米国初代公使ハリス(幕末の公使館② 江戸検定今年のお題「幕末」)
 今日はアメリカの初代公使タウンゼント・ハリスのお話です。

【ハリス記念碑】  
c0187004_1694176.jpg 善福寺の境内には、ハリス記念碑が建てられています。
 これは昭和11年に三井物産社長の益田孝が発起人となって建立したものです。
 ハリスは、安政3年(1856)8月、下田総領事として日本に着任し、通商条約の調印交渉を行い、安政5年(1858)に日米修交通商条約を締結しました。
 そして、翌年正月に初代公使に任命され、6月より善福寺を公使館として利用しました。
 その後、善福寺は明治8年まで公使館として利用されました。

【ハリスは元々は経済人】 
 ハリスは、1804年にニューヨーク州に生まれました。
 成人し1846年にはニューヨーク市の教育局長となり、1847年に学費無料の高等教育機関「フリーアカデミー」(ニューヨーク市立大学の前身)を創設し貧困家庭の子女の教育向上に尽くしました。
 しかし、陶磁器業の経営が悪化したため、ハリスは1849年にはサンフランシスコで貿易業を開始し、アジアで商売をしていました。
 1853年のペリーの日本再渡航の際には、上海にいたハリスはペリーに対して日本への渡航を望みましたが、許可されませんでした。
 その後、ハリスは政府に運動し、1854年4月には中国の寧波の領事に任命されました。
 さらに、ハリスは、日本領事への就任を望み、ピアース大統領に運動して、1855年に初代駐日総領事に任命され、日本との通商条約締結のための全権委任を与えられました。

【修交通商条約締結に努力】 
 ハリスは通訳兼書記としてオランダ人のヘンリー・ヒュースケンを雇い、1856年(安政3年)に出発。ヨーロッパからインドを経由し、さらに香港経由で安政3年8月に日本へ到着し、伊豆の下田へ入港しました。c0187004_16115583.jpg 
 日本では最初下田上陸を拒否されたものの交渉の結果下田の玉泉寺に領事館を構えました。
 ハリスは度々江戸出府を要請し続けていましたが、幕府は引き伸ばしていました。しかし、同年7月にアメリカの砲艦ポーツマスが下田へ入港すると、幕府は江戸へ直接回航されることを恐れてハリスの江戸出府、将軍との謁見を許可します。
 ハリス、ヒュースケンらの一行は安政4年(1857年)10月に下田を出発し、江戸に入りました。
 江戸では蕃書調所に滞在した後、12月に江戸城に登城し、13代将軍徳川家定に謁見しました。
 安政5年(1858)にアメリカの汽船ミシシィピ号からアロー号事件の情報を聞いたハリスが早期締結を強く交渉したため、大老井伊直弼が朝廷の勅許無しで通商条約締結に踏み切り、日米修好通商条約が締結されました。
 右写真は『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』

【ハリスは日本人びいき】 
 ハリスは、翌年そのまま初代駐日公使となり、下田の領事館を閉鎖して江戸の麻布善福寺に公使館を置きました。
 その後も日本に留まり、文久2年(1862)には病気を理由に辞任しました。
 ハリスは、修交通商条約締結時に厳しく交渉したというイメージが強いのですが、彼の日記には、日本人について「喜望峰以東の最も優れた民族」と書かれているそうで、日本には好意的であったようです。
 また、ヒュースケンが殺害された際、イギリス・フランス・オランダ・プロシアの公使・領事や代表は横浜に退去してしまいましたが、ハリスだけは幕府への信頼をくずさず善福寺にとどまっていました。
 こうしたことから、ハリスが公使辞任を申し出た時に、幕府はハリスの留任を嘆願する文書をアメリカ側に送ったそうです。
 しかし、ハリスは文久2年(1862)4月に5年9か月の滞在を終えて帰国しました。
 帰国後は特に公職には就かず、1876年には保養地のフロリダ州に移住し、74歳で死去しました。ハリスは生涯独身でした。
[PR]
by wheatbaku | 2010-08-17 21:48 | 『幕末』 | Trackback
トラックバックURL : http://wheatbaku.exblog.jp/tb/14965001
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam'Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam'Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam'Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
‘七福神’宝船 装飾新調..
from ローカルニュースの旅
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史