明六つは日の出の時刻ではありません!
 昨日、「時の鐘」について書きましたところ、多数のアクセスがあり、コメントも多数いただきました。
 そこで、今日も「時刻」について書こうと思います。

 まず、江戸時代の時刻の数え方に二通りありました。
c0187004_956490.jpg 「子・丑・寅・・・」と干支で数える方法と「九つ・八つ・七つ・・・」と数字で数える方法です。
 干支で数える方法の順序は、わかりやすいのですが、数字で数える方法は、なぜ「九つ」から始めるのか、そして「九つ」の次は「八つ」になるのかなぜかという疑問があると思います。
 これについて、答えている本を見つけました。
 「暦と時の事典」(内田正男著)です。
 これによると、平安時代の延喜式に既に、子と午の時には九つ、丑と未の時には八つ、寅と申の時には七つ、卯と酉の時には六つ、辰と戌には五つ、巳と亥には四つ太鼓を鳴らすと決められていたそうです。
 ですから、子や午を九つと呼ぶ呼び方は、この太鼓の数のよったものだろうと書いてあります。
 そして、「九つ・八つ・・・・」と逆に数えることについても解説してあります。
 一から九までの数字で、奇数は陽数と言われていて、陽数の最大の数が九です。そこで九と一を掛けた九から始まり、次いで九に二を掛けて十八の十を除いた八を取り、九に三を掛けた二十七から二十を除いて七、九に四を掛けた三十六から三十を除いて六、九に五を掛けた四十五から四十を除いた五、九に六を掛けた五十四から五十を除いた四 というふうに順に決まったということのようです。
 ただし、この説が、最も有力ですが、他の説もあり確かなこととは言えないとも書いてあります。
 
 このように数えていくと同じ数の時刻が一日に2回繰り返されますので、混乱を避けるために、江戸時代には、それぞれの頭に次のような言葉を入れて呼ばれるようになりました。
 九つ 八つ 七つ ⇒ 暁
 六つ         ⇒ 明
 五つ 四つ     ⇒ 朝
 九つ 八つ     ⇒ 昼
 七つ         ⇒ 夕(ゆうべ)
 六つ         ⇒ 暮
 五つ 四つ      ⇒ 夜
 こういう習慣が確立したため、「明六つ」とか「暮六つ」という言葉が生まれたのですね。

 ところで「明六つ」は日の出、「暮六つ」は日没と思われがちです。
 実は私もそう思っていました。
 しかし、正しくは、「明六つ」は日の出より約35分前です。そして「暮六つ」は日没より約35分後です。
 従って、明るい星がいくつか見える頃、手の大筋が三つばかり見える頃が「明六つ」「暮六つ」とされました。
 これを知ったのは、昨年のお題の参考図書「江戸の食文化」に
 江戸の朝は明け六つの鐘とともに始まる。ふつう明け六つの鐘が鳴らされるのは、夜明けの約30分前。つまり、江戸の朝はまだ暗いうちから始まることになる
 と書かれていたことです。
 今回、参考にした「暦と時の事典」にも、同様に書かれていました。時刻はより正しく35分前後と書かれていましが。

 最後に余談を一つ
 現在、お昼の12時を「正午」と言いますね。
 これは、江戸時代の干支により時刻を数えたなごりです。
 それでは、夜の12時はつまり午前零時はなんと呼ばれていたでしょうか?
 正解は「正子(しょうし)」です。
[PR]
by wheatbaku | 2015-01-23 09:56 | Trackback
トラックバックURL : http://wheatbaku.exblog.jp/tb/23367340
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
再出発が始まる
from 哲学はなぜ間違うのか
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam'Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam'Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam'Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史