シーボルト胸像 (築地の幕末史跡)
  聖路加国際病院の近くのあかつき公園の東の広場脇にシーボルトの胸像がありました。そこで、今日はシーボルトについて書いていきます。
 
 シーボルト自身は築地に住んだことはありません。しかし、娘いねが築地に産院を開業したこともあり、また明治初期から中期にかけてこの一帯に外国人居留地が設けられていたことから、ここに彼の胸像を建てた(説明板の解説から)そうです。
 あかつき公園は、東京メトロ日比谷線「築地」駅4蕃出口より徒歩6分です。
 
【シーボルトはドイツの名門出身】 
 シーボルトは、フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトといい、1796年、 南ドイツのバイエルン州の名門医者の子として生まれました。
c0187004_1533067.jpg  成長した彼はオランダ領東インド陸軍の外科少佐に任命され、さらには、日本の長崎出島にあるオランダ商館の医師に任命されました。
 シーボルトは、文政6年7月6日(1823年8月11日)、長崎に着きました。
 その後、シーボルトは、出島の外で活動することを長崎奉行所から許され、文政7年(1824年)、長崎郊外の鳴滝にあった民家を手に入れ、シーボルトは、日本の調査・研究を進めるとともに、日本人に医学の講義を行ないました。これが有名な鳴滝塾です。

 やがて、日本人女性の滝と結ばれ、文政10年(1827年)には娘いねが生まれました。

【シーボルト事件で追放】 
 シーボルトは、5年の任期を終えて文政11年(1828年)に帰国することとなりました。
 同年8月彼が乗船することになっていた船が、長崎を襲った暴風雨により、長崎港内の稲佐の海岸に乗り上げてしまいました。
 そして、その積荷の中から、日本地図など禁制の物が見つかり、シーボルトは、文政12年9月(1829年10月)、国外追放を申し渡された。
 また、日本地図を送った高橋景保は処罰を受けました。これがいわゆる「シーボルト事件」です。
 オランダに帰り着いたシーボルトは、日本から持ち帰った数多くの資料を整理して、日本に関する論文をつぎつぎに発表しました。
 また、博物館を開設して集めた資料を公開しました。
【幕末に再来日】 
 時が30年程たち、シーボルトは、オランダ商館長ドンケル・クルチウスの願い出により国外追放を解かれました。
c0187004_154850.jpg シーボルトは、安政6年(1859年)、オランダの貿易会社の顧問の肩書きで、長男アレクサンダーを連れて、来日しました。
 このとき、シーボルトは63歳でした。
 長崎に着いたシーボルトは、滝やいね、そしてかつての門弟たちと再会を果たしました。
 そして、シーボルトは、文久元年(1861年)、幕府に呼ばれて江戸へ行き幕府の顧問となりました。
 この時滞在したのが、以前幕末の公使館シリーズで紹介した 「赤羽接遇所」 です。
 江戸では、自然科学の講義をしたり、幕府に外交上の進言をしたりしましたが、4ヵ月で職を解かれ、シーボルトは、在日イギリス公使館の通訳となった長男を残し、文久2年(1862年)に日本を離れました。
 わずか2年7ヵ月ほどの日本滞在でした。
 シーボルトは、ドイツに帰り、帰国の4年後、明治維新直前の慶応2年(1866)にミュンヘンで亡くなりました。 69歳でした。















 
[PR]
by wheatbaku | 2010-10-06 06:02 | 『幕末』 | Trackback
トラックバックURL : http://wheatbaku.exblog.jp/tb/15238676
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam'Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam'Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam'Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
‘七福神’宝船 装飾新調..
from ローカルニュースの旅
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史