首尾の松 (松② 江戸の花と木)
 江戸には、有名な松が何本もありました。その松はほとんどが枯れてしまっています。
 しかし、いくつかは、その後継の松が植えられているものがあります。
 蔵前にあった 「首尾の松」 もその一つです。

【現在の首尾の松は7代目】 
 「首尾の松」は現在は、蔵前橋の西のたもとにあります。 
c0187004_14572975.jpg 都営地下鉄「蔵前」駅A1番出口から徒歩5分のところです。
 現在の首尾の松は7代目といわれていますが、それほど大きくありません。
 右写真は蔵前橋通りの反対側から撮ったものですが、2本の松のうち右の大きいほうが「首尾の松」です。
 背景にみえるのは隅田川の向こう側にある両国国技館です。

【首尾の松の説明板】 
 首尾の松の説明板に、首尾の松についてわかりややすく書かれていました。
c0187004_14574823.jpg 『この碑から約百メートル川下に当たる。浅草御蔵の四番堀と五番堀のあいだの隅田川岸に、枝が川面にさしかかるように枝垂れていた「首尾の松」があった。
 その由来については次のような諸説がある。
1、寛永年間(1624~43)に隅田川が氾濫したとき、三代将軍家光の面前で謹慎中の阿倍豊後守忠秋が、列中に伍している中から進み出て、人馬もろとも勇躍して川中に飛び入り見事対岸に渡りつき、家光がこれを賞して勘気を解いたので、かたわらにあった松を「首尾の松」と称したという。
 2、吉原に遊びに行く通人たちは、隅田川をさかのぼり山谷堀から入り込んだものだが、上がり下りの舟が、途中この松陰によって「首尾」を求め語ったところからの説。
 3、首尾は「ひび」の訛りから転じたとする説。江戸時代、このあたりで海苔をとるために「ひび」を水中に立てたが訛って首尾となり、近くにあった松を「首尾の松」と称したという。
 初代「首尾の松」は安永年間(1772~80)風災に倒れ、更に植継いだ松の安政年間(1854~59)に枯れ、三度植え継いだ松も明治の末頃枯れてしまい、その後「河畔の蒼松」に改名したが、これも関東大震災、第二次世界大戦の戦災で全焼してしまった。昭和三十七年十二月、これを惜しんだ浅草南部商工観光協会が、地元関係者とともに、この橋際に碑を建設した。現在の松は七代目といわれている。』


 c0187004_1585053.jpg 【名所江戸百景「浅草川首尾の松御厩河岸」】 
 「首尾の松」を、歌川広重は、名所江戸百景の「浅草川首尾の松御厩河岸」で描いています。
 「首尾の松」は、浅草御蔵のなかにありました。
 御蔵には、米を荷揚げするために1番堀から8番堀まで櫛状の堀がありました。
 その堀の4番堀と5番堀の間の埠頭の先端にあった松が「首尾の松」でした。
 広重の絵では左上から枝を張り出しているのが「首尾の松」です。
 広重が描いている松も、上記の説明板の説明されているように初代の「首尾の松」ではありませんでした。
 松の下には男女の忍び合いの屋根舟が係留されています。
 その舟の奥の川船は、御蔵の北にあった御厩河岸と向かいの本所石原町を結ぶ渡し船です。

【浅草御蔵】 
 浅草御蔵について少し説明しておきます。
  蔵前には、江戸時代天領から送られた米を保管する米蔵がありました。
c0187004_8321446.jpg これは浅草御蔵と呼ばれていました。
 浅草御蔵は、南は現在の浅草柳橋2丁目より、北は浅草蔵前3丁目にかけてありました。
 敷地は、もっとも広かった弘化年間(1844~48)には、およそ3万6000坪ありました。
 南北が580メートル、東西が広いところで830メートル、狭いところで230メートルあり、「東京ドーム」2つ分の広さがありました。
 現在、蔵前橋通りをはさんだ首尾の松の反対側に「浅草御蔵跡」の碑が建っています。
 現在の蔵前橋通りは、浅草御蔵のほぼ中央を横切る形で通っています。


 緑が「首尾の松」、ピンクが「浅草御蔵跡の碑」 

[PR]
by wheatbaku | 2010-12-22 05:47 | 江戸の花と木 | Trackback(1)
トラックバックURL : http://wheatbaku.exblog.jp/tb/15643460
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from としちゃんの風景印・郵趣日誌 at 2016-05-31 06:04
タイトル : 風景印  28.4.30 くらまえ橋
<風景印  28.4.30 くらまえ橋>... more

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam'Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam'Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam'Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
‘七福神’宝船 装飾新調..
from ローカルニュースの旅
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史