人気ブログランキング | 話題のタグを見る
変化朝顔  (朝顔② 江戸の花)
変化朝顔  (朝顔② 江戸の花)_c0187004_12554888.jpg この花は何だと思いますか? 
 実は、これは朝顔の花なんです。
 「変化朝顔」 とか「変わり咲き朝顔」とか言われています。
 朝顔はほとんどの人が漏斗型の花をイメージすると思いますが、変化朝顔は、写真のように、普通の朝顔のイメージとはかけ離れたものです。
 この変化朝顔が、江戸時代後期に大ブームになりました。
 今日の話題は、そのお話です。


 江戸時代になると、朝顔の栽培は、かなり普及したようです。
 加賀千代女の「朝顔につるべとられてもらい水」という有名な俳句がよまれたのは江戸中期の宝暦13年(1763年)のことです。

 そして、江戸後期になると、1回目の文化・文政期、そして2回目の嘉永・安政期という2回のブームを迎え、武士から庶民まで広く親しまれるようになりました。 
  
変化朝顔  (朝顔② 江戸の花)_c0187004_13352731.jpg 第1回目の文化・文政期のブームは下谷(現在の御徒町駅東側)が中心地でした。
 明暦の大火、明和の大火と共に江戸三大大火の一つといわれる文化の大火(丙寅の大火)のあと、下谷付近が空地となり、そこで朝顔栽培をするようになったのが始まりと言われています。
 ここで、丸咲きの原種に近い朝顔の中から、葉も花の形も変化に富んだ、いわゆる変化朝顔(変わり咲き朝顔)がつくり出され、育成されるようになりました。


変化朝顔  (朝顔② 江戸の花)_c0187004_13355023.jpg 「江戸名所花暦」には、朝顔の栽培の広がりについて次のように書いてあります。 
 『牽牛花(あさがお)  下谷御徒町辺
 朝顔は往古(むかし)より珍賞するといへども、異花奇葉(いかきよう)の出来たりしは、文化丙寅(文化3年1806)の災後に下谷辺空地の多くありけるに、植木屋朝顔を作りて種々異様の花を咲かせたり。おひおひひろまり、文政はじめのころは、下谷、浅草、深川辺所々(ふかがわへんしょしょ)にても もつぱらつくり、朝顔屋敷など号(なづ)けて見物群集せしなり。』


変化朝顔  (朝顔② 江戸の花)_c0187004_1336842.jpg この中で、異花奇葉(いかきよう)と書かれているのが、変化朝顔・変わり咲き朝顔と呼ばれているものです。
 変化朝顔は、主に大輪の花の色や模様を鑑賞する大輪朝顔に対して、とても朝顔とは思えないような奇態をしめす花や葉を鑑賞する突然変異系統の朝顔です。


変化朝顔  (朝顔② 江戸の花)_c0187004_13362487.jpg 変化朝顔は、数多くありますが、その一例がここにあげた写真です。
 いずれも、その変化ぶりに驚かされます。
 江戸の人たちは、こうした変化朝顔に熱中したのでした。

 やがて、天保年間になると、朝顔の中心は、下谷から入谷に移りました。
 入谷では、植木屋たちが朝顔園に朝顔の植木鉢を並べて見物させ販売もしたのでした。

 

 今日の変化朝顔の写真は、すべて「アサガオホームページ」さんのご提供です。
 「アサガオホームページ」では、このほかたくさんの変化朝顔を見ることができます。



 

 
 
by wheatbaku | 2009-07-03 06:02 | 江戸の花と木

江戸や江戸検定について気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事