人気ブログランキング |
江戸屋敷にあった神社(9) 金丸稲荷神社

 今回は東京メトロ四谷三丁目駅から5分のところにある金丸稲荷神社を訪ねます。江戸屋敷にあった神社(9) 金丸稲荷神社_c0187004_18564227.jpg 
 金丸稲荷神社は、美濃高須藩松平家上屋敷にあった神社です。高須藩は、御三家筆頭である尾張藩の支藩です。天和3年(1683)美濃高須藩藩祖の松平摂津守義行が、現在の新宿区荒木町一帯を幕府より拝領し、上屋敷としました。義行は尾張藩2代藩主徳川光友の次男です。 



 江戸屋敷にあった神社(9) 金丸稲荷神社_c0187004_1942246.jpg 
荒木町に接している「津の守(つのかみ)坂通り」も、高須藩に由来しています。「津の守(つのかみ)」の名の由来は、松平摂津守義行からきています。つまり、摂津守が略されて「津の守」となりました。だから「つのもり」ではなく「つのかみ」と読みます。藩主の守護神として建立され上屋敷に鎮座していた金丸稲荷神社は、現在も、氏子の人たちに崇敬されています。





 江戸屋敷にあった神社(9) 金丸稲荷神社_c0187004_18572480.jpg
 金丸稲荷神社の鳥居の前の細い道を道なりに50m進むと、「津の守(つのかみ)弁財天」が池のほとりに鎮座しています。江戸検定のテキスト「博覧強記」に、高須藩の屋敷跡のランドマークとして載っている弁財天です。




 江戸屋敷にあった神社(9) 金丸稲荷神社_c0187004_1857279.jpg 
弁財天は「策(むち)の池」のほとりにあります。この池で徳川家康(松平摂津守という説もある)が乗馬用の策(むち)を洗ったことから「策の池」と呼ばれました。 「策の池」は「目黒不動の滝」「王子の名主の滝」等と並ぶ江戸八井と呼ばれていましたが、現在は規模がかなり縮小していますが、住宅街の中のオアシスとして憩いの場となっています。

 江戸屋敷にあった神社(9) 金丸稲荷神社_c0187004_20405665.jpg
 「最後の会津藩主 松平容保 四谷松平邸に生まれる。美濃国高須藩松平義建6男」と書かれた写真が、金丸稲荷神社の前に貼ってありました。 松平容保は、ここ高須藩上屋敷で生まれたのですね。
 ところで、高須藩は幕末に、高須4兄弟といわれる有名人を輩出しています。尾張藩第14代藩主徳川慶勝、尾張藩第15代藩主徳川 茂徳(とくがわ もちなが) 、京都守護職の会津藩主松平容保、京都所司代の桑名藩主松平定敬の4人です。いずれも、幕末に活躍した人たちですが、実の兄弟というのがすごいですね。

青印が金丸稲荷神社、赤印が津の守弁財天
 
by wheatbaku | 2009-05-07 05:30 | 江戸屋敷にあった神社

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事