2010年 09月 15日 ( 1 )
登城装束と桜田門外の変(江戸城本丸ツアー)
江戸城に大名が登城する際の装束も決まっていました。今日は、そのお話とそれに関連した「桜田門外の変」のお話です。

【長裃のくくり上げ】
 江戸城に大名が登城する際の装束について、三田村鳶魚は「武家の生活」の中で、次のように書いています。
c0187004_20414664.jpg
 「長(長裃のこと)の括(くく)り上げは、「武家装束鑑」にも、「裾ニククリヲ入レ、途中徒歩ノ時ハ、ククリ上グルコト本式ナルガ、今ハ袴ヨリ別二緒ヲ出シテククルナリ」とございます。
 式日登城の都度、長袴御着用の節は、お屋敷を出られる時から、膝の上まで出るほどに高く括(クク)り上げておられるのですから、乗物の中に端座されていても、股の辺まで出してスワッテおいでなさる。冬向きなどは、お寒いであろうとお察し申し上げます。殊に乗物の中にはお火のないのが本式だそうでございます。いよいよご苦労であったろうと存じます。
 ましてお徒歩になりましては、徒歩や小十人のいたす返し股立(ももだち)、これは民間のジンジバショリと同じことになりますが、民間の者は、股引とかパッチとかいうものをはきまして、空脛素股(からずねすまた)ではないのですが、返し股立(ももだち)や括り股立(くくりももだち)になりますと、空脛素股なのですが、お供方などは、寒天には肉色が変わると聞いております。」

【桜田門外の変の時の装束は?】
 空脛とは「脛をむき出しにすること」で、素股は「股がむきだしとなっていること」をいいます。
 これでは、寒い日は大名もお供も大変だぁと思いました。
c0187004_2182972.jpg そして、ここまで、読んでフト思ったことは、桜田門外の変の時の井伊大老もこのような状態であったのではないかということです。
 安政7年3月3日は、上巳の節句でしたから式日登城になります。
 井伊大老も当日は長裃だっただろうと思います。
 そうすると、上に書いたように長裃をくくり上げて、股の辺まで出して登城したのではないでしょうか。
 雪が降る寒空のもとで、それでは大変だったろうと思います。
 また、供連の人たちも空脛素股(からずねすまた)で雪道を歩いていくのでは大変寒かっただろうと思いました。
【お供は空脛素股】
 そう思って、茨城県立図書館が保存している 「桜田門外之変図」という絵を見てみました。
 そうすると、井伊大老の装束はよくわかりませんが、お供の人たちはまさに空脛素股(からずねすまた)でした。
 一方、水戸浪士たちは、しっかり袴をはいています。
 また、井伊家のお供は素足ですが、水戸浪士は足袋をはいています。
 これでは、寒い中では、圧倒的に水戸浪士たちが有利だと思います。
 井伊大老襲撃が、水戸浪士のねらいどおりに達成できたのは、当日の雪という天候が大きく影響していたのだろうと改めて思いました。

 水戸浪士の蓮田市五郎が描いた「桜田門外之変図」を見るには こちらの茨城県立図書館のHP  をクリックしてください。「茨城県立図書館デジタルライブラリー」に飛びますますので、そして「桜田門外の変」をクリックしてご覧ください。
  ※詳細画像はSIDファイルですので、ソフトのインストールが必要になります。
   その場合には、同じページに下記の説明がありますので、それに従ってインストール
  してください。
   「SID形式のファイルをご覧いただくためには、Mr SID Plug-inのインストールが
   必要です。
   Mr SID Plug-inをお持ちでない場合は、下のロゴをクリックするとダウンロード
   (無償)ページへジャンプします。』
 なお、「桜田門外の変」の画像使用にあたっては、茨城県立図書館のT様に大変お世話になりました。どうもありがとうございました。
[PR]
by wheatbaku | 2010-09-15 06:19 | 大江戸ツアー | Trackback(1)
  

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam'Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam'Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam'Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
‘七福神’宝船 装飾新調..
from ローカルニュースの旅
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史