池田屋事件②(京都幕末史跡めぐり)
今日は、池田屋事件の2回目です。
 
 会津藩などと祇園会所で待ち合わせて市中探索を行う予定でしたが、決められた時刻になっても、会津藩は来ませんでした。

c0187004_1362481.jpg この時期、新撰組の隊員の減少が続き、全員で40名程度だったといわれています。
 このうち池田屋事件に参加した隊員は34名であり、祇園会所にも34名が動員されたものと思われます。
 この人数では、市中探索を行うには、十分とはいえませんでしたが、事態は一刻を争うと見た局長の近藤勇は単独行動に踏み切りました。
 近藤隊と土方隊の二手に分け、土方隊は24名で鴨川東側を北上しつつ縄手通を探索することにし、近藤勇は、沖田総司、永倉新八・藤堂平助ら9名を率いて10名で鴨川西側の木屋町通りを北上しつつ捜索を開始しました。

 近藤隊は、木屋町通りを探索しつつ北上していきました。そして、午後10時半ごろに、三条小橋(下写真)の西側にある池田屋にいたり、池田屋で謀議中の尊攘派志士を発見しました。
 
池田屋で尊王攘夷派の志士たちが会合しているのに気がついたキッカケについては、いろいろな本にさまざまに書かれています。事前に情報があったとか、池田屋に長州藩の紋がある提灯が下げられていたからとか、夜遅い時間に灯りがもれていたからとか書かれています。
 近藤は、玄関先と裏側に数人づづ配置し、池田屋には、近藤勇は、沖田総司、永倉新八・藤堂平助らと踏み込みました。
c0187004_1365479.jpg 池田屋に踏み込んだところ、池田屋の主人が2階に向かう階段付近で、2階にあわてて大声をかけました。
 近藤勇と沖田総司が、2階に駆け上がると、20数名の尊攘派志士がいたそうです。
近藤ちちと志士たちとの間で激しい戦いが始まりました。
 戦いの途中で、沖田総司は、結核のため戦えなくなり、戦線を離脱します。また藤堂平助も負傷しますが、新撰組は戦い続けます。
 戦っている途中、土方隊も到着し、戦いに参加し、新撰組は一気に優位にたちます。
 さらに、出動の遅れた会津藩の軍勢も到着し、周辺をかためました。
  2時間にわたる戦いにより、大勢の尊王攘夷の志士たちが殺されたり逮捕されました。
 正確な数はわかりませんが、近藤勇の手紙では、死者7名、負傷者4名、逮捕者23名と書かれています。
 死者の中には、肥後の宮部鼎蔵(みやべていぞう)、長州の吉田稔麿(よしだとしまろ)、土佐の北添佶麿(きたぞえよしまろ)らがおり、この事件により、倒幕が一年遅れたといわれるほどの大きな影響を与えました。

 この戦いに勝った、新撰組は、会津藩や幕府から多くの恩賞を受けるとともに、一躍全国にその名を知られようになりました。

 次は、江戸検1級仲間のOさんからいただいた池田屋事件についてのコメントです。Oさんいつもありがとうございます。
「池田屋に最初に突入した五人(近藤,永倉,沖田,藤堂,周平)ですが,近藤勇は天井の低い2階での不利を悟り,沖田一人にまか せ,自身は1階に降りて戦いました.二階では沖田の剣が冴え渡り,次々と敵を倒しましたが,突然に喀血して倒した敵の体の上に昏倒 しました。
 敵はそれを見ても沖田の強さに手出しが出来ず,逃げることばかりを考えていたといいます。
 一般には,結核による喀血といわれますが,その後4年ほど生きていて活躍しているので,その時は突発性の緊張から来る異変だったように思われます。
 また,その時負傷した永倉・藤堂・沖田らは,祇園会所に運ばれ手当を受けたといわれます。
 この祇園会所は現在は八坂神社石段下交差点かどのローソンになっている辺りです。
 祇園祭りの宵山で多くの人で賑わっている中,戸板に乗せられた隊士を京童が恐怖の目で追っている様子が目に浮かびますね。」
[PR]
by wheatbaku | 2011-08-30 12:58 | 京都幕末史跡めぐり | Trackback
トラックバックURL : http://wheatbaku.exblog.jp/tb/16786115
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam'Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam'Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam'Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
‘七福神’宝船 装飾新調..
from ローカルニュースの旅
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史