長岡城(北越戦争レポート②)

長岡城(北越戦争レポート②)

河井継之助ゆかりの地長岡について今日から詳しく書いていきますが、最初は、長岡城について書きます。

 新幹線で長岡駅に降り立って、長岡市内を歩いても、天守はもちろん、石垣や堀もまったくありません。そのため、現在の姿からは長岡が城下町だったということは想像できません。

 しかし、よく見ると長岡駅大手口を出た駅前広場には、「長岡城本丸跡」という石柱が建てられています。(下写真)長岡駅そのものが長岡城の本丸なんですね。

c0187004_11110764.jpg

さらに長岡駅から歩いて3分ほどの距離にあるアオーレ長岡の敷地内には と刻まれた 「長岡城址」と刻まれた石碑があり、「長岡城二の丸跡」と刻まれた石柱もあり、駅前が二の丸であったことがわかります。(下写真)

c0187004_11111344.jpg

現在の姿からは想像できませんが、長岡駅周辺には、確かに長岡藩7万4千石のシンボル長岡城があったのです。 

 長岡には、江戸時代初めには城はありませんでした。

長岡に城を築いたのは堀直寄でした。

その築城にあたって、一匹の白狐が大きな役割を果たしたそうです。

『長岡藩』(稲川明雄著)には次のように書かれています。

長岡城建設責任者の普請奉行が、ある早春の朝、雪におおわれていた築城予定の平潟原に行くと、一匹の白狐があらわれ、一本の長い苧をくわえ、やがて、その苧を引きずりながら、はねまわっていました、普請奉行が、その苧のあとをたどってみると、それは城の縄張りになっていたそうです。そこで、普請奉行は、これをもとに設計図を描き、城の築城工事にかかったそうです。

長岡城は別名苧引形兜城といいますが、この名前は、そのときの白狐の啓示に感謝したものだと伝えられているそうです。

この時の白狐を祀った城内稲荷神社が、二の丸跡を示す石碑の脇に鎮座しています。

c0187004_11111892.jpg

長岡城には、本丸、二の丸、三の丸、曲輪、詰の丸があり、城は1キロメートル四方の広さがあり、石高に似あわず規模の大きな城でした

長岡城は、本丸の西側に二ノ丸があり、さらにその西側に大手門がありました。この大手門のさらに西を信濃川が流れていました。

天守はありませんでしたが、それに替わる「三階櫓」がそびえたっていました。「御三階櫓」は、本丸の西北角にあり、八方正面と呼ばれ、どこからみても正面にみえる櫓でした。下写真は「牧野家史料館」に展示されていた復元模型です。

c0187004_11112414.jpg

 現在、長岡城の面影がないのは、『長岡藩』(稲川明雄著)によれば、戊辰戦争の影響のようです。 

北越戊辰戦争の際に、新政府軍の攻撃により落城し、それを長岡藩側が奪還し、さらに新政府軍により落城するという、三度にわたる戦いでほとんどの建物が焼失してしまいました。

そして、焼け残った二つの隅櫓と二つの城門は近郊の豪農に売り払われているそうです。

戊辰戦争後、長岡藩士とその家族が食べるものがなく、長岡城の城跡は、開墾され、田畑に変えりました。また一部は学校や役所の用地となりました。

このように農地などに利用されていた城跡に、明治31年、北越鉄道が横断することになり、本丸跡に長岡駅ができて、それを中心に市街地が形成されることになりました。

 なるほど、だから、長岡には城下町の面影がないんですね。


[PR]
by wheatbaku | 2017-06-27 11:07 | 『幕末』 | Trackback
トラックバックURL : http://wheatbaku.exblog.jp/tb/26770830
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam'Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam'Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam'Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
‘七福神’宝船 装飾新調..
from ローカルニュースの旅
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史