野田の醤油の歴史(江戸の食文化18 )
今日からは、醤油の主な産地の歴史について書いていきます。
 現在の日本で、最も生産量の多い醤油メーカーは、キッコ―マンです。
 キッコーマンは、野田の醤油醸造家が大同合併してできた会社で千葉県野田市に本社があります。
 そこで、今日は野田での醤油の歴史を書いてみます。

 野田で醤油作りが始まったのは、伝承によると、戦国時代末期の永禄年間(1558〜70)に飯田市郎兵衛の先祖が甲斐の武田氏に溜り醤油を納め、川中島御用溜醤油と称したとされていることから、野田市において最も古い醤油醸造は飯田家と言われているようです。
 その旧飯田家の工場(亀屋蔵)の跡地に記念碑が建てられています。
 しかし、近世の野田の醤油が商品化されはじめるのは、寛文元年(1661)に髙梨兵左衛門が醤油醸造を開始してからと考えられています。
c0187004_9594098.jpg  高梨家は古くから野田の「豪族」として知られた家柄で、醤油醸造業を始めたのは19代兵左衛門です。
 高梨家の製品はジョウジュウ印として知られています。
 その後、茂木七左衞門家が明和3年(1766)、みそ醸造から転じてしょうゆづくりを始めました。
 その後茂木家の分家も、それぞれ醤油醸造を始め、さらに多くの醸造家が創業しました。
 文政7年(1824)には、野田の「造醤油仲間」は19軒になったようです。
 そして、文政12年(1829)に高梨家、天保9年(1838)に茂木家が幕府御用醤油の指定も 受けるまでになりました。
 右上写真は、現在のキッコーマンの「御用醤油醸造所」です。

 天保11年(1840)、関東の醤油醸造家の順位を相撲番付に見立てた「醤油番付」を見ると、野田の高梨兵左衛門(ジョウジュウ印)と柏屋七郎右衛門(キハク印)が大関となっていて、関脇が茂木佐平治(キッコーマン印)となっています。下記写真参照
c0187004_100153.jpg

 
 幕末の元治元年(1864)、幕府はインフレ対策として物価の一律4割引き下げを強行しました。
 その際、価格引き下げの例外として価格の据え置きを許された「最上醤油」という醤油の一群があります。
 この銘柄は、野田のキッコーマン、キハク、ジョウジュウ、銚子のヤマサ、ヒゲタ、ヤマジュウ、ジガミサの7銘柄でした。
 幕府崩壊の影響を受けて、一時期停滞していた野田醤油業界も、それを乗り越え再び成長していきます。その要として、明治20年(1887)には野田醤油醸造組合が、髙梨家、茂木家を中心にして結成されました。
 明治末から大正初めにかけて、野田醤油業界は、急成長していきました。この中で生じた、茂木・高梨一族間のあつれきを解消するため、大正6年(1917)には、茂木一族と髙梨一族の八家合同による野田醤油株式会社(キッコーマン株式会社の前身)が誕生しました。
 八家とは次を指します。
 高梨兵左衛門家(ジョウジュウ印)、
 茂木一族本家茂木七左衛門家(クシガタ印)、
 茂木一族の分家 
  茂木七郎右衛門家(キハク印)、茂木佐平治家(キッコーマン印)、
  茂木房五郎家(ミナカミ印)、茂木勇右衛門家(フジノイッサン印)、
  茂木啓三郎家(キッコウホマレ印)

 この後、キッコーマンは、海外を含めて大きく発展していくことになります。

  一方、野田には、キッコーマン以外にも、天保期に創業した現在のキノエネ醤油株式会社などもあります。

 野田は、幕末には関東第一のしょうゆ産地として発展しました。
 このように発展したのは、しょうゆの原料の入手に便利で、大豆は常陸地方、小麦は下総台地や上州・相模などから入手でき、塩は行徳から入手できました。ただし塩は当初は行徳の塩を使っていましたが、やがて赤穂塩を使用するようになりました。
 また、江戸川の水質がしょうゆづくりに適していたといわれています。
 さらに、野田は、東に利根川、西に江戸川が流れていて、大消費地の江戸に出るには、朝、野田を発って江戸川を下ると、昼にはもう日本橋に着いているという、水運が非常に便利な土地柄でした。
 このように、野田は、醤油製造地として、大変立地条件にめぐまれた位置にありました。
[PR]
by wheatbaku | 2014-02-20 09:56 | 江戸の食文化 | Trackback
トラックバックURL : http://wheatbaku.exblog.jp/tb/21701316
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam'Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam'Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam'Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
‘七福神’宝船 装飾新調..
from ローカルニュースの旅
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史