2017年 05月 17日 ( 1 )
伏見の戦い(鳥羽伏見の戦い② 『幕末』)

伏見の戦い(鳥羽伏見の戦い②)
 

 今日は、鳥羽伏見の戦いの2回目ですが、伏見での戦いについて書きます。

 淀を本営とした旧幕府軍は、正月3日、鳥羽街道と伏見街道とに分かれて入京しようとしました。

 京坂淀駅を降りて、線路に沿って南に行くと淀城が見えてきます。

線路を背にして西に向かうと納所交差点があります。

この交差点近くに淀小橋跡の石柱があります。(下写真)c0187004_19361999.jpg

江戸時代の淀城は、淀川の中洲に築かれた城です。そのため、淀城には、北側に淀小橋が架けられていました。ちなみに南にある橋が淀大橋でした。

 淀小橋を淀城側から渡り、真っ直ぐ進むと鳥羽街道です。淀小橋を渡って右折し北上すると伏見にいきます。


 旧幕府軍は、会津藩を先鋒として、伏見に向かいました。
c0187004_19404395.jpg


 旧幕府軍の拠点は、伏見奉行所でした。ここには、土方歳三が指揮する新選組も駐屯していました。

 伏見奉行所は、北側には道路を隔てて御香宮があり、南は堀川の水路を経て宇治川に接しています。

正面は西側にあり、北向きに大きな門が、東側に裏門がついていたようです。


c0187004_19440612.jpg

 現在は、京都市営桃陵(とうりょう) 団地となっていて、面影はまったく残っていません。
 団地入り口に石柱が立てられているだけです。
 しかし、西南角の石垣をみると江戸時代の奉行所の名残りかなという印象をもちました。



 旧幕府軍に対して、新政府軍は御香宮を拠点としていました。

御香宮は、平安時代に、この境内から「香」の良い水が湧き出たので、清和天皇よりその奇瑞によって「御香宮」の名を賜ったという歴史をもつ古い神社ですが、伏見奉行所とは、わずかな門前町を挟んで北側にありました。

c0187004_19534746.jpg

 右写真は、御香宮神社の山門です。

新政府軍は薩摩藩兵を主力として、南の伏見奉行所に向けて砲列を並べていました。
こう書いておくと、非常に平面的ですが、実際に現地を訪ねてみると、御香宮のほうが高くなっているのがわかります。

 この高低差は、薩摩藩側からは、駆け降りることになり、大砲を撃ちおろすことになりますから実戦の際に、薩摩藩側に有利に働いたと思います。

 

 旧幕府軍は指揮者は竹中重固(しげかた)です。竹中のご先祖は、かの有名な竹中半兵衛でした。この時、竹中重固は陸軍奉行でした。

 新政府軍は、伏見街道に急増の竹矢来の軍門を敷いて、旧幕府軍の進軍を妨げていました。

 これに対して、旧幕府軍は、嘆願のため京に向かっているので、通してほしいと要求しましたが、新政府軍は、朝廷の許可がないということで、通過されませんでした。

 新政府軍はのらりくらりの対応に業をにやしていた時、鳥羽方面から砲声が聞こえてきました。「鳥羽の一発の砲声」です。

 これをきっかけに、旧幕府軍は、奉行所の門を開いて押し出します。これに対して、薩摩藩の大砲と鉄砲が一気に火を放ちます。

 銃火器で劣る旧幕府軍は、劣勢を強いられます。

 新選組の隊士たちも剣技を発揮できずに押し戻されてしまいます。

 激しい砲撃と銃撃が続くなかで、銃をもたない新選組は、その実力を発揮できませんでした。

 そうした中、土方歳三の決断で、永倉新八に斬りこみを命じます。

永倉新八以下の新選組が、奉行所の塀を乗り越えて、薩摩側に攻撃しますが、銃撃にあい、奉行所内に引き返さざるをえませんでした。

 

 会津藩は、伏見の東本願寺にも陣を構えました。

c0187004_19560906.jpg

 右写真は、現在の東本願寺です。
 こちらに対峙した新政府軍は長州藩でした。
 会津藩軍勢は、佐川官兵衛が率いました。勇猛な佐川官兵衛が会津藩別選隊を率いて突撃しますが、こちらでも長州藩の銃火の前に死傷者を重ねるばかりでした。

 伏見での戦いは午後5時ごろに始まりましたが、夜半になり、薩摩藩の砲撃が、奉行所の弾薬庫に命中し、大爆発を起します。


c0187004_19584512.jpg

 
 こうして各所から火の手があがった伏見奉行所に新政府軍が突撃し、ついに真夜中には、旧幕府軍は、伏見奉行所を放棄して、淀方面に撤退していきました。
 

c0187004_19584934.jpg


 鳥羽伏見の戦いの際に残されて弾痕が、伏見の有名料亭「魚三楼(うおさぶろう)」の玄関脇の格子に残されています。

 右上写真が、魚三楼(うおさぶろう)」全体の写真で、右写真が弾痕です。
 はっきり残っていてびっくりしました。





 


[PR]
by wheatbaku | 2017-05-17 19:30 | 『幕末』 | Trackback
  

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam'Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam'Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam'Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
‘七福神’宝船 装飾新調..
from ローカルニュースの旅
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史