提督に海外渡航を拒否され、ボートにより浜に送り返された後、黒船に乗る込むために利用した小舟が流されてしまったため、乗り捨てた小舟から密航のことがわかるだろうと考え柿崎村の名主に自首します。

【小伝馬町牢屋敷に入る】 
 そして下田番所で取調べを受けた後、小伝馬町の牢屋敷に送られました。
 小伝馬町では、吉田松陰は、揚屋に入り、金子は無宿牢に入れられました。
 この密航事件に連座して師匠の佐久間象山も捕らえられました。
 佐久間象山は東奥揚屋、松蔭は東口揚屋に入ったというから壁一つ隔てた隣り合わせの牢に入ったことになります。
 入牢後6ヶ月経った9月になって、帰国して蟄居するむねの判決が出ました。
 佐久間象山も松代藩に引き渡して蟄居という判決でした。

c0187004_1704012.jpg【野山獄に入る】 
 松陰は安政元年12月、萩に戻され松蔭は野山獄、金子重輔は岩倉獄に投獄されました。
 野山獄は士分を収容する牢で、岩倉獄は百姓を収容する牢で、野山獄から道を隔てた向かい側にありました。
 金子重輔は、小伝馬町の牢で病気になり、牢でも、帰国途中でも看護らしい看護は一切なく、岩倉獄に入獄した後、約3か月後に獄死します。
 幕府の判決は、国許在所で蟄居となっていましたが、幕府への遠慮から長州藩は松蔭と金子を入獄させたようです。 
 
 上の写真は、現在の野山獄跡です。

【野山獄の日々】 
 松陰が野山獄に入った時、すでに11人の囚人がいました。
 松蔭は野山獄には約1年2ヶ月投獄されていましたが、獄中では、読書と著作の日々でした。
 「野山獄読書記」によれば、安政元年(1854)10月24日から翌年の12月15日まで618冊の本を読んだそうです。毎月44冊のペースで、倫理哲学、歴史伝記、地理紀行、兵学、詩文など様々な分野の本を読んでいるそうです。
 また、同じ獄に投獄されている他の人に呼びかけ、俳句や漢詩、書道などそれぞれの得意分野を皆に教える勉強会を開きました。
 松陰もまた、皆に論語や孟子などを教えました。そういった勉強会を開くうち投獄されていた他の人も生きる希望を見出し獄の中は次第に明るい雰囲気になっていったそうです。
 そして、松陰は、在獄中から獄に入っている人たちの釈放運動に積極的に取り組んでいます。
 その活動により、松蔭を入れた在獄中12名のうち7名が出獄したそうです。

c0187004_14434390.jpg そうした人たちの中に富永有隣もいます。
 富永有隣は松蔭出獄1年後の安政4年(1859年)に出獄し、出獄後は松陰の松下村塾で講師を務めました。
 この富永有隣が国木田独歩の小説「富岡先生」の主人公のモデルです。
 松陰の唯一の女性との交流といわれる高洲久子との交流は、この野山獄時代の出来事です。
 松陰と久子については、 「『おうち』と『ほととぎす』 (吉田松陰の恋)」で書いてありますので、ご覧ください。

 上の写真は、松下村塾の隣にある松陰の幽囚室がある杉家の旧宅です。
[PR]
by wheatbaku | 2010-04-19 05:54 | 『幕末』 | Trackback
トラックバックURL : http://wheatbaku.exblog.jp/tb/14182490
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam'Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam'Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam'Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
‘七福神’宝船 装飾新調..
from ローカルニュースの旅
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史