獏塾「幕末維新横浜散歩」開催されました。

昨日は、獏塾の「幕末維新横浜散歩」が行なわれ、塾生の皆さんと早春の横浜を散歩してきました。

今回の案内人は、横浜在住の浜之悪代官(本名:浜之無学)さんです。

c0187004_17352750.jpg浜之悪代官さんは、横浜市開港記念館でボラティアガイドをやっているので、横浜の幕末史には詳しいです。

 江戸検の今年のお題が「幕末維新」ということで、今回の散歩が実施されました。ちなみに浜之悪代官さん、昨年江戸検1級に合格されています。

今回は京品急行神奈川駅13時に集合して次のように散歩しました。
①本覚寺 ⇒【電車で移動し関内駅へ】 ⇒ ②吉田橋関門跡 ⇒ ③馬車道(近代街路樹発祥之碑・アイスクリーム発祥碑・日本最初のガス灯碑・下岡蓮杖顕彰碑・神奈川県立歴史博物館) ⇒ ④中居屋重兵衛店跡碑 ⇒ ⑤開港記念会館 ⇒ ⑥神奈川県庁(神奈川奉行所跡碑・神奈川運上所跡碑) ⇒ ⑦日本大通(居留地の防火帯・ラッキースポットで合格祈願) ⇒ ⑧開港資料館 ⑨横浜公園(港崎遊郭=みよざきゆうかく)⇒ ⑩横浜製鉄所跡(JR石川町駅側)⇒ ⑪日本における新聞発祥の地(ジョセフ・彦の顕彰碑)


それでは主な案内場所をご紹介します。

〔本覚寺〕

c0187004_17353208.jpg本覚寺は、アメリカ公使ハリスは江戸の元麻布・善福寺の公使館に入りましたが、、新たに神奈川領事として任命されたドールは、神奈川宿の本覚寺を領事館とするよう認めさせました。

幕府は宿場町である神奈川に外国人を住まわせることで攘夷派とのトラブルが発生することを怖れ、横浜に領事館をつくるよう各国に勧めましたが、当時、東海道から遠く離れた交通不便な横浜ではなく、神奈川に領事館を開きました。

しかしその後、横浜が急速に発展し、やがて各国の領事館も横浜に移転していきました。本覚寺につくられたアメリカ領事館も3年ほどで閉鎖されました。

文久2年(1862年)8月に起こった生麦事件では、薩摩藩士に襲われた4名のうち、マーシャルとクラークが、この本覚寺アメリカ領事館に逃げ込み、医師のヘボンに治療を受けています。

〔岩瀬忠震の碑〕

c0187004_17353805.jpg本覚寺の山門脇には岩瀬忠震の碑があります。

ハリスとの日米修好通商条約交渉にあたって、下田奉行井上清直とともに全権として交渉し、最終的には、勅許を得ずして、条約に調印しました。

これにより神奈川が開港することになりました。そうした縁で、本覚寺に岩瀬忠震の碑が設置されているようです。

関内駅に移動し、馬車道を歩くと、さまざまな碑がありました。

主なものを浜之無学さんの資料をもとに順にご紹介します。


[アイスクリーム発祥碑]

c0187004_17370557.jpg 明治2年、元旗本 町田 房造 が馬車道に氷水店を出し「あいすくりん」と名づけて売出したのがアイスクリームの初めだそうです。

その説明板は太陽の母子像(右写真)の脇に貼られていますので見落とさないように注意が必要です。


[日本最初の 日本最初の ガス灯碑 ]

c0187004_17360072.jpg横浜のガス灯は 、明治 5年に, 高島嘉右衛門の日本ガス社中により、馬車道・本町通り等に 設置点灯され 、これが日本にお ける最初のガス灯となったそうです。柱部は英国グラゴー市から輸入したものだそうです。

現在もガス灯は本物のガスにより点灯しているそうです。


[下岡蓮杖顕彰碑 ]

c0187004_17360714.jpg現在は上野彦馬が日本人最初の写真師といわれているそうですが、下岡蓮杖(しもおかれんじょう)も、 文久 2年( 1862)に横浜写真館を開業しまし た。それを顕彰した記念碑です。
 写真の正面の金属性の三角形のモニュメントが顕彰碑です。


〔中居屋重兵衛店跡〕

c0187004_17361486.jpg 馬車道と直角に交わる本町通りになると中居屋重兵衛の店跡がありました。

中居屋重兵衛は上野国吾妻郡中居村(現在の群馬県吾妻郡嬬恋村三原)の名主黒岩幸右衛門の子として生まれました。

中居屋は屋号で、開港直後の横浜でもっとも多くの生糸を輸出し栄えましたが、万延元年1 月(1860 年)に幕府から営業停止命令を受け、わずか2 年ほどで没落した謎の多い人物として知られています。

〔神奈川県立博物館〕

c0187004_17361483.jpg 神奈川県立博物館は、元は横浜正金銀行本店でした。

 この建物は、明治 37 年に建てられたものです。この設計者は妻木頼黄(つまきよりなか)です。

妻木頼黄は、明治建築界の三大巨匠に数えられる人物です。三大巨匠とは、妻木頼黄のほか、東京駅や日本銀行本店を設計した辰野金吾、迎賓館を設計した片山東熊です。妻木頼黄は、日本橋の意匠設計をしたことで知られていますが、辰野金吾と片山東熊に比べると知名度が低いのは、妻木頼黄が設計したもので東京に残されているものが日本橋以外にないせいもあるかもしれません。

数少ない妻木頼黄の設計した建物を実見できて有意義でした。

この由緒ある建物の階段で、参加者全員の集合写真を撮りました。(写真は最下段に載せました)

〔横浜開港記念会館〕

c0187004_17362349.jpg横浜開港記念会館は明治42年の横浜港開港50 周年記念事業として、大正6 年に完成しましたが、関東大震災時に全焼し、昭和2 年に初期の建築を復元した状態で再建されました。国の重要文化財に指定されています。

現在も横浜市中区公会堂として利用されているようで、入場は無料でした。

c0187004_17361857.jpgここは、案内人の浜之悪代官さんのホームグランドなので、丁寧に説明をしていただきました。

右写真は、2階ロビーにある咸臨丸の絵の前での説明です。

勝海舟などにより遣米使節に随伴して太平洋を航海した話のほか、咸臨丸はオランダから購入したもので、帆のほかに蒸気機関を動力源とするスクリューで動いたことなどの説明がありました。

〔神奈川県庁〕

c0187004_17362789.jpg神奈川県庁は、もともとは神奈川奉行所があった跡です。

神奈川奉行は、横浜港が開港された安政6 年(1859)に設置された役職で、外国奉行の兼帯でした。

それが、万延元年(1860年)に神奈川奉行は専任となりました。

慶応4 年、明治政府は神奈川奉行所を廃止して新たに横浜裁判所を置き、横浜裁判所がさらに神奈川裁判所、神奈川府となり、現在の神奈川県にと名称変更されたそうです。

〔開港資料館〕

c0187004_17425420.jpg開港資料館は元英国領事館を利用して開館したそうです。

入口には、薩英戦争で亡くなった人たちの名前が刻まれた銅版がありました。

中庭に植えられているタマクスの木はペリー来航時の記録画にも描かれているという由緒ある木のようです。

資料室にはポーハタン号などの模型も展示されているそうですが、時間がなくてパスしましたので、またの機会にはゆっくりみたいと思っています。

散歩の後は、中華街で飲み放題食べ放題の中華料理で打ち上げました。

散歩も満足でしたが、こちも満足でした。

ご案内いただいた浜之悪代官(本名:浜之無学)さんありがとうございました。
 楽しくて勉強になる横浜散歩でした。

ご一緒した獏塾の皆さん、ありがとうございました。
 最後に散歩に参加された皆さんの集合写真を掲載しておきます。

c0187004_17371211.jpg





[PR]
by wheatbaku | 2017-03-20 17:02 | Trackback
トラックバックURL : http://wheatbaku.exblog.jp/tb/26516825
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
再出発が始まる
from 哲学はなぜ間違うのか
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam'Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam'Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam'Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史