禁門の変③(『幕末』)

 

 禁門の変で最も活躍したのは会津藩です。

 しかし、前回までは、会津藩にはあまり触れていませんでした。そこで、今日は、『京都守護職始末』に基づき、会津藩の動きを追ってみます。

 『京都守護職始末』は詳しく書かれていますが、ここでは要約して書いていきます。

 

 長州の福原越後たちが6月24日に伏見藩邸に入ったことから、会津藩は九条河原に軍を敷きました。
 当時、松平容保は病床にありましたが、6月27日、兵を率いて病気を押して参内します。孝明天皇は大変喜んで、天皇の近くで守護するようにとの詔があって、御所近くの凝華洞(ぎょうかどう)を兵営とするようにとお言葉がありました。

c0187004_20444729.jpg

凝華洞は、江戸時代に後西天皇が退位後の仙洞御所とした場所と伝えられています。元仙洞御所であった場所を仮の宿舎としたのですから、孝明天皇は病気の松平容保を気づかうとともに大変信頼していたことということだと思います。

現在、京都御苑には、凝華洞があった場所が小高い丘となっており、そこに凝華洞跡を示す標柱と説明板が建てられています。
 下写真の右の大きな松が目印です。松の根本付近に右上の説明板があります。しかし、どれだけの人が気が付くことでしょうか。

下写真の左手奥に写っているのが、京都御所の建礼門です。

 

c0187004_20445244.jpg



月6日、禁裏守衛総督の一橋慶喜は諸藩の人々を集めて対応を協議したものの、一橋慶喜の態度もはっきりせす、断固追討すべしと主張したのは、会津藩と桑名藩だけという状況でした。

しかし、7月11日になり、薩摩藩兵数百人、京都に到着したのを受けて、西郷隆盛は、諸藩の重臣を集めて、「諸藩が長州に対して寛大な処分に賛成するのであれば、わが薩摩藩はたとえ一藩であっても、長州にあたる」と意気軒高に述べたので、諸藩も長州追討に同意しました。

こうした状況でも一橋慶喜は長州藩京都留守居役乃実織江に撤兵するよう諭しました。7月18日のことでした。

しかし、長州藩は、君側の奸松平容保を討つとの文書を提出してきました。

当時、京都に駐留していた会津藩の軍勢は1500人ほどでした。その半分を伏見の長州勢に備えて、竹田街道の九条河原に配置しました。

残りの軍勢の半分で蛤御門を守らせました。

蛤御門を守っていた会津藩は、長州藩が蛤御門の外から攻撃してくるものと考え大砲を門外に出して備えていました。しかし、長州勢は、蛤御門の南にある公卿の邸の塀を乗り越え、北側に向かって攻めてきました。

そこで、会津藩は急遽大砲を南に向けて砲撃を開始しました。

長州勢からの砲撃も激しく多くの死傷者がでました。

しかし、桑名藩も加わり攻撃したため、来島又兵衛を倒された長州勢は瓦解し敗走しました。
 実は、この蛤御門での戦いに薩摩藩から応援があったことは『京都守護職始末』にはふれられていません。

 長州藩の久坂玄瑞たちが鷹司邸を固守していました。そこで、会津藩が凝華洞に持っていた15ドエム砲で鷹司邸の塀を打ち崩し、鷹司邸へ攻め込みました。
 ここで、久坂玄瑞、寺島忠三郎は、自刃したが、邸内にいた真木和泉は負傷しながらも残兵を率いて逃れ出ました。






[PR]
by wheatbaku | 2017-05-01 20:40 | 『幕末』 | Trackback
トラックバックURL : http://wheatbaku.exblog.jp/tb/26628243
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
再出発が始まる
from 哲学はなぜ間違うのか
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam'Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam'Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam'Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル