「慶応義塾発祥の地碑」② (築地の幕末史跡)
 昨日に続いて福沢諭吉について書いていきます。遣米使節の旅から帰国してから明治維新の頃までについて書いていきます。

【『桜田門外の変』を言い当てる】 
 大沢たかお主演の「桜田門外の変」が、16日から公開されるので、今「桜田門外の変」が話題になっていて、それのゆかりの地をめぐるツアーも開催されています。
 その「桜門外の変」の起きたことを福沢諭吉はアメリカから帰国早々言い当てています。

c0187004_15413877.jpg それについて、「福翁自伝」で諭吉は次のように書いています。
 諭吉は、日本への帰国早々、浦賀の海岸で出迎えに来た木村摂津守の家来の島安太郎に、「時に何か日本に変わったことはないか」と尋ねたところが、島安太郎が顔色を変えて、「イヤあったともあったとも大変なことが日本にあった」というその時、福澤は「ちょっと島さん待ってくれ言うてくれるな、私があてて見せよう、大変といえば何でもこれは水戸の浪人が掃部様(大老井伊直弼)の屋敷に暴れこんだというようなことではないか」というと、島はさらに驚き、「どうしてお前さんはそんなことを知っている。どこで誰に聞いた」「聞いたって聞かなくたってわかるじゃないか、私はマア雲気を考えてみるにそんなことではないかと思う」「イヤこれはどうも驚いた。屋敷にあばれこんだどこではない、こうこういう訳だ」といって桜田騒動の話をした。」
 時に福沢諭吉25歳ですよ。へぇ、福沢諭吉はするどい人だっただと改めて感じました。
 右写真は「国立国会図書館所蔵」です。

【勝海舟とは仲がよくない】 
 ところで、咸臨丸の艦長は勝海舟でした。福澤諭吉と勝海舟は渡航中からあまり仲が良くなかったようです。晩年までぎこちない関係が続いています。これは、木村摂津守と勝海舟が、必ずしも仲がよくなかったことが影響しているのかもしれません。
 
【再び海外へ渡航】 
 その後、諭吉は文久2年(1862)には幕府の竹内下野守を正使とする文久遣欧使節の翻訳方としてこれに同行してヨーロッパ6カ国を歴訪しました。
 文久2年1月1日(1862年1月30日)に出発し、香港、シンガポール、インド洋、紅海、スエズの地峡を汽車で越えカイロに至り、地中海を渡りマルセイユに上陸し、フランス、イギリス、オランダ、ドイツ、ロシア、スぺイン、ポルトガルを歴訪し12月11日帰国しました

 そして、元治元年(1864)に木村摂津守の推薦で中津藩に籍を置いたまま幕府外国方に出仕することになりました。幕臣となったのです。

【新銭座の慶応義塾の跡】 
 その後、芝の新銭座に屋敷を買い、鉄砲洲の蘭学塾を移転します。
c0187004_1782486.jpg 新銭座の屋敷は、元は、久留米藩有馬家中屋敷で、その屋敷を355両で買い取りました。
 買った日は、慶應3年(1867)12月25日で、ちょうど庄内藩が薩摩藩上屋敷を焼き討ちした当日でした。
 翌慶應4年3月に塾は鉄砲洲中屋敷からこの新銭座に引っ越し、4月に慶應義塾と命名された。
 福翁自伝』によれば、「鉄砲洲の塾を芝新銭座に移したのは明治元年すなわち慶応4年であった、明治改元前しゆえ、塾の名を年号に取って慶応義塾と名づけた」のです。
 上野戦争のさなかに彼が経済学の講義をしていたエピソードは有名ですが、これも「福翁自伝」では
 「上野と新銭座は2里も離れており鉄砲のとんでくる気遣いはないというので、丁度あの時、私は英語で経済学の講義をしていました」というふうに書かれています。
 慶應義塾は、明治4年(1871)3月の三田島原藩中屋敷への移転まで新銭座にありました。
 新銭座の土地を攻玉社の塾長・近藤真琴に譲り、跡地は攻玉社が取得し、現在は「港区立エコプラザ」になっています。
 そのため、 エコプラザの東側玄関前に「「福沢・近藤両翁学塾跡」の碑(上の写真)が建っています。
 「福沢・近藤両翁」となっていて福沢諭吉だけでないのは、慶応義塾の後に、近藤真琴の攻玉社が開設されたからです。
 「港区立エコプラザ」はJR浜松町駅北口から3分程度です。


[PR]
by wheatbaku | 2010-10-05 06:08 | 『幕末』 | Trackback
トラックバックURL : http://wheatbaku.exblog.jp/tb/15227764
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam'Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam'Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam'Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
‘七福神’宝船 装飾新調..
from ローカルニュースの旅
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史