2010年 09月 06日 ( 1 )
中雀門 (三十六見附)
 今日は、本丸御殿登城の際に最後の門になる 「中雀門」 について書きます。

 中の門を入り大番所前を左に折れて進むと、坂道になります。
 その坂道をまっすぐ進むと正面に大形の石材で積まれた石垣に突き当たりますので、また右折します。
 この右折したところに中雀門がありました。

【中雀門も右折枡形門】 
中雀門は、本丸御殿への最後の門で、玄関門とも御書院門とも呼ばれました。
c0187004_11365354.jpg 中雀門は、右折枡形門で、中の門から坂を登ってくると、石垣に突き当たり右折する所に、高麗門がありました。今はアサファルト舗装されていますが、江戸時代は高麗門の前後は石段でした。そして、高麗門を入り石段上の枡形平地をまた右折すると正面に渡櫓門があります。渡櫓門も石段を登って通過したようです。
 中雀門を抜けると、現在は広々とした広場となっていますが、かつてはここに広大な本丸御殿が広がっていて、目の前に、本丸御殿の玄関があり、左手には高貴な人だけが通行を許される堀重門がありました。


【中雀門の名前は四神思想から】 
c0187004_2119694.jpg 中雀門の名前は、四神思想に基づき、御殿の南にあるので、南の守護神である朱雀から名づけれられたとも言われています。
 ちなみに、本丸の東には東の守護神青竜にちなむ竜の口、西には西の守護神白虎にちなむ虎ノ門があります。
 この門の警護は、御書院番が担当し、与力10騎、同心20人で警護しました。
 渡櫓門を通過した右手には御書院与力番所がありました。


c0187004_922798.jpg【火災のすさまじさが残る石垣】 
 中雀門は、文久3年(1863)11月の火災で本丸御殿が焼けた時に類焼したため、上の写真のように石垣の表面は、熱によりボロボロになっています。
 この石垣により、本丸御殿全焼の火災が非常に激しかったことがよくわかります。
c0187004_21261340.jpg  
 








 
[PR]
by wheatbaku | 2010-09-06 08:59 | 三十六見附 | Trackback
  

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam'Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam'Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam'Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
‘七福神’宝船 装飾新調..
from ローカルニュースの旅
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史