江戸時代の死刑(江戸時代の刑罰)
 毎日文化センターの講座「吉田松陰ゆかりの地を歩く」で、4月に小伝馬町牢屋敷跡、5月に小塚原刑場跡の案内をするので、江戸時代の刑罰について調べています。
 すると、いろいろなことがわかりました。
 そこで、何回かに分けて、江戸時代の刑罰について書いていこうと思います。

c0187004_10074077.jpg 参考にした本は、中公新書「江戸の刑罰」(石井良助著)「御定百箇條と刑罰手続」(藤井嘉雄著)「伝馬町牢屋敷」(布施弥平治著)などです。
 江戸時代の刑罰は、大きく分けて、「死刑」「追放刑」さらに身体を傷めつける「身体刑」などに分けられます。 その中で、命を絶つ「死刑」について書いてみます。

 江戸時代の庶民に対する死刑は6種類ありました。
 江戸検1級のテキスト「博覧強記」では、3項目に大別されていますが、下記の6種類として記憶した方が覚えやすいと思います。
 軽い刑から、下手人、死罪、獄門、磔(はりつけ)、鋸挽、火罪という順になります。
 それぞれの刑について下記で説明します。

1、下手人 (げしゅにん)
  下手人というと一般的には「人を殺した人」という意味にとらえられますが、江戸時代は、刑罰の一種でもありました。
  下手人は死刑の中では最も軽い刑ですが、首を斬られるという点では、次の死罪と同じです。
  しかし、死罪と異なる点は、斬首された後の処置です。
  下手人の場合には、遺骸は、様斬(ためしぎり)にされませんでした。
  様斬(ためしぎり)というのは、刀の斬れ具合を試すために死体を斬ることをいいます。
  この御用を承っていたのが、山田浅(朝)右衛門です。
  小伝馬町牢屋敷には、「様場(ためしば)」という施設がありました。

2、死罪
 死罪と死刑と同じような言葉としてとらえられがちですが、命を絶つ刑罰全体を指す言葉が「死刑」です。
 それに対して「死罪」は、「死刑」の中の一種を指しますので、注意してください。
 「死罪」は、下手人と同じく、首を斬る刑です。
 しかも、首を斬られた後、その遺骸は、様斬り(ためしぎり)にされました。

3、獄門
 獄門は、死罪より思い刑で、首を斬られた後、刑場で、首を晒される刑です。いわゆる晒し首です。
 獄門の場合、牢屋敷で首を斬られ、その後に鈴ヶ森か小塚原の刑場の獄門台で首のみ3日間晒されました。

4、磔(はりつけ)
 磔は、「張り付ける」ということで、刑場で十字架をした罪木に縛り付けられ、突き手が槍で25回から30回突き刺しました。
 そして、死後3日間晒されました。
 磔は、獄門よりさらに重い刑です。
 それは、獄門は、公衆のいない牢で首を斬られた後に首を晒される刑ですが、磔は、生きているうちから公衆の面前に晒され、さらに死後も晒されるれるからです。
 そして、獄門は一瞬に命を絶たれますが、磔の場合には、一瞬には命がなくならず苦痛を伴う刑だからです。

5、鋸挽(のこぎりびき)
 鋸挽は、鋸で首を挽かせる刑です。
 縛り付けた罪人の首に浅く傷をつけ、その血をつけた鋸を近くに置いて、通行人などに一回か二回ずつ挽かせ、ゆっくりと死なせる刑罰であり、江戸時代以前には実際に首を鋸で挽かせていたようです。
 死亡するまで時間がかかり非常な苦痛を伴う刑であるため、磔を上回る刑罰として位置づけられていました。
 この刑に処せられる罪人は、日本橋の南の広場の土中に埋められた晒箱(さらしはこ)に入れられ、首だけが地面から出るようにした上で、3日間、晒されました。
  (晒は日中のみで、夜間は牢屋敷に連れ戻されました)
 その際、罪人の首の左右に竹の鋸と鉄の鋸を立てかけておき、鋸で首を挽ける状態にしておきました。
 しかし、鋸挽といっても、実際に鋸で首を挽くことはなく、晒した後は市中引き回しをしたうえで磔としました。

6、火罪
 死刑の中で、江戸時代の刑罰の中で最も重い刑で、放火犯には、この刑が適用されました。 
 江戸は、非常に火事の多い都市でした。そして、一度火事が起きると多くの人命と財産が失われました。
 そのため、放火犯に対しては極刑が下されました。
 火罪というは、わかりやすく言うと「火あぶりの刑」です。
 刑場で罪木に縛り付けられた後、火あぶりにされました。
 生きたまま火あぶりにするのはあまりにも残酷だというので、火あぶりの前に絶命させていたという説もあります。



[PR]
by wheatbaku | 2015-03-17 21:54 | Trackback
トラックバックURL : http://wheatbaku.exblog.jp/tb/23705837
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam'Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam'Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam'Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
‘七福神’宝船 装飾新調..
from ローカルニュースの旅
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史