松陰の同囚(八重の桜第5回「松陰の遺言」
 吉田松陰についての話題にもう一日おつきあいください。
 1月に江戸検一級2期会の特別例会で小伝馬町牢屋敷跡を案内したのですが、その時には、吉田松陰が小伝馬町牢屋敷のどこに収容されていたのか、また橋本左内とは全く合わなかったのかが疑問でしたが、「留魂録」を読んでみて、その答えがわかりました。

 今日は、吉田松陰や橋本左内が、小伝馬町牢屋敷のどこの牢にいれられていたかを書いてみたいと思います。
 
c0187004_2023664.jpg 小伝馬町牢屋敷は、表門が西にあり、裏門が東にありました。
 建物は、概ね、表門から入って、右手すなわち南側に、牢屋奉行の石出帯刀の居宅や牢屋を管理する建物がありました。
 そして、北側に牢屋がありました。その南東隅に、死罪場、御様場(おためしば)があった。

 牢は一棟の建物ですが、大きく分けて、東牢、西牢に分かれていました。
 そして、東牢、西牢にそれぞれ大牢と二間牢が一つ、揚屋が二つずつありました。
 ①揚屋(あがりや)「は、お目見え以下の直参、陪臣、僧侶、医師、山伏などを入れる牢で、
  手前が「口揚屋(くちあがりや)」と呼ばれ、奥は「奥揚屋(おくあがりや)」と呼ばれていました。

 ②東の「口揚屋」は「遠島部屋」と呼ばれ、遠島船がでるまで待機する部屋として使用されました。

 ③西の「口揚屋」は女性の囚人を収容し「女牢(女部屋ともいう)」と呼ばれていました。

 ④大牢、二間牢に、 町人を収容しました。

 この他、別の建物になりますが、御目見以上の武士、これに準ずる僧正・院家・紫衣その他の重き僧侶・神主の罪人を入れる揚屋敷(あがりざしき)や百姓を収容する百姓牢がありました。

 今回、「留魂録」を詳しく読んで見て、吉田松陰や「安政の大獄」で逮捕された政治犯がどこに収容されていたかがわかりました。

①吉田松陰は、西の奥揚屋(おくあがりや)に収容されていました。

②橋本左内(越前藩士)は、東の奥揚屋
 橋本左内は、評定所の尋問中には、越前藩邸から出頭しました。
  しかし、10月2日の評定所出頭後、ただちに小伝馬町牢屋敷に入牢を命じられました。
 10月7日に死罪の申し渡しがあって、即日処刑されましたので、牢屋敷にいたのは、わずか5日あまりの短期間です。
 在牢が短期間ですし、別の牢に入っていたため、松陰とは会うことがありませんでした。

③小林民部(鷹司家諸太夫) 松陰と同室つまり西の奥揚屋
  小林民部は、前関白鷹司政通を出した鷹司家の家臣で、8月27日遠島を申し付けられましたが、11月14日に人吉藩にお預けに軽減されました。
しかし、11月19日獄中で病没しました。
  松陰は、小林民部とは意気投合したようです。
  松陰が小塚原の回向院から、松陰神社に改葬される際に、小林民部も一緒に改装され、松陰神社では、松陰の隣に小林民部のお墓があります。(右上写真の左側が吉田松陰の墓、右側が小林民部の墓です。)

④鮎沢伊太夫(水戸藩勘定奉行)
  鮎沢伊太夫は8月27日に遠島を申し付けられて、小伝馬町牢屋敷に在牢していました。
同室にはならなかったが牢内で松陰と文通をしています。

⑤堀江克之助(よしのすけ 水戸藩郷士)は東の口揚屋
同室にはならなかったが牢内で文通をしています。
  堀江克之介は後に高輪の東禅寺がイギリス公使館となった際に初代公使オールコックを襲撃した「東禅寺事件」に参加し捕縛されています。

⑥堀達之助  東口揚屋牢名主
  処刑前の10月20日の手紙に「世話になった」と書かれています。

⑦長谷川宗右衛門(高松藩士)。 東奥揚屋
  藩主と世子の不仲をおさめ。水戸藩に批判的な高松藩の藩論を水戸藩との提携に傾けようしたが、屏居を命ぜられ、翌年脱藩して京から水戸へ赴くが、追われて自首しました。
 獄中で、「玉となりて砕くるとも,瓦となりて全かるなかれ」と独語していたと「留魂録」にあります。

⑧長谷川速水(高松藩士)  西奥揚屋
 長谷川宗右衛門の息子。取り調べの様子を、松陰が速水から入手していました。
 

  
[PR]
by wheatbaku | 2013-02-06 07:25 | 大河ドラマ | Trackback
トラックバックURL : http://wheatbaku.exblog.jp/tb/19231362
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
再出発が始まる
from 哲学はなぜ間違うのか
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam'Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam'Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam'Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史