桜田門外の変(八重の桜 第5回「松陰の遺言」
 今週は、「八重の桜」関連で吉田松陰について書いていたら、つい4回も書くことになりました。
 今日も「八重の桜」関連ですが、「桜田門外の変」について書いておきます。
 「八重の桜」では、ただ「桜田門外の変」が起きた程度しか描かれていませんでしたが、幕末の事件として大変重要な事件で、安政の大獄とともに、幕末、京都に会津藩が進駐する遠因となったと言えなくもありません。そこで、「桜田門外の変」について触れておきます。

 桜田門外の起きたのは、万延元年3月3日です。
 大老の井伊直弼は、上巳の節句の賀詞を述べるため五つ半時に総勢60人の行列で桜田にある上屋敷(現在、国会前庭や憲政記念館のある場所)を出ました。
c0187004_1745366.jpg そして、桜田門外に至ったところで、水戸脱藩浪士17人と薩摩藩藩士1名の総勢18名に襲撃されました。
 襲撃された場所は、現在の警視庁の目の前でした。
 そして、短時間の間に、井伊直弼は暗殺されました。
 桜田門外の変は、水戸藩への密勅降下に対する幕府の弾圧に対する水戸藩の報復でした。

 幕府は、水戸藩に対して、戊午の密勅降下以降、攻撃を強めていました。
 安政の大獄の第一の標的は水戸藩関係者でした。その結果、死罪8名のうち4名までもが水戸藩関係者でした。
c0187004_1751043.jpg  そして、密勅そのものも、返納するよう水戸藩に圧力をかけました。
 水戸藩内では、返納に賛成する「鎮派」と返納に反対する「激派」との対立が激しくなりました。
 斉昭は、返納の意を決め、返納に反対する「激派」にその趣意を述べた論書を下しました。
 形勢の悪くなった「激派」の中には、脱藩して、井伊大老を襲撃しようとするグループができました。
 このグループが、薩摩藩士と手を結び、井伊大老を襲ったのでした。

 桜田門外の変については、過去にも書いていますので、そちらもご覧ください。
 「桜田門外の変 前章」
 「桜田門外の変」
 「襲撃後の水戸浪士 (桜田門外の変②」

 井伊大老の暗殺により、幕府の勢威の衰えは明らかになりました。
 この後、尊王攘夷派や一橋派を弾圧した反動として、京都の朝廷や公卿、さらに尊攘浪士の活動が高まります。
 それを抑える必要から、京都守護職が設けられることになります。
 そのことについては、後日、改めて書きます。

 さて、井伊大老が暗殺されてまもなく、井伊大老の政敵であった水戸の徳川斉昭も、同じ年の万延元年8月15日に61歳でなくなりました。
 斉昭は、この日、折からの中秋の名月を愛でた後、急死しました。

 東京大学 名誉教授吉田常吉氏によると、井伊大老が、3月3日に暗殺されて以来、彦根藩では、桃の節句を祝わないそうです。
 また、斉昭が8月15日に急死して以来、水戸藩では、中秋の名月を愛でることはないそうです。
 そして、次のように書いています。

 「同じ年に互いに年来の政敵であった直弼と斉昭がとは、桃の節句の日と中秋の名月の夜に、相ついでこの世を去った。両雄の死には、古来から日本人が賞美してやまぬ、「雪」と「月」と「花」とがまつわっている。何か因縁めいたものを感ずるのである」

 なるほど、ご尤もなご意見だと感じました。
[PR]
by wheatbaku | 2013-02-07 07:23 | 大河ドラマ | Trackback
トラックバックURL : http://wheatbaku.exblog.jp/tb/19236181
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
再出発が始まる
from 哲学はなぜ間違うのか
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam'Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam'Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam'Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史