安政の大獄(八重の桜 第5回「松陰の遺言」)
 明日の「八重の桜」では、安政の大獄で吉田松陰が処罰される場面が出てくるようです。

 先週の「八重の桜」でも、密勅が降りたことや安政の大獄により尊王攘夷派の浪士が逮捕される場面がありました。
 そこで、密勅とは何かなど安政の大獄に関連する事項について書いてみます。

 まず、「密勅」ですが、ここでいう「密勅」とは、「戊午の密勅(ぼごのみっちょく)」と言われているもので、安政5年(1858)8月8日に孝明天皇が水戸藩に下賜した「勅諚」をいいます。
c0187004_10504547.jpg 「戊午(ぼご)」とは安政5年の干支(えと)が戊午(つちのえうま)であったことによります。
 「密勅」といわれるのは、勅諚降下についての決定は関白が加わって決定されるという正式な手続を経ないまま降下されたことや幕府に対して勅諚降下が秘密にされていたためです。

 戊午の密勅が出されたのは、孝明天皇の意向に反して幕府が勅許をえず条約を調印し、御三家のうち尾張家や水戸家が処分されたことから孝明天皇が不快感を示し、退位の意思表示をし、この退位を思いとどませるために、諸大名力を合わせて幕府の政治姿勢を正せとの勅諚を水戸藩に降下するということになりました。
 この密勅降下の中心となったのは、左大臣近衛忠熙、右大臣鷹司輔、内大臣一条忠香、前内大臣三条実万の四公で、関白の九条尚忠は参内せず協議に加わりませんでした。これが密勅と言われる所以です。


 それでは、安政の大獄について書いていきます。
 特定の藩に勅諚が降下したことは前代未聞のことでした。
 「安政の大獄」とは、この戊午の密勅降下に驚き怒った井伊大老が密勅降下に関与した人たちを弾圧した事件です。
 c0187004_11581053.jpg密勅降下の情報を得た幕府では、尊攘志士や公家の家士の捕縛の指揮をとるため、安政5年9月3日老中間部詮勝を急いで上京させます。
 これ以前8月16日には、京都所司代酒井忠義(小浜藩主)が出発し、9月3日に京都に着き、捕縛にとりかかります。
 捕縛の第一の標的は志士の巨頭と目されていた梅田雲浜でした。
 梅田雲浜が逮捕されたのは9月7日です。これが安政の大獄の始まりとされています。
 梅田雲浜に続いて梁川星厳の逮捕に向かいましたが、星厳はすでにコレラのため死亡していました。
 老中間部詮勝の入京は9月17日でしたが、入京した翌日、戊午の密勅の降下に関わった水戸藩の鵜飼吉左衛門・幸吉父子に出頭を命じ、そのまま逮捕し六角獄舎に投じました。
 このように、志士の中心人物および水戸藩関係者を捕縛した後、鷹司家諸太夫の小林良輔の逮捕を皮切りに公卿の家臣の逮捕にまで拡大していき逮捕者が増えていきます。
 まさに「大獄」になったのでした。

 京都での逮捕と同時に江戸でも密勅にかかわった人や一橋派の人物の逮捕が開始され、9月17日元土浦藩士で江戸と京との情報連絡役を勤めた飯泉喜内が逮捕されました。
 そして、越前藩士橋本左内が奉行所への出頭が命じられたのが10月23日で、尋問をうけた後、小伝馬町牢屋敷に入れられました。

 そして、翌安政6年になるといよいよ水戸藩の重役にまで、累が及ぶことになりました。
 安政6年4月24日に、水戸藩も対して、家老安島帯刀(あじまたてわき)、奥祐筆頭取茅根伊予之助、勘定奉行鮎沢伊太夫への出頭を命じました。
 安島帯刀と茅根伊予之助は、当時の藩主慶篤の両翼と呼ばれるほどの重臣でしたが、容赦なく摘発をしました。

 逮捕された人々は、五手掛の審問を受けることになりました。
 五手掛とは、重要問題について審議する評定所の中で、最重要問題を審議するメンバーで、安政の大獄当時は、寺社奉行本庄宗秀、町奉行石谷穆清(いしがや あつきよ)、勘定奉行池田頼方、大目付久貝正典、目付松平康正の五人で構成されていました。
 五手掛による刑の宣告は、安政6年8月27日、10月7日、10月27日の3回にわたって言い渡されました。

 吉田常吉著「安政の大獄」によれば、安政の大獄において評定所で処罰を受けた人数だけで69人にもなるそうです。
 その主な人物は
 切腹  安島帯刀(水戸藩家老)
 死罪  茅根伊予之助(水戸藩奥祐筆頭取)
      鵜飼吉左衛門(水戸藩京都留守居役)
      飯泉喜内(元土浦藩士)
      橋本左内(越前藩士)
      頼三樹三郎(儒者)
      吉田松陰(長州藩士)
 獄門  鵜飼幸吉(水戸藩京都留守居助役)    です。

 逮捕前または処罰を受ける前に病死した人物は
  梁川 星巌(儒者)、 梅田雲浜(元小浜藩士)、月照(清水寺成就院僧) などがいます。

右最上段は、京都の長楽寺の参道と山門です。長楽寺には、安政の大獄で処罰された鵜飼吉左衛門、鵜飼幸吉、頼三樹三郎のお墓があります。
 右下段の写真は、浅草の海禅寺にある梅田雲浜のお墓です。
[PR]
by wheatbaku | 2013-02-02 11:56 | 大河ドラマ | Trackback
トラックバックURL : http://wheatbaku.exblog.jp/tb/19217072
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam'Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam'Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam'Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
‘七福神’宝船 装飾新調..
from ローカルニュースの旅
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史