神戸海軍操練所 (勝海舟⑤ 江戸検定今年のお題「幕末」)
 勝海舟の第5回目は、 「神戸海軍操練所」 について書いていきます。

 アメリカから帰国して、万延元年(1860)6月に、勝海舟は、蕃書調所頭取助に任ぜられます。
 そして、文久2年(1862)の幕政改革で海軍に復帰し、7月に軍艦操練所頭取となり、閏8月には軍艦奉行並(石高1000石)となっています。

c0187004_2336524.jpg 【坂本龍馬が弟子入り】
 坂本龍馬が勝海舟に弟子入りするのは、文久2年の秋から冬の頃の話です。
 弟子入りにあたっての有名な話として、攘夷主義者の坂本龍馬が千葉道場の千葉重太郎とともに海舟を斬ろうと思い会いに行き、逆に説き伏せられて弟子になったという話があります。
 海舟は、「氷川清話」の中で、次のように書いています。
「坂本龍馬。彼れは、おれを殺しにきた奴だが、なかなか人物さ。その時おれは笑って受けたが、沈着(おちつい)てな、なんとなく冒しがたい威権があって、よい男だったよ。」

【海軍操練所が設立される】
 文久3年(1863)、勝海舟は神戸に海軍操練所の設立を提案しました。
 これは海軍兵学校と海軍機関学校を兼ねたものであり、日本に欧米と肩を並べる海軍を建設するための足がかりを作ろうとしたのです。
 勝が神戸を選んだ理由は、江戸時代の末期に網屋吉兵衛(あみやきちべえ)が築いた「船たで場(ふなたでば)」(船底に付いた貝殻や船虫などを焼くための施設、現在の「ドッグ」に相当する)の設備を利用できると考えたからでした。 

 元治元年(1864)5月、海舟は軍艦奉行並から軍艦奉行に進みます。石高2000石となります。そして、同じ5月に海軍操練所の人員募集の布告が出されます。
 海舟が、この海軍操練所では、「一大共有之海局」を掲げ、幕府の海軍ではない「日本の海軍」建設を目指しました。
 勝海舟の名声もあって、諸藩からの入学生徒は相当数に上りました。

c0187004_8472874.jpgc0187004_8484725.jpg  その中には、坂本龍馬のほか、同じ土佐藩からは脱藩した北添佶摩・望月亀弥太らがいました。
 また、薩摩藩からは、後に初代連合艦隊司令長官となり、黄海海戦の指揮をとった伊東祐亨(写真左)が入学しました。
 さらに和歌山藩からは後の日清戦争時、外務大臣となった陸奥宗光(写真右)が参加しました。

c0187004_23372674.jpg 【西郷隆盛がほれる】
 勝海舟が西郷隆盛と初めて会ったのはこの時期、元治元年(1864)9月11日、大阪においてです。
 この席で、海舟は、幕府にはもう天下の政治をとりしきる力がないから、雄藩の力で国政を動かさなければならないと語ったといわれています。
 西郷は、それまでは、長州を徹底的に処分しようと考えていましたが、この海舟の話を聞いて、長州に対する方針を融和的なものに変えたと言われています。
 また、西郷は、海舟の人柄をほめたたえてひどくほれ申し候と大久保利通に書き送っているそうです。

【幕府上層部により罷免される】
 しかし、こうした勝海舟の動きは、幕府の上層部の反発を呼び、元治元年(1864)10月22日に、大坂城代から帰国命令が伝えれられ、江戸に帰った海舟は11月10日に軍艦奉行を罷免されてしまいます。
 そして、神戸海軍操練所も正式に閉鎖されてしまいます。 
 海軍操練所の閉鎖のため、拠るべきところを失った坂本龍馬たちは、海舟の依頼を受けた薩摩藩に身を寄せることとなり、その後、長崎に亀山社中をつくり、活躍することになります。

 本日の写真は、すべて国立国会図書館所蔵です。
[PR]
by wheatbaku | 2010-05-18 05:51 | 『幕末』 | Trackback
トラックバックURL : http://wheatbaku.exblog.jp/tb/14397374
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam'Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam'Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam'Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
‘七福神’宝船 装飾新調..
from ローカルニュースの旅
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史