新撰組ゆかりの地(「幕末」)

新撰組ゆかりの地を行く

先日の京都旅行では、テーマをいくつか考えて、そのテーマゆかりの地を巡ってきました。

そのテーマは、「新選組」「禁門の変」「薩長同盟」「鳥羽伏見の戦い」など幕末に関係するものです。

そこで、これから、テーマにそって、書いていきますが、最初に新選組について書いていきます。

 今日は、まず、先日巡ってきた「新選組ゆかりの地」を一挙に紹介していきます。

 新選組といえば、「壬生」ということになりますが、京都駅から地下鉄と近鉄を乗りついて四条大宮まで行き、そこから歩いていきました。

1、光縁寺

c0187004_20525738.jpg 光縁寺は、四条大宮駅から壬生へ行く途中にありますが、四条大宮駅から南に下り一本道の道を西に歩いていくと北側をにあります。

 光縁寺には、山南敬介ほかのお墓があります。

c0187004_20530313.jpg しかし、このお寺は観光客は入寺お断りとなっていて、山南さんのお墓参りの人だけ入寺可能と門前に書かれています。

 「山南敬介さんのお墓参りさせてください」とお願いしたら、御住職は快く許可してくださいました。お話が好きなきさくな御住職でした。

 山南敬介は新撰組の総長でしたが、逃亡を図ったものの見つかり、切腹して果てました。

2、旧前川邸

c0187004_20515018.jpg こちらは旧前川邸の長屋門です。

 新選組の屯所として使用されました。

 壬生の前川家の本家は、六角の前川家で、前川家はもともとは糸割賦人として財力を蓄えた家系だったそうです。

c0187004_20515289.jpg この旧前川邸は、現在は株式会社田野製袋所となっていて、住居兼工場として利用されています。

 そのため、平日は公開されておらず、土日祝日のみ新選組グッズの販売がされています。

3、八木邸

c0187004_20515829.jpg こちらは八木邸です。

 新選組の屯所として使用されました。

 八木邸で、芹沢鴨が暗殺され、その座敷も残されていて、ガイドによる案内も行われています。

c0187004_20520622.jpg 芹沢鴨襲撃時に鴨居についた刀傷や芹沢鴨が逃れようとした際につまづいた文机も見ることができます。

 八木家は、壬生村に住む郷士でしたが、現在の八木家は、八木邸の前で「御菓子司 京都鶴屋」を経営しています。

c0187004_20545468.jpg 八木邸の見学は、入り口脇にある鶴寿庵」での屯所餅と抹茶セット付きで100円です。

 右写真がが屯所餅と抹茶セットです。

 八木家見学の後にいただきました。

 屯所餅には、壬生菜が刻みこんでありましたが、餅にマッチしていて美味しかったですね。

4、新徳寺

c0187004_20512414.jpg こちらは新徳寺です。

 浪士組は、清河八郎の建言により結成されたものですが、浪士組が京都に到着した際に、清河八郎の宿舎にあてられました。

 清河八郎が、到着した日に本当の狙いは尊王攘夷であるという大演説を行ったお寺です。

5、壬生寺

c0187004_20521558.jpg こちらが壬生寺です。

 壬生寺は平安時代の正暦2年(991)に創建された古刹で、壬生狂言で有名なお寺です。

 新選組は、ここで武芸の訓練等を行ったそうです。

c0187004_20521877.jpg 壬生寺の境内には、壬生塚があります。

 本堂に向かって右手に阿弥陀堂がありますが、その東側が壬生塚となっています。

 壬生塚には、近藤勇の胸像( 写真)や遺髪塔のほか、芹沢鴨・平山五郎の墓、野口武司たちお墓などがあります。

 ただし、この壬生塚に入るには200円の入場料がかかりますので、阿弥陀堂の中で払ってはいります。

c0187004_20525224.jpg こちらが芹沢鴨・平山五郎のお墓です。

 芹沢鴨・平山五郎が 八木邸で暗殺された翌日、盛大な葬儀が行われた後、壬生寺前にあった壬生村の共同墓地に埋葬され、その後。壬生寺境内に改葬されたものだそうです。









6、島原 角屋

c0187004_20571235.jpg 島原の「角屋」はすでに紹介した通りです。

 新選組でもしばしば使用しました。

文久3年6月には、近江水口藩と新選組との関係が悪化した際に、水口藩が新選組を招待して宴席を開きました」。

c0187004_20572959.jpgこの際に、酔っ払って暴れ出した芹沢鴨が、酒樽の栓を次々に叩き落とし、一面を酒びたしにするという狼藉を犯したりしています。

 こちら、既に紹介した角屋の松の間です。

c0187004_20573439.jpg 芹沢鴨が暗殺された日には、下段の松の間で新選組隊士を集めた大宴会が開かれました。

 芹沢鴨は、左手奥の床の間あたりに座って酒を呑んでいたのでしょうと説明がありました。

 角屋の玄関脇には、新選組の隊士が傷つけた刀傷が残されていました。


7、池田屋

c0187004_20573920.jpg  新選組が最も華やかな成果を挙げたのが池田屋事件です。

 三条小橋近くの旅籠池田屋に集合していた尊王攘夷派の浪士たちを急襲し、多くの志士が殺傷された事件です。

 現在の池田屋は、はなの舞となっています。

c0187004_21132793.jpg 池田屋の店内ですが、2階から3階に上る階段です。

 この写真でははっきりしませんが、階段を登りきると、下段の写真のように、新選組隊士が待ち受けています。

c0187004_21005409.jpg

c0187004_20575466.jpg はなの舞でのランチサービスには、次のように新選組隊士の名前がつけられています。

「土方歳三」
「沖田総司」
「斉藤一」
「藤堂平助」
「原田左之助」
「山南敬介」

 右上写真は、私が注文した「土方歳三」です。値段は1200円で、それ以外は980円でした。








[PR]
by wheatbaku | 2017-03-16 20:42 | 『幕末』 | Trackback
トラックバックURL : http://wheatbaku.exblog.jp/tb/26506902
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam'Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam'Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam'Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
‘七福神’宝船 装飾新調..
from ローカルニュースの旅
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史