<   2017年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
土方歳三の最期(箱館戦争史跡めぐり⑬)

土方歳三の最期(箱館戦争史跡めぐり⑬)

今日は、土方歳三の死について書いていきます。

5月11日の新政府軍の総攻撃のなか、土方歳三は死去します。

土方歳三は、4月29日、二股口から五稜郭に引き上げました。

その後、5月1日は、弁天台場に行き、新選組の面々と再会しました。

5月11日に新政府軍の総攻撃が始まると、黒田清隆に指揮された新政府軍の奇襲部隊は、箱館市内の各所を抑え、新選組が守る弁天台場は孤立しました。

 そこで、土方歳三は、箱館市内を奪還し、弁天台場を救出するために、額兵隊、三国隊、伝習隊など500名の兵を率いて、五稜郭を出撃しました。

 そして、千代が岡陣地と弁天台場の中間付近にあった一本木関門で新政府軍と戦いが始まりました。

 その戦いの最中、土方歳三は、腰に銃弾をうけ落馬し命を落としました。

 一本木関門があったと言われる場所近くの函館市総合福祉センターの敷地内に、土方歳三最期之地の碑が建っています。

 その碑の奥には、一本木関門の模型も造られています。(下写真参照)

c0187004_15280242.jpg

 一方土方歳三は異国橋付近でなくなったという説もあります。

新選組隊士の中島登の記録には、土方歳三は、一本木関門を抜けて、箱館市内の異国橋あたりに至って、馬上で指揮しているところ銃弾にあたり落命したと書かれています。

 異国橋は、現在の市電の十字街電停近くにあった橋でした。

現在は川が埋立られてしまい、異国橋は残されていません。

 電停近くの十字街派出所が目印となります。(下参照、写真正面の建物が派出所です。)

c0187004_15281475.jpg



[PR]
by wheatbaku | 2017-09-27 15:26 | 『幕末』 | Trackback
新政府軍総攻撃開始(箱館戦争史跡めぐり⑫)

新政府軍総攻撃開始(箱館戦争史跡めぐり⑫)

 新政府軍に木古内の戦いと矢不来の戦いで敗北し、土方歳三が守っていた二股口を放棄した旧幕府軍にとって、残された場所は五稜郭を中心とした箱館だけとなりました。

 その箱館を、明治2年5月11日、新政府軍は総攻撃します。

 旧幕府軍は、市街を流れる亀田川に沿って、南北5キロに亘る防御線を構築していました。

五稜郭を中心として 南は弁天台場から、一本木関門、千代ヶ岡陣屋と続き、五稜郭の北の権現台場、さらにその北に急造した台場四稜郭を北限としていました。

これに対して、新政府軍は、陸軍を二手に分けて攻撃する作戦をとりました。

箱館西方の七重浜から攻撃する部隊を主力として、北の四稜郭と権現台場、さらに千代ヶ岡陣地を攻撃しました。

このほかに、奇襲部隊を組織し、箱館山の裏側に上陸し、箱館山をよじ登り、山頂から駈け下り、箱館市内に突入しました。

海軍は、陸軍の攻撃を、艦砲射撃で援護しました。

新政府軍主力の攻撃は、夜明け前から開始され、旧幕府軍の額兵隊など圧倒していきました。

奇襲部隊は、参謀の黒田清隆が指揮し、午前4時頃、箱館山の裏側の寒川あたりに上陸し箱館山をよじ登りました。

箱館山山頂をまもる旧幕府軍軍勢は数が少なく、新政府軍はなんなく山頂を占領しました。そして一気呵成に箱館山を駈け下り箱館市内へ突入し市内を占領するとともに弁天台場に攻撃をしかけました。

しかし弁天台場では新選組を中心とした部隊が反撃し、新政府軍の占領を阻みました。

この日、海では、旧幕府軍の蟠龍が、新政府軍の朝陽を砲撃し沈没させるという成果を挙げました。

 しかし、陸では、各所を新政府軍により打破られ、旧幕府軍は、五稜郭、千代ヶ岡陣地、弁天台場だけを残すこととなりました。



[PR]
by wheatbaku | 2017-09-25 13:09 | 『幕末』 | Trackback
二股口での土方歳三の奮戦(箱館戦争史跡めぐり⑪)

二股口での土方歳三の奮戦(箱館戦争史跡めぐり⑪)

 文京学院大学の講座が9月9日にあり、その1週間後ノ17日に江戸楽アカデミーでの講座あったため、この間、箱館戦争史跡めぐりのレポートが中断していましたが、その続きを書いていきます。

 前回は4月9日に新政府軍の第一陣が乙部に上陸し、第二陣・第三陣も上陸したというところまで書きました。
 今日は、二股口での土方歳三の奮戦について書きます。

 乙部に上陸した新政府軍は江差へ向かう部隊と二股口に向かう部隊の二手に分かれました。

 江差へ向かった部隊は江差を制圧したあと、新たな部隊を編成し、木古内へも向かいました。

松前に向かった新政府軍は、17日には、海上からの艦砲射撃に援護されて、松前城の奪還を果たしました。

木古内口では、大鳥圭介率いる精鋭と新政府軍が激闘、20日までの戦いでは大鳥軍が優勢でしたが、長引けば形勢不利とみた大鳥圭介が、21日、木古内口から撤退し、矢不来に布陣しました。

 海岸線最後の要害である矢不来では、、約500人を大鳥圭介の部隊が敵の来襲を待ちうけましたが、新政府側も1500の兵で攻撃を仕かけ、海からの艦砲射撃の援護もあり、旧幕府軍を圧倒し、その日のうちに矢不来の戦いは終わりました。

 木古内と矢不来の戦いで、旧幕府軍が敗北するなかで、奮戦したのが、二股口です。

 二股口を守ったのは土方歳三の率いる衝鉾隊・伝習歩兵隊等でした。

二股口でも激しい銃撃戦が展開されましたが、土方歳三軍は優勢に戦いました。

二股口は、海から遠く、軍艦からの艦砲射撃はありません。

4月13日の戦いは、雨中の激戦でしたが、日没後も戦いは続き、土方軍は弾薬箱

を上着で覆い、雷管を懐で温めて射撃、翌朝までに3万5000発の弾薬を費やしたといいます。

 23日の戦いでも、土方歳三軍は兵力を増強した新政府軍を斥けました。

しかし、矢不来が突破されたことで、退路を遮断されることを恐れた土方歳三は退却を決断し、29日の夜、土方歳三軍は五稜郭へ帰陣しました。

c0187004_07484851.jpg

土方歳三の二股口での奮戦する様子は、五稜郭タワーの歴史回廊の中で、ジオラマで描かれていました。上の写真をご覧ください。




[PR]
by wheatbaku | 2017-09-22 07:46 | 『幕末』 | Trackback
江戸楽アカデミーが開講しました。

江戸楽アカデミーが開講しました。

昨日は、江戸楽アカデミーが開催されました。

しばらく、ブログの更新ができなかったのも、江戸楽アカデミーの準備に追われていたためです。申し訳ありませんでした。

昨日の江戸楽アカデミーは、台風18号が接近してきているので、開催が危ぶまれましたが、昨日の朝の時点で、台風18号はまだ九州に上陸していなかったため、予定通り開催されました。

c0187004_19590430.jpg

江戸楽アカデミーの開催場所は、日比谷公園内の日比谷図書文化館でしたが、そのすく近くにある日比谷野外音楽堂で午後4時から開催されるDISHのコンサートが予定通り開催されるということで、午前10時の段階で若い女性が大勢並んでいましたので、これなら、今日の天気は大丈夫だと意を強くして、日比谷図書文化館に入りました。

c0187004_19591363.jpg

首都圏は大雨と暴風が予想されていたので、欠席者が出るだろうと思っていましたが、60人の受講者のうち欠席はたったの1名でした。出席率が高いのに驚きました。

その理由の一端は、講座の最初のアンケートの結果からわかりました。

講座の冒頭で、受講者の皆さんに①今年の江戸検1級に合格をめざしているか ②とりあえず受検するだけで結果はきにしないか、いずれかと聞きました。

その結果では受講者の3分の2以上の方が①合格をめざしているということでした。

この講座は、申し込みを受け付け開始して3日で定員オバ―となったこともあります。

こうしたことから、天候など気にせず、万難を排して受講しようという方が多かったのだと思います。


講義は4時間30分の長丁場ですので、最初は、ゆっくりやろうと予定していましたが、大変熱心は受講生ばかりだということが確認できましたので、つい講義にも熱が入りました。

そのため、4時間30分、立ち続けて話すことになりました。

しかし、4時間30分の長丁場にもかかわらず、居眠りをする人が本当に一人もいなかったのには、驚くとともに感激しました。

受講いただいた皆さん、本当にありがとうございました。

c0187004_19591941.jpg

講義は、江戸検のお題のテキスト「疾走!幕末・維新」のうち、政治史を除いた部分の重要事項を説明しました。

4時間の講義でもテキストすべてを説明するには不足する時間ですが、昨日は予定していた項目はすべて説明しましたし、合格のための秘訣も講義することができました。

講義が役に立ったというお礼もいただきましたので、よかったと思っています。

講義の後は、懇親会です、懇親会は、一昨年・昨年の合格者も参加してくれたので、40名を超える大勢の参加者となりました。

既合格者たちからは、応援メッセージもあり、大いに盛り上がりました。

c0187004_19592695.jpg

そういえば、懇親会には、台風の進路にあたっていた長崎、神戸、岐阜、名古屋、静岡などからの参加者がいて、帰りを心配をしました。

すると、全員、東京に泊まるということなので、安心して、定刻まで、飲んで騒いでもりあがりました。

もう、大騒ぎしている時期ではなくなっているのですが、出陣式だということで、まぁ、許されるでしょう!!



[PR]
by wheatbaku | 2017-09-18 19:20 | Trackback
新政府軍反攻(箱館戦争史跡めぐり⑩)

 新政府軍反攻(箱館戦争史跡めぐり⑩)

 箱館を占領された新政府は、榎本軍が蝦夷を領有するのを見逃していたわけではありません。

 10月25日青森に逃れた清水谷公考は、翌26日には新政府に軍勢の派遣を要請しました。

 新政府は、津藩、岡山藩、久留米藩の藩兵約1千名を青森への派遣を命じました。

 また秋田にいた長州藩兵約1500名も青森に向かわせました。

 そして、11月9日、山田顕義を青森口参謀に任命しました。

 山田顕義は、寒さが厳しく雪が激しい冬季に、蝦夷地を攻撃するのは無理と考え、明春に攻撃することしました。

 この後も、新政府は軍勢を増強し明治2年2月には6000名を超える軍勢が青森に集結しました。

 そして、黒田清隆が2月30日に参謀に任命され4月1日に青森に到着しました。

 一方、新政府の海軍は、榎本艦隊に劣っていましたが、アメリカが局外中立を解除したため、「甲鉄艦」が新政府に渡されることとなり、一挙に海軍力が高まりました。

 甲鉄を含む新政府海軍は、蝦夷政権が計画した甲鉄艦奪取のための奇襲作戦から起きた宮古湾海戦に勝利し、3月26日27日に青森港に入港しました。

 こうして、蝦夷地進攻の態勢が整った新政府軍は、4月6日に第一陣1500名が青森を出航し、9日に江差北東の乙部に上陸しました。

 下写真は、五稜郭タワーの歴史回廊にある乙部上陸のジオラマです。

c0187004_20285210.jpg

 蝦夷政権は新政府軍を向かい討ちましたが、多勢に無勢、さらに海からの艦砲射撃もあり、太刀打ちできませんでした。

 新政府軍は、江差に向かい、江差を守備していた蝦夷政権は戦わず松前に退却しました、

 新政府軍の第二陣400名が4月11日に江差に向かい、第三陣約3000名が4月15日に出港しました。

 こうして、本格的な新政府軍の攻撃が始まりました。

 


[PR]
by wheatbaku | 2017-09-04 20:23 | 『幕末』 | Trackback
蝦夷政権樹立(箱館戦争史跡めぐり⑨)

蝦夷政権樹立(箱館戦争史跡めぐり⑨)

箱館戦争の歴史について、今日は蝦夷政権の樹立について書きます。

 松前藩との戦いに勝利した旧幕府軍は、五稜郭に凱旋しました。

 そして、蝦夷地全島が旧幕府軍により占領されたため、12月15日、蝦夷地領有宣言式が行われました。

そして同日、士分以上の者の入札(投票)によって蝦夷地経営のための首脳部が選ばれました。

 その結果、総裁に榎本武揚、副総裁には松平太郎がなり、それ以下の首脳は次の通りでした。

総裁    榎本武揚

副総裁    松平太郎

海軍奉行  荒井郁之助

陸軍奉行  大鳥圭介

陸軍奉行並 土方歳三

箱館奉行   永井尚志

松前奉行   人見勝太郎

開拓奉行  澤太郎左衛門

海軍頭並  甲賀源吾、古川節蔵等

歩兵頭    古屋佐久左衛門ほか

歩兵頭並   伊庭八郎、星恂太郎等

砲兵頭並   中島三郎助ほか

器械頭並  渋沢成一郎ほか

 榎本武揚に同行した人の中には、元老中の板倉勝静や小笠原長行、前桑名藩主松平定敬、請西藩主林忠崇などがいましたが、彼らは、一人も選出されていないのが、注目されます。

c0187004_18054835.jpg

 この政権を、「蝦夷共和国」と評価する説もあります。江戸検お題のテキスト「疾走!幕末・維新」にも、「のちに『蝦夷共和国』と呼ばれるようになる」と書かれていて、「共和国」と評価する説にたっているように思われます。

しかし、「共和国」ではないという説のほうが有力のように思われます。

ご参考にいくつか紹介します。

石井孝著「戊辰戦争論」では、「『蝦夷政権』の役員が公選されたことから、この政権を『蝦夷共和国』とよぶものもあるが、役員を公選したのが士官であることからも、このような名称をもちいるのは誤りである」と明確に否定しています。

また、函館市史には次のように書かれています。

 終始「徳川脱藩家臣」を標傍した彼らの仮政権には「蝦夷共和国」と呼べるようなものはなく、公選という行為のみに目を奪われた幻影のようなものである。しかもこの入札による公選は、入札者が士官以上(脱走軍総数の3分の1ほどか)に限定され、箱館市民はさて置き、脱走軍だけをとっても共和制といえるような公選ではなかったのである。

 12月15日に樹立された政権が「共和国」かどうかはともかく、この日、全島平定を告げる101発の祝砲が、箱館の冬空にこだまし、港内の船は五色の旗が翻えりました。

また、五稜郭周辺では、騎乗の幹部が率いる賑々しい行進も行なわれ、五稜郭では、各国領事、外国艦隊の上級士官、箱館の有力市民などが招かれ、盛大な祝賀会が催されたようです。

最上段写真は、五稜郭タワーの歴史回廊のジオラマです。榎本武揚はじめ蝦夷政権の幹部の記念撮影の様子です。


[PR]
by wheatbaku | 2017-09-01 18:01 | 『幕末』 | Trackback
  

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
小網神社@人形町
from たび☆めし☆うま BLOG
二つの感応寺
from Madam&#039;Blog
江戸検講座「江戸の祭礼と..
from Madam&#039;Blog
浅草寺本尊示現会
from Madam&#039;Blog
江戸料理 八百善
from お気楽マダムの奮闘記
‘七福神’宝船 装飾新調..
from ローカルニュースの旅
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史