五稜郭(箱館戦争史跡めぐり②)

 五稜郭(箱館戦争史跡めぐり②)

 今日から、箱館戦争史跡めぐりについて書いていきます。

 まず、最初は「五稜郭」です。

 五稜郭は、星型をした西洋式城郭として大変有名です。

 城郭というイメージが強いですが、天守はありませんでした。

 中央にあるのは箱館奉行所でした。

 五稜郭は、箱館奉行を防御するために造られたのです。

c0187004_12014212.jpg

 安政元年(1854)3月3日に締結された日米和親条約によって、下田と箱館が開港されることになり、下田は即日開港され、箱館は翌年の安政2年3月から開港されることになりました。

安政元年6月に幕府は松前藩から箱館とその周辺の地を上知させ、箱館奉行をおきました。

箱館奉行には竹内保徳そして堀利煕を任命しました。

 安政元年12月、箱館奉行から、奉行所を箱館より北の亀田村に奉行所を移転しそれを守る土塁を建築したいとの伺書が出され、移転することが決定しました。

 それから、約1年を経て、奉行所を守る土塁は西洋式土塁とすることとなりました。

 これにより、五角形の星型をした五稜郭が築城されることになりました。

 亀田村が選ばれたのは、海から3キロあまり離れていて、設計当初は艦砲射撃の対象にならなかったことと亀田川があり水利の便が良かったことが主な理由です。

 建設工事は、安政4年(1856)に掘割工事が始まり、建物の建築は文久元年(1861)に始まり、完成したのは元治元年(1864)のことです。その後も、付帯工事が行なわれ、すべての工事が完成したのは、慶応2年(1866)です。

 五稜郭は、星型をしていますが、正面入口に一つ、三角形の部分があります。

 下写真の手前部分です。赤い屋根の建物が見える地点一帯です。

 これは、半月堡と呼ばれています。当初の設計図では、星型の外側5か所に設置する計画だったそうですが、費用の面で、正面入口にだけ築造されたそうです。

 当初の設計図どおりであれば、五稜郭は、星形の外に5つの突起部分があるという一層複雑な形となったはずです。

c0187004_17324509.jpg

 この五稜郭を設計したのは、武田菱三郎です。

武田菱三郎は、伊予国大洲藩士の次男として生まれました。18歳の時に大坂の緒方洪庵の適塾に入門しました。その後、江戸に出て佐久間象山のもとで砲術をまなび、象山の推挙で幕府に出仕しました。

安政元年には、堀利熙に従って蝦夷地巡察旅行に加わりました。樺太まで渡りました。

この時に、箱館奉行所が設置され、旅行が終わるとともに箱館詰となります。

安政3年には,箱館港防備のための弁天崎台場,安政4年からは箱館奉行所としての五稜郭の設計や監督を行いました

その一方で、安政3年に語学,航海,築城などを教える諸術調所が開かれると諸術調所教授となり、製鉄。造兵、築城、航海、捕鯨などという多方面の分野にわたって指導しました。

ここでは、幕臣とか陪臣とかの身分を問わずに教育する方針でしたので、希望者が各地から集まって来ました。

御用船亀田丸を指揮してロシアのニコラエフスクまで交易に出掛けるなど実践を重んじた教育を行ない、前島密、井上勝、山尾庸三など明治になってから活躍する人々を育てあげました。

そして、元治元年(1864)開成所教授となり、箱館を去りました。

五稜郭の正面入り口を入ると、武田菱三郎の顕彰碑が建てられています。

c0187004_12014869.jpg



[PR]
by wheatbaku | 2017-08-10 11:56 | 『幕末』 | Trackback
トラックバックURL : http://wheatbaku.exblog.jp/tb/26879581
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
再出発が始まる
from 哲学はなぜ間違うのか
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam'Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam'Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam'Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史