小枝橋(鳥羽伏見の戦い① 『幕末』)

小枝橋(鳥羽伏見の戦い①)

 今日は、鳥羽伏見の戦いについて書きますが、戦いが勃発した小枝橋の戦いを中心に書いていきます。


 慶応3年12月25日に起きた江戸の薩摩藩邸焼討事件の報は、軍艦に乗って上坂してきた大目付滝川具挙によってもたらされました。


c0187004_12043042.jpg
その報告を聞いた大坂城内の旧幕府軍は強硬論が沸騰します。

 ここが、歴史の転換点でした。
 いままで公議政体派が進めていたように軽装で上洛し議定に任命されるのを待つ平和雄路線か、それとも大勢の軍勢をもって上京するかの決断が徳川慶喜は求められました。

 徳川慶喜は、強硬論に押され、ついに、正月元旦、多くの軍勢による上京を触れだします。

 そして、次のような薩摩を弾劾する「討薩の表」が、元旦に準備されました。

 臣慶喜、謹んで去月(慶応3年12月)9日以来の御事体を恐察たてまつり僕えば、一々朝廷の御真意にこれなく、全く松平修理大夫(島津茂久)奸臣ども陰謀より出で候は、天下の共に知るところ、殊に江戸・長崎・野州・相州処々乱妨及び劫盗侯儀も、全く同家家来の唱道により、東西響応し、皇国を乱り侯所業別紙の通りにて、天人共に憎むところに御座侯あいだ、前文の奸臣どもお引渡し下されたく、万一御採用相成らず候わば、止むを得ず洙戮を加え申すべく候。

 内容は「12月9日の王政復古の大号令以来の薩摩藩の振舞いは、朝廷の真意とは考えられず、島津家の奸臣どもの陰謀だということは天下の知るところである。特に浪人どもを集め江戸で押込み強盗を働くことも島津家の家来が引き起こしたもので、天も人も共に憎むところであるから奸臣の引渡しを要求する。万一朝廷からその御沙汰かなかったらやむ得ず洙戮を加える」というものですで、別紙には具体的な罪状を列挙していました。

 徳川慶喜は「君側の奸を除く」という名目で薩摩藩と戦う意思を表明したのです。

c0187004_12043620.jpg


 そして、2日には1万5千人の旧幕府軍が京をめざして行動を開始します。

老中格の大多喜藩主大河内正質(おおこうちまさただ)を総督とし、淀に本営を置き、そこで宿営しました。

翌3日、旧幕府軍は、淀からの進軍ルートは二つに分れました。

一方は、淀小橋を渡り左折して鳥羽街道を北上しました。率いるのは大目付滝川具挙でした。もう一方は、伏見に向かいました。

鳥羽伏見の戦いは、鳥羽街道の小枝橋で勃発しました。

小枝橋は、鳥羽街道が、鴨川を越えるための橋ですが、現在の小枝橋は、江戸時代の小枝橋より少し北側に移動しています。(右2段目の写真)

江戸時代に小枝橋が架かっていたたもと近くに「鳥羽伏見の戦い 勃発の地」の石碑と説明板が設置されています。(最上段の写真)


c0187004_12044926.jpg

 薩摩藩を主力とする新政府軍は、小枝橋の東側に主力が布陣します。

江戸時代の小枝橋の300mほど東側に城南宮(右写真)がありますが、城南宮の説明板には、城南宮が本営となり、参道に大砲が布陣されたと書いてあります。

鳥羽街道を守護する薩摩藩兵に対して、大目付の滝川具挙が「通せ」と要求しますが、薩摩藩側は「通せない」と拒否し、押し問答が続きました。

薩摩藩側は、「朝廷に問い合わせている」と答えたようですが、もともと通すつもりがありませんので、らちがいきません。


c0187004_12044339.jpg

 しびれをきらした旧幕府軍は、ついに3日夕方には、強行突破する態勢をとりました。

これに対して、薩摩藩は、砲口を開き、旧幕府軍に向け発砲し、ついに戦端が開かれました。

 大目付滝川具挙が乗っていた馬が大砲に驚き、鳥羽街道を淀に向かった走りさっていきました。

 大目付が逃げ去るようではいかがなものなんでしょうね。

 右上写真は、勃発の地の碑がある場所から南の鳥羽街道を写した写真です。

道幅は昔をあまり変わってないのだろうと思います。

 この鳥羽街道を旧幕府軍は、2列縦隊で進んでいました。


c0187004_12045889.jpg

 この軍勢を横から攻撃できるように薩摩藩側は、鳥羽街道脇の田畑の中に竹の茂った岡にも大砲を構えていました。

 勃発の地の碑の近くに「鳥羽離宮跡公園」がありますが、その公園の中の秋の山という小高い岡の上に「鳥羽伏見戦跡碑」の石碑がたっています。(右写真)
 この場所に大砲も敷かれていたのではないかと思われます。




c0187004_12050234.jpg

   真横から大砲を撃ちだされては、旧幕府軍もひとたまりもなかったと思います。

岡の麓にはライオンズクラブの立てた「鳥羽伏見の戦い勃発の地 小枝橋」の碑(右写真)がありました。

 こうして、旧幕府軍は敗北することになりますが、 鳥羽での砲声が鳴り響いたのを聞いた西郷隆盛は「鳥羽一発の砲声は、百万の味方を得たるより嬉しかりけり」と喜んだとと言います。




[PR]
by wheatbaku | 2017-05-13 11:53 | 『幕末』 | Trackback
トラックバックURL : http://wheatbaku.exblog.jp/tb/26656687
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam'Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam'Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam'Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
‘七福神’宝船 装飾新調..
from ローカルニュースの旅
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史