海舟の修行時代 (勝海舟② 江戸検定今年のお題「幕末」)
 今日は、勝海舟の2回目で、海舟の青年時代までの修行の様子を書いていきます。

 
c0187004_22185731.jpg【貧乏の経験が後に役立つ】
 海舟の幼少時、勝家は非常に貧乏でした。
 そのため、勝海舟は、最下層の武士の生活を経験しました。また、町人たちと付き合う呼吸を侠気無頼の父小吉を通じてつかみました。
 こうした経験があったため、下級武士出身の薩長の指導者を向こうに回しても、勝海舟は一歩もひけを取らなかったようです。
 
【一橋慶昌の遊び相手となる】
 そんな貧乏生活の中でも、出世のチャンスがありました。
 海舟は、文政12年(1829)の7歳の時に、男谷の親類の阿茶の局の紹介で、11代将軍家斉に気に入られ、孫の初之丞(徳川家慶の五男)の遊び相手として江戸城へ召されています。
 その初之丞が一橋家を継いで一橋慶昌となったため、一橋家の家臣として出世する可能性もありましたが、慶昌が早世したため、その望みは消えてしましました。

c0187004_2159215.jpg【小吉、能勢妙見堂に日参】
 9歳の時、海舟が、野良犬に急所を咬まれ大怪我をするという事件が起きました。
 この時に、父親の小吉は、能勢妙見堂に日参し、回復を祈願しました。その甲斐があり、無事回復しました。
 能勢妙見堂は、現在も墨田区本所4-6にあり、そこには、勝海舟の銅像が建てられています。
 右写真は、能勢妙見堂の山門です。能勢妙見堂については、こちらをご覧ください。

【剣術修行】
海舟は、若い頃、剣術と蘭学の修行に力をいれました。
 剣術については、よく知られているように、父親の小吉の本家で従兄弟(と多くの本が書いていますが、これについては異説があります)の男谷精一郎の道場で学びました。c0187004_2281313.jpg 
 男谷精一郎は、団野源四郎に剣を学び、弟子に島田虎之助、榊原健吉、天野八郎などがおり、後に講武所頭取並となった幕末有数の剣客です。
 その後に精一郎の高弟である島田虎之助の道場で習い、21歳のときに直心影流の免許皆伝となります。
 剣の修行は、向島の牛島神社で行ったそうです。海舟は王子権現といっているため、王子の王子神社と考える人もいるそうですが、正しくは向島の牛島神社です。
 また、師匠の島田虎之助の勧めにより、向島の弘福寺で禅も学びました。
 牛島神社については、こちらで紹介しています。また弘福寺もこちらで紹介してあります。

【蘭学修行】
 一方、蘭学にも力を入れました。
 蘭学は、箕作阮甫(みのつくりげんぽ)に弟子入りを願い出ましたが断られたので、赤坂溜池の福岡藩黒田家の屋敷内に住む永井青崖(せいがい)に弟子入りしました。
 弘化3年(1846年)には、本所入江町から、永井青崖の塾近くの赤坂田町に住居も移しました。
 この蘭学修行中に、海舟は日蘭辞書『ドゥーフ・ハルマ』を1年かけて2部筆写したそうです。
 1部は自分が使用するために筆写し、もう1部は、それを売って、借り賃と生活費を工面するためでした。
 海舟が筆写した『ドゥーフ・ハルマ』は、現在も残っているそうです。
 
c0187004_1135334.jpg【高野長英が来訪】
 永井青崖の勧めもあり西洋兵学も修めました。
 そして、赤坂田町に蘭学と兵法学の私塾を開きました。
 海舟が開いた塾に、嘉永3年9月、高野長英が、勝海舟を訪ねてきました。
 大いに時事について話をした後に匿ってもらいたいと頼まれますが、「余は幕臣なり、義、足下の請を容るる能わず」と海舟が断ったそうです。
 また、高野長英は、帰るときに、自分で筆写して跋文(ばつぶん)を付した荻生徂徠の「軍法不審」を置いていったそうです。
 右の高野長英の肖像画写真は、岩手県奥州市にある高野長英記念館が所蔵している「高野長英画像」です
[PR]
by wheatbaku | 2010-05-13 05:39 | 『幕末』 | Trackback
トラックバックURL : http://wheatbaku.exblog.jp/tb/14363233
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam'Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam'Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam'Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
‘七福神’宝船 装飾新調..
from ローカルニュースの旅
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史