浅草門の悲劇(明暦の大火⑤

今日は、明暦の大火の5回目として「浅草門の悲劇」について書きます。

浅草門は、現在の浅草橋の南たもとにありました。

c0187004_08581895.jpg右の浅草橋は北側から撮っていますので、橋の先にあったことになります。

 浅草門は、奥州街道の出入り口の関門として、神田川が隅田川に流れ込む部分に建てられました。

浅草門の浅草は、「浅草寺」の正面にあることから付けられた名前です。

「浅草寺 見附で聞けば つきあたり」という句の通り、浅草見附(浅草門)の真北が浅草寺になります。

門が建てられたのは、寛永13年(1636)で、門を構築したのは、越前藩主松平忠昌でした。

c0187004_08582574.jpg開幕当時は、現在の常盤橋門が、浅草口と呼ばれましたが、この門が構築されてからは、浅草口の名前も、こちらに移りました。

浅草見附(浅草門)は橋の南側にありましたが、浅草見附跡の碑は、橋の北側に設置されています。

ちなみに、浅草橋の南側は中央区で、北側は台東区です。


浅草門では、明暦の大火の際に2万人以上の人が死ぬという悲劇が起きました。

 火事が小伝馬町牢屋敷に近づいた時に、石出帯刀が、囚人の切放をしたことは、前回書きました。

 これが結果的に悲劇を引き起こすこととなりました。

 小伝馬町牢屋敷の囚人を切放したことが、浅草門に正しく伝わらず、「囚人が牢屋敷から逃げ出した」と伝わりました。

浅草門は、江戸市中から浅草方面に逃げる逃げ道でした。そのため、多くの市民が殺到していました。

本来であれば、この人たちを逃すために、門は開放されていなければなりません。

しかし、囚人が脱走したと勘違いした番人が警戒のため門を閉めたといわれています。

そのため、浅草門の枡形内には大勢の人が集まり、身動きできない状態となりました。

そこに火事が迫り火の粉が降り注ぐ事態となりました。

逃げ場を失った人の中で、体力のあるものは、浅草門の石垣をよじ登り屋根を乗り越えて、そこから神田川に飛び込みました。

 彼らは石垣に頭や体を打ちつけ大けがをしたり死亡したりしました。

無事堀に飛び込めた人も後から飛び降りてくる人たちに圧殺されたりしました。

 下の絵は「むさしあぶみ」に描かれている絵ですが、浅草門の屋根から人々が飛び降りている様子や神田川に大勢の人があふれている様子がよくわかります。

c0187004_08583355.jpg

 そうしているうちに浅草門自体に火が燃え移り、門が大音響とともに崩れおちました。

これにより門内にいた人たちも焼き尽くされてしまいました。

 翌日、浅草門は黒焦げの死体で埋め尽くされていたそうです。

 ここでの死者は2万3千余りと「むさしあぶみ」は書いています。


[PR]
by wheatbaku | 2016-03-25 09:08 | Trackback
トラックバックURL : http://wheatbaku.exblog.jp/tb/25446572
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
再出発が始まる
from 哲学はなぜ間違うのか
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam'Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam'Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam'Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史