河井継之助(つぎのすけ)死す(北越戦争レポート⑭)

河井継之助死す(北越戦争レポート⑭)

 

今日は、河井継之助(つぎのすけ)の負傷死について書きます。
 下写真が、河井継之助(つぎのすけ)のお墓です。

c0187004_20341595.jpg
 慶応4年7月25日、河井継之助(つぎのすけ)は、八丁沖渡渉作戦を成功させて、長岡城を見事に奪還しました。

 長岡城内にいた新政府軍は、信濃川の西岸に退却していきましたが、長岡城北方には薩摩藩を中心とした新政府軍がいました。この部隊は、長岡藩はじめ同盟軍を総攻撃する準備を整えていたため、八丁沖渡渉の奇襲で一瞬ひるんだもののすぐに態勢を整えて反撃にでて、長岡藩兵と激戦を繰り広げました。

この時の戦いで、河井継之助(つぎのすけ)は、流れ弾に左膝の下あたりを撃ち抜かれ、重傷を負ってしまいました。

河井継之助(つぎのすけ)が負傷した日については、7月25日の戦いの中で負傷したと書いてあるものと7月26日の新町の戦いで負傷したと書いたものがあり、どちらが正確か不明です。

この負傷により、これ以降、河井継之助(つぎのすけ)は前線での指揮が不可能となりました。

 河井継之助(つぎのすけ)自身は、怪我の治療を拒否するとともに、負傷したことは全軍に秘密にしました。

一方、信濃川西岸の関原に集結した新政府側の諸隊をまとめた山県有朋は、薩摩・長州・を中心に部隊を再編成し、7月29日の早朝、長岡城総攻撃を開始しました。

 指揮官河井継之助(つぎのすけ)が負傷したことは、少しずつ長岡藩兵の間にひろがり士気はさがる一方、河井継之助(つぎのすけ)のかわりに全軍を統率できる指揮官がなく、新政府軍の攻撃に耐えられす、栃尾、見附方面に退却しました。

治療も拒ばみ見附において戦況を見定めていた河井継之助は、いよいよ同盟軍が会津を指して退却する段になると、8月2日に見附を立ち、担架に乗って八十里越に差しかかりました。

峠を越える時に「八十里こしぬけ武士の越す峠」と自嘲気味の句を詠んだといいます。

「こしぬけ」とは、「腰抜け」と「越(越後)を抜ける」がかけられています。

 河井継之助(つぎのすけ)は、八十里越を経て8月12日、塩沢(福島県南会津郡只見町塩沢)に到着しましたが、容態が悪化し、16日の午後8時ごろ、静かに息を引き取りました。

河井継之助(つぎのすけ)の遺骸は、塩沢で荼毘にふされました。

遺骨は、従僕松蔵によって、会津若松に運ばれ、藩主父子が滞在している建福寺に仮埋葬されました。

 福島県只見町塩沢の医王寺には、残された細骨を集めて埋葬されたお墓が建てられているそうです。

 建福寺に仮埋葬された河井継之助(つぎのすけ)は、明治3年に河井家の菩提寺である長岡の栄凉寺に埋葬されました。

 栄凉寺は、藩主牧野家の菩提寺でもあります。(下写真)

c0187004_20281596.jpg

 河井継之助(つぎのすけ)の墓は、かつては、河井継之助(つぎのすけ)を恨む人々により破壊されたことがあるそうで、墓の隅が欠けていました。(下写真)

c0187004_20282446.jpg

 河井継之助(つぎのすけ)が傷ついた身体を担架にのせて運ばれた八十里越えは、余りにも急峻な峠であるため、一里が十里にも感じられることからその名前がついたといわれています。

 この八十里越えは、現在は国道289号線となっていますが、現在でも、人も通行できない部分があるほどの状態で、当然車も通行できません。そこで、現在国土交通省が開通をめざして改築工事中です。



[PR]
by wheatbaku | 2017-07-28 20:13 | 『幕末』 | Trackback
トラックバックURL : http://wheatbaku.exblog.jp/tb/26848347
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
再出発が始まる
from 哲学はなぜ間違うのか
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam'Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam'Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam'Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史