禁門の変②(『幕末』)

 今日は、禁門の変の2回目です。

 

 伏見、山崎、天龍寺に陣を敷いた長州藩兵は、京都を南から西にかけて包囲する態勢をしきました。

 これに対して、反長州の陣営では、会津藩兵が約1500名、一橋慶喜配下の兵が約800名、薩摩藩が約500名で、その他の藩は当初は様子見でした。

京都守護職松平容保は、一貫して、長州討つべしという強硬論でしたが、薩摩藩は、当初、会津藩と長州藩の私闘だとして、禁裏守衛総督の一橋慶喜からの要請を拒否していました。現実的は軍勢を保有していませんでしたので、要請を受けようもなかったという理由もあったかもしれません。しかし、小松帯刀と西郷隆盛は、情勢の展開では朝廷は討伐を命じるかもしれないと考え、急遽、国許へ藩兵を送るよう要請しました。

一橋慶喜は、諸藩の態度がはっきりしないことから、明確な討伐方針を出しかねていました。

7月16日に小松帯刀・西郷隆盛が要請していた薩摩藩兵450名が京都に到着しました。

 また、有力諸藩が会合し、長州征討の方向で、一橋慶喜や朝廷に働きかけました。

これにより、7月17日、朝議は、長州勢の退去と、もしその勧告に従わなければ追討すると決定されます。しかし、長州藩はこの朝議に従おうとしませんでした。

 以上は『幕末政治と薩摩藩』(佐々木克著)を基に書きましたが、禁門の変当日の7月18日の動きについては『京都の歴史』(京都市編)が詳しいので、以下は、それに基づいて書いていきます。

幕府側では、開戦体制を整え、主力部隊は伏見方面に大垣・彦根藩兵を配置し、山崎・八幡方面には、宮津・津藩兵など起用して戦線をつくり、天竜寺方面の配備には薩摩・膳所・福井・小田原の各藩をつかせ、山崎・天竜寺間の間隙部分には小浜藩兵を置いて、扇形陣をしいたのである。

肝心の御所には中立売門に筑前藩、蛤御門に会津藩、台所門前に桑名藩、堺町御門に福井藩、乾門に薩摩藩という強兵を配置しました。

この洛中洛外に配備した諸藩兵の総数は、正確な数は不明のようですが、6万とも7万ともいわれます。

c0187004_10004335.jpg

 
 これに対して長州側の兵力は2千ともいわれていて、数の上では圧倒的に不利であるため、長州側では、7月17日、急濾軍議を男山で開きました。
 右写真は、男山の石清水八幡宮です。

久坂玄瑞は、世子毛利元徳が3000の兵を率いてくるので、それを待つため一旦大坂までしりぞくことを主張したといわれていますが、真木和泉・来島又兵衛は、断固決戦を主張し、無暴な進撃論を主張した為、軍議はついに強硬論に押し切られ進撃と決まりました。

この間の軍議の様子は、古川薫著『花冠の志士』では、来島と久坂が激論をかわし、最後には来島が「我々だけでも戦う」といって席をけり帰って行く気勢に引きずられて進撃やむなしとなる様子が書かれています。

 7月19日早暁、戦端は福原越後の指揮する長州勢と伏見方面で開かれました。禁門の変の開始です。

伏見を出発した福原越後の軍は、藤森のあたりで大垣藩兵と衝突しました。

福原軍は、待ち構えていた大垣藩兵に猛烈な銃撃をあび、軍勢は総崩れとなって、四散してしまい、福原越後も負傷し、ようやく山崎に逃げました。

福原勢は、一旦は体制をたて直し、竹田街道から入京しようとしたが果たさず退却し、伏見方面の戦いはあっけなく終わりました。

 しかし、天竜寺に駐屯していた国司信濃隊は精兵700人といわれ、巧みに警備陣をすり抜け、間道を通って一条戻橋に達し、そこから中立売・蛤・下立売の諸門に向かって進撃し、午前7時頃、御所に達しました。右下写真が蛤御門です。

c0187004_10010637.jpg

 中立売門に達した一隊は、そこを守備していた筑前兵を襲い、これを四散させました。
 中立売門が破られたため、蛤御門・下立売門を守衛していた会津・桑名の藩兵も支えきれず、しだいに後退していき、長州勢は中立売門内より進入して宜秋門に迫ろうとしていました。 まさに危機一発の時、乾門を守備していた薩摩兵の援軍が到着、猛烈な激戦となりました。更に天竜寺に向かおうとしていた薩摩隊も烏丸通に引っ返して、砲四門の一斉射撃を浴せながら、長州勢に立ち向かいました。

c0187004_10011118.jpg


c0187004_10011575.jpg
 それに対して、長州勢も砲撃を行ない、蛤御門付近は修羅場と化しました。蛤御門には当時の激戦を物語る弾痕が無数に残されています。右写真はその一部です。

 この戦闘の中で、来島又兵衛は銃撃により戦死しました。

現在も京都御所の蛤御門を100mほど入ると大きな椋(むく)の木があります。

この付近で来島又兵衛が戦死したと説明板に書かれています。右写真が椋の木です。

来島又兵衛の戦死により、さしもの長州勢も強勢が弱まり、ついに烏丸通より退却していきました。

c0187004_10004817.jpg
 蛤御門の戦いが終わりかけた頃、益田右衛門介・久坂玄瑞の山崎隊が松原通から柳馬場通を通って北上してきて、堺町御門(右写真)を目指しました。
 しかし、ここを守る越前福井藩の兵たちは堅固で突破できませんでした。

 そこで長州兵は堺町御門近くにある鷹司邸に入り込んで立てこもり応戦しはじめました。越前藩側もまた大砲による直接射撃によって砲撃戦をかわし、ついには白兵戦となり、鷹司邸は打ち破られてしまいました。

c0187004_10005409.jpg

 鷹司邸はこのとき火を発し、ことごとく焼亡してしまいました。
 右写真が鷹司邸跡です。大きなシイの木が目印です。

 この戦いで久坂玄瑞・入江九一・寺島忠三郎も戦死しました。

 久坂玄瑞は、高杉晋作とともに松門の龍虎と呼ばれ、入江九一は、松門の四天王の一人に数えられた俊逸でした。

久坂玄瑞は鷹司邸での戦いで銃撃を受け負傷したため、潔く自刃しました。この時、入江九一も一緒に自刃すると言いましたが、久坂玄瑞の逃げろという説得に応じ鷹司邸を脱出をしましたが、屋敷の外で、会津藩兵との闘いで亡くなりしました。この後、寺島忠三郎も鷹司邸で久坂玄瑞と一緒に自刃しました。

 鷹司邸を脱出した真木和泉は、天王山に退いたが、21日、新選組を先頭に会津兵が追撃するなかで、同志16人とともに自刃しました。



 



 


[PR]
by wheatbaku | 2017-04-27 09:40 | 『幕末』 | Trackback
トラックバックURL : http://wheatbaku.exblog.jp/tb/26617121
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam'Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam'Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam'Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
‘七福神’宝船 装飾新調..
from ローカルニュースの旅
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史