二十六夜待ち (江戸の祭礼と歳事)
 昨日は、7月26日でした。
 7月26日は、旧暦であれば「二十六夜待ち」という、「月見」の時季です。
 こんな暑い時に、「月見」などピンとこないと思います。ピンと来なくて当然だと思います。
 現在は新暦です。旧暦の7月26日は、今年の場合には9月9日です。
 この頃になると「月見」がピッタリしますが、重陽の節句の時季とも重なり、書くのを忘れそうです。

 そのため、江戸検のため、あえて、この時季に「月見」の話をしておきます。
 江戸時代は、七月二十六日の月見は「二十六夜待ち」といって大変盛大に行われた行事です。
 東都歳事記には次のように書いてあります。

 廿六夜待 高きに登り、又は海川の辺酒楼等に於て月の出を待つ。左に記せる地 は、分て群集する事夥しく、宵より賑へり。
 芝高輪・品川 此両所を今夜盛観の第一とす。江府の良賎兼日より約し置て、品 川高輪の海亭に宴を儲け、歌舞吹弾の業を催するが故、都下の歌妓幇簡女伶の属(たぐい) 群をなしてこの地に集ふ。
 或は船をうかべて飲宴するもの尠からずして、弦歌水 陸に喧し。
 築地海手深川洲崎、湯島天満宮境内、飯田町九段坂、日暮里諏訪ノ社辺、目白不動尊境内、西南に向て月を看るに便りあしけれど、此辺の輩は集へり。

 東都歳事記の挿絵は、湯島での「二十六夜待ち」です。(下記参照)
c0187004_11214976.jpg
 なぜ、こんなに「二十六夜待ち」が賑やかだったのか「絵本江戸風俗往来」に次のように書いてあります。

 二十六夜 この月二十六日の夜を二十六夜といいて、今夜の月の出は三尊の姿に上天すとかいいて、この三光を拝さばやと人々高台の地に、海の眺望をえらみて相集まり、時刻を待つ。

 そして、「絵本江戸風俗往来」の校注には、なぜ、二十六夜の月を信仰するか次のように解説してあります。

 七月二十六日の夜半すぎに出る月は、出しおに光が三つに分かれ、瞬時にしてまた一つに合するように見えるという。これを弥陀三尊の出現と見、実際にその光の中に阿弥陀・観音・勢至の三尊に姿が見えるともいわれた。そしてこれを拝むと幸運をうることができるとの信仰がかなり古くからあって、江戸では、特に二十六夜待ちの行事がさかんであった。


 ところで、江戸時代の初期には、七月だけでなく正月の二十六日にも月の出を待ったようです。
 しかし、正月は寒くて耐え難いので七月だけになったと東都歳事記に書いてあります。
 このことから、斉藤月岑は、東都歳事記の中で、「二十六夜待ち」が賑やかなのは、信仰心から起こったものではないと言っています。


 この二十六夜待ち」は過去の江戸検でたびたび出題されています。
 一例をあげると第一回目の2級の試験で次のような問題として出題されています。

 旧暦7月26日の夜は「二十六夜待ち」といって、品川や高輪では、歌舞音曲や酒宴を楽しみながらにぎやかに月の出を待ちました。深夜、海から昇る月を拝んだのですが、この月は何の出現と考えられていたでしょう?

 い)弁財天  ろ)東照大権現  は)天照大神  に)阿弥陀三尊

 
正解は、既に本文の中に書いてありますが、「二十六夜待ち」については、しっかり覚えた方がよいでしょう。




[PR]
by wheatbaku | 2015-07-27 11:17 | Trackback
トラックバックURL : http://wheatbaku.exblog.jp/tb/24455383
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam'Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam'Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam'Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
‘七福神’宝船 装飾新調..
from ローカルニュースの旅
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史