江戸城天守炎上(明暦の大火⑥)

 昨日は、3月25日から31日まで一般公開されている皇居乾通りに行ってきました。

c0187004_13512128.jpg 乾通りの一般公開は、今秋と来春は中止が決まっているとのことで、しばらくチャンスがなくなるので、昨日はお花見日和ではありませんでしたが、あえて行ってきました。

 乾通りの一般公開は、坂下門から乾門までの乾通りが公開されるものですが、日頃見ることのできない皇居内を見ることができました。
 右上写真は、富士見多聞ですが、手前の桜は2分咲き程度でした。

 乾通りを歩いた後は、皇居の東御苑に入り、天守台を見てきました。

 天守台は、江戸城本丸の一番北側に位置しています。

c0187004_13522429.jpg 現在、残された天守台は、明暦の大火で焼失した天守を再建する計画で、明暦3年から工事が着工されたものの、天守の必要性が薄れたとの保科正之の意見が通り、天守の再建が見送られたため、天守台だけが残されたものです。

 江戸城の天守は、3度築造されています。

 まず、初代将軍徳川家康が慶長11年(1606)に築造しました。これが「江戸城 その全容と歴史」で西ヶ谷恭弘先生が「慶長度天守」と呼んでいる天守です。

慶長度天守が築かれた16年後の元和8年(1622)に2代将軍秀忠が「元和度天守」を築造しました。

さらに元和度天守築造後16年たった寛永15年(1638)に3代将軍家光が築造した天守が「寛永度天守」が築かれました。

つまり、将軍の代替わりごとに築き直されているわけです。

元和度・寛永度の天守は、現在の天守台とほぼ同じ位置にありました。

しかし、家康が築いた慶長度天守は、現在の天守台より南の本丸中央に近い場所にありました。

また、家康の築いた天守は白漆喰塗りの天守で、冬には白雪を冠ぶった富士山と並び立つようだったそうです。

秀忠が築造した天守の様子は史料が残されていないため詳しいことはわかっていないようです。

家光が築造した寛永度天守は五層五階地下一階ので、石垣が約13メートル、棟までの高さが約45メートルありました。全体で60メートルにも達する巨大天守でした。

また、「江戸城 その全容と歴史」によれば、壁面は燻加工され防火性を高めた黒色の銅板が貼られていたため、天守は黒い色をしていたそうです。

明暦の大火の第一の出火元本郷の本妙寺から起きた火事の際には、江戸城は幸いなことに炎上しませんでした。

しかし、第二の出火元である小石川伝通院表門坂下からの火事は、小石川にある水戸藩の下屋敷を焼き、堀を飛び越え、竹橋内の天樹院(千姫)の屋敷や将軍の弟である甲府藩主松平綱重や館林藩主松平綱吉の屋敷を炎上させ ました。

そして、ついに本丸にも火事が近づいてきました。天守に火が移ったのは「明暦の大火」(黒木喬著)によれば正午から午後1時にかけてだったとされています。

防火性能の高い黒燻加工のされた銅板が貼ってあった天守ですが、どういう理由かわかりませんが、2層の窓が開いていたため、そこから火が天守の内部に入り込み炎上したそうです。

「後見草」には、「御天守二重目の銅窓の戸内より開き是より火先吹込、移り申候よし」と書いてあります。

c0187004_13533044.jpgそして、本丸と二ノ丸にも火が移ったため、将軍家綱も西の丸に避難することに決しました。

この時、大奥の女中たちも避難しましたが、大奥の中にいて表の様子のわからない奥女中のを避難させるために、松平信綱が、表の座敷の畳を一畳ずつ裏返して逃げ道の目印としたとされています。
 天守台近くの元大奥であった辺りの桜は結構咲いていました。


[PR]
by wheatbaku | 2016-03-29 13:36 | Trackback
トラックバックURL : http://wheatbaku.exblog.jp/tb/25461480
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam'Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam'Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam'Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
‘七福神’宝船 装飾新調..
from ローカルニュースの旅
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史