預り先での赤穂浪士(江戸検お題「本当の忠臣蔵」79)
 四大名家に御預けとなった赤穂浪士ですが、四大名家でどのような待遇であったか書いてみたいと思います。

 仙石伯耆守の事情聴取が終わった後、四大名家の請取軍勢のうち、請取支配人のみ仙石伯耆守と目付の前に通され、藩別の御預け人の名簿を手渡され、人数を揃え引き渡す旨が告げられました。
c0187004_8315176.jpg そして、藩単位で、御預け人をそろえ、熊本藩、松山藩、長府藩、岡崎藩の順に、一人一人、玄関際に駕籠を寄せて引き渡されました。
 御預け屋敷は、細川家は芝高輪の下屋敷、松山藩は愛宕下の上屋敷に入った後16日中に芝三田の中屋敷に移動、長府藩は麻布の中屋敷、岡崎藩は増上寺切通しの上屋敷に入り20日からは芝三田四国町の中屋敷に移りました。

 細川家が大石内蔵助以下17名の赤穂浪士を請取ったのは午後10時でした。
 それから細川家下屋敷までの道中を静かに移動したので、預り人一行が、細川家に到着したのは丑の刻過ぎ(午前2時頃)でした。
c0187004_8325273.jpg 到着が深夜であったにもかかわらず、藩主細川綱利は赤穂浪士一行が来るのを待っていました。
そして、すぐに面会し、本日の行い神妙であると褒め称え、すぐに料理の用意をさせるなど懇ろな対応をした。
 翌16日、17人は御使者の間に移され、上の間には大石内蔵助をはじめ次の9人が入りました。、
 大石内蔵助、吉田忠左衛門、原惣右衛門、片岡源五右衛門
 間瀬久太夫、小野寺十内、間喜兵衛、堀部弥兵衛、早水藤左衛門

 下の間には若手・壮年組みの8人に分けられました。
 磯貝十郎左衛門、近松勘六、冨森助右衛門、潮田又之丞、
 赤埴源蔵、奥田孫太夫、矢田五郎右衛門、大石瀬左衛門

 細川家での浪士の生活待遇は行き届いたものでした。
 衣服は、到着した夜には小袖が二つずつ与えられ、歳暮には一つ帯も与えられました。
 食事も二汁五菜のほか菓子や夜食が出されただけでなく、後には御酒まで出されました。
 このため、赤穂浪士側から結構なものを頂戴して、ことのほかつかえもうしました。この間まで食べていた黒米やいわしが恋しくなりました。なにとぞ料理を少し軽くしてもらいたいと申し入れました。
 また、風呂や手水場の取り扱いも丁寧でした。
 風呂の湯は一人ごとに変え、手水の際には、一人ずつ坊主が水をかけてやりました。
 これら、あまりにも丁寧すぎると赤穂浪士側から簡略にしてほしいと申入れを行うほどでした。

 こうした待遇の話や赤穂浪士のエピソードは、赤穂浪士を親身になって世話した接待役の一人堀内伝右衛門が書いた「赤穂義臣対話(堀内伝右衛門筆記)」に書かれています。
 この「堀内伝右衛門筆記」は、現在、永青文庫が所蔵しています。今年の12月14日から展示されるそうです。


 各藩の対応は、細川家以外の対応とは微妙に異なっていたようです。
 ちなみ、各大名の面会時期を書いておきます。
 水野監物忠之は12月21日と正月12日に、毛利甲斐守綱元は12月29日、松平隠岐守定直は正月5日に赤穂浪士と面会しました。

 しかし、各藩で情報交換を行ったことから、途中からはほぼ同様な扱いとなっていたようです。
(25.9.26修正  赤穂市発行「忠臣蔵第1巻」を読むと「対応に差異が認められる」と書かれていて、必ずしも同様な扱いとはなっていなかったようです。)

 右二つの写真は、大石内蔵助はじめ17人が自刃した地にある説明板および門です。




 
 
[PR]
by wheatbaku | 2013-09-25 08:20 | 忠臣蔵 | Trackback
トラックバックURL : http://wheatbaku.exblog.jp/tb/20769905
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
再出発が始まる
from 哲学はなぜ間違うのか
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam'Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam'Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam'Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史