松下村塾(松陰④ 江戸検定今年のお題「幕末」)
 さて、今日は、有名な松下村塾について書いていきます。
 松陰が松下村塾で塾生たちの指導に当たった期間は、野山獄を出獄した安政3年(1856年)8月から、野山獄に再入獄する安政5年(1858年)12月までのわずか2年余りに過ぎません。
 しかし、ここから幕末期に志士として活躍した者や明治維新で新政府に関わる者など、幕末・明治において大きな役割を果たす人物が育っていきました。

【松下村塾はもともとは玉木文之進の塾】 c0187004_1451853.jpg  
 松下村塾は、もともと、天保13年に、松陰の叔父の玉木文之進が、萩城下松本村の自宅の一隅にはじめたものです。
 松下村塾という名の由来は、村名の松本を松下に置き換えただけの、ごく単純なもののようです。
 これは、玉木文之進が無役の時代に始めたもので、文之進が役につくとともに自然消滅していました。
 それが嘉永年間には松蔭の叔父の久保五郎左衛門が名前を引き継いでいました。
 今も、玉木文之進の旧宅(上の写真)の前には、「 松下村塾発祥之所」という石碑がたっているそうです。

【松下村塾で教育開始】 
 野山獄に松陰が投獄されてから1年2か月後の安政2年(1855)12月15日に、野山獄を出た松陰は藩から自宅謹慎を命じられ、実家の杉家に「幽囚」の身として戻ります。
c0187004_14515189.jpg 出獄後の安政3年3月ごろ、松陰は自宅に設けられた幽囚室で、父や兄の勧めもあって、親族・近隣の者を相手に、野山獄で行っていた「孟子」の講義を再開します。
 幽囚室での講義は評判となり、その評判はしだいに萩城下に広がっていきました。
 当初は3畳という僅かな幽囚室で行なわれていたものの、受講するものが増え、その後8畳に増築しました。

 さらに安政5年3月に増築された松下村塾は、8畳一間、4畳半一間、3畳二間を加えた計18畳半に一坪強の土間がついたものでした。
 松下村塾の塾生の数は、諸説あり一定していませんが、、京都大学名誉教授の海原徹氏によると92名だそうです。その内訳は、士分53名、卒分10名、陪臣10名、地下医4名、僧侶3名、町人3名、他国人1名、不明8名で、身分に関係なく、広く門戸が開放されていました。 
 松下村塾で指導を受けた主な人は、久坂玄瑞、高杉晋作、吉田稔麿、入江九一(以上が四天王)、伊藤博文、山県有朋、前原一誠、品川弥二郎、山田顕義などです。
 改めてそうそうたる人々だと思います。

【松下村塾での教育内容】 
 松下村塾で、どのような教育が行われたか海原徹氏の「吉田松陰」に基づいて書いてみます。
c0187004_14521131.jpg 松下村塾では、身分、年齢などを問わないで教育がおこなわれたそうです。そのため、上に書いたように士分だけでなく、卒分の人もいれば、医者や僧侶もいました。
 そして、松下村塾に新しく来た人は、必ず勉学の目的について聞かれ、読書人でなく実践家たることを強く求められたそうです。
 また、松陰は、さまざまな個人的差異をあるがままに認めたうえで、それをしっかり踏まえた教育、すなわち各人の個性や能力にふさわさしい、その特徴を生かした教育を行ったたようです。
 そのため、塾生が何を学ぶか、どのような教科書を選ぶかは塾生各人によって異なっていたそうです。

 こうした教育の元で多くの人が松下村塾から育っていきました。
[PR]
by wheatbaku | 2010-04-21 06:25 | 『幕末』 | Trackback
トラックバックURL : http://wheatbaku.exblog.jp/tb/14188550
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
再出発が始まる
from 哲学はなぜ間違うのか
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam'Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam'Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam'Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史