河井継之助の藩政改革(北越戦争レポート⑥)

河井継之助の藩政改革(主に禄高改正)(北越戦争レポート⑥)

長岡レポートの6回目は、河井継之助(つぎのすけ)が行なった藩政改革について書きます。

 河井継之助(つぎのすけ)が行なった藩政改革のうち、私が一番注目したのが、禄高改正です。詳しくは後で述べますが、これは画期的なことだと思っていました。そうしましたら、思いがけず江戸検お題のテキスト『疾走!幕末・維新』に河井継之助(つぎのすけ)の行った藩政改革のなかでこのことが取り上げられています。

 そこで、禄高改正を中心に藩政改革について、取り上げることにします。

河井継之助(つぎのすけ)がどのように藩政改革を進めたのかについて具体的に紹介した資料は見当たらないと『決定版河井継之助』の中で稲川館長さんは書いています。

そこで、河井継之助(つぎのすけ)記念館には河井継之助(つぎのすけ)が行なった藩政改革についてまとめた資料が展示されていましたので、それに基づいて説明します。

c0187004_08514840.jpg

その展示資料では河井継之助(つぎのすけ)が行なった藩政改革を8つにまとめていました。

つまり、①軍制改革と禄高改を行う。②賄賂の慣習をやめさせる。③贅沢を一掃する。④免税制度の不正をやめさせる。⑤河税を廃止する。⑥造士寮を創設する。⑦賭博を禁止する。⑧遊郭を廃止する。の8項目です。

 河井継之助(つぎのすけ)は慶応元年10月に郡奉行となっています。

 この時代に行った藩政改革は、②賄賂の慣習をやめさせる。(慶応元年10月実施)、③贅沢を一掃する。(慶応元年10月実施)④免税制度の不正をやめさせる。(時期は不明)だと思われます。

そして河井継之助(つぎのすけ)は、慶応2年11月に町奉行を兼務することになりました。

その時代に実施された主に民政面での改革が、⑤河税を廃止する。(慶応3年12月実施)、⑥造士寮(人材育成機関)を創設する。(慶応310月実施)、⑦賭博を禁止する。(時期不明)、⑧遊郭を廃止する。〈慶応3年12月実施〉です。

 こうした藩政改革を踏まえて、大政奉還から王政復古の大号令そして鳥羽伏見の戦いでの旧幕府軍の敗北という激動する時代に対処するために行われたのが、①軍制改革と禄高改正です。

 このうちの禄高改正は、慶応4年3月1日に発表されています。

 禄高改正と軍制改革については、それについて詳しく書いてある『河井継之助の真実』(外川淳著)を参考に書いていきます。

禄高の改正は大改革でした。藩士の禄高を百石前後に統一しようというものです。

河井継之助(つぎのすけ)は長岡藩の軍制を根本から変えるために、まず藩士の禄高の百石に統一しようと考えました。

 江戸時代の武士は、禄高を主君から与えられる見返りとして、軍役にもとづいて平時には家臣を扶養し、戦時には一定数の家臣を連れて合戦に出陣する義務を負っていました。ところが、泰平の時代が続き、武士が実際に軍役を負担することがなくなり、さらに生活が困窮するにつれて、軍役の負担は形骸化していきます。

河井継之助(つぎのすけ)は、軍役が形骸化している以上、上級家臣に必要以上の禄高を与えることは無駄と判断し、藩士の基本給を百石に統一しようとしました。

また、戦国時代までは、上級武士は家来を引き連れて戦いましたが、近代的軍隊では、上級武士も一兵卒として戦わねばならません。

そこで、河井継之助(つぎのすけ)は、「上級武士でも戦場では一兵卒として戦う」という意識を一人一人に植えつけるため、藩士の禄高を百石に統一しようとしたとも考えられています。

しかし、百石への統一という改革は急激な改革であり、藩内の反発も予想されるため、実際の慶応4年3月1日の禄高改正では、2千石の稲垣家は5百石、20石の下級武士は50石というふうに柔軟に対応しています。

「疾走!幕末・維新」では、藩主への権力を集中するために行ったと書いています。

その通りですが、私は、さらに進んで、武士の役割をも否定し封建体制を崩壊させてしまうという側面もある画期的な改革だと思います。

 続いて河井継之助(つぎのすけ)が実施した軍制改革について書きます。

 河井継之助(つぎのすけ)は、身分別に士分を銃士隊、足軽以下を銃率隊という定員36名とする小隊を基礎単位としました。そして8小隊で1大隊を構成しようとしました。河井継之助(つぎのすけ)は小隊を32個編成しようとしましたので、総数で4大隊・総定員約1100名の軍隊を編成しようとしたことになります。 

 しかし、実際の軍勢は千名ぐらいと言われているようです。

また、兵器では、ミニエー銃(前装式のライフル銃)を各小隊に配備しました。

すでに、日本には後装式ライフル銃や連発銃も輸入されていましたので、最新鋭ではありませんでしたが、当時としては一定の評価ができる軍備といえると思います。

戊辰戦争当時の東北諸藩の中には、戦国時代さながらの軍装で出陣した藩もあるなかで、たとえ千名であっても、新政府軍に対抗できる小銃を保有し、近代戦の訓練を受けた兵士でしたので、長岡藩はかなりの戦力を保持していたということになります。



[PR]
by wheatbaku | 2017-07-06 08:47 | 『幕末』 | Trackback
トラックバックURL : http://wheatbaku.exblog.jp/tb/26793173
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
再出発が始まる
from 哲学はなぜ間違うのか
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam'Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam'Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam'Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史