人気ブログランキング |
雁行と雁風呂 (雁 ③ 江戸の鳥)
 今日も「雁」に関係する話で、「雁行」 と 「雁風呂」 についてのお話です。
 前回、紹介した、堀田正敦(まさあつ)の「観文禽譜」の中でも、雁行と雁風呂は紹介されています。

【雁行】  
 雁は1羽が先頭に立ち、次の雁はその左右に少しずつ外側にずれて飛んでいきます。
 これが「雁行」と呼ばれる飛行形態です。
 下の写真は、夕焼けの空の雁行を撮ったものですが、小さくてよくわからないかもしませんので、こちらをご覧ください。⇒雁行記さんのHPです。
雁行と雁風呂 (雁 ③ 江戸の鳥)_c0187004_1812032.jpg

 雁行は2番目以降を飛ぶ鳥の空気抵抗を抑える効果があるので、こうした飛行形態をとるそうです。
 先頭を飛ぶ鳥は、時々交代しているそうです。
 雁行は、雁だけでなく都鳥などにもみられるそうです。

 雁行で有名な話に、江戸時代ではありませんが、源義家の後三年の役の時の話があります。
 源義家が清原家衡の籠もる金沢柵を攻めて、西沼(横手市金沢中野)の付近を通りかかった際、いつもは整然と列をなして飛ぶ雁が列を乱して飛んでいました。
 それを見た義家はかつて大江匡房から教わった孫子の兵法を思い出し、伏兵がいると察知し、西沼の附近から三十数騎の敵兵を発見し、これを全滅させました。
 義家は、もし自分が兵法を学んでいなかったら敵の奇襲に遭ってやられていたと述懐したといいます。
 この兵法とは、孫子の行軍篇に「鳥立つは伏なり」と書かれていることをいいます。

【雁風呂】 右の写真はマガンの写真です(撮影者:佐久間長夫様)雁行と雁風呂 (雁 ③ 江戸の鳥)_c0187004_8183449.jpg
 青森県津軽地方の外が浜に雁風呂という話があります。
 堀田正敦の「観文禽譜」の中には次のように書かれています。
 「採薬使記に『奥州外が浜の辺りでは毎年秋に雁はそこで羽を休め、(渡りの途中、海上で休息するために)嘴にくわえてきた木の枝を捨てて、さらに南方に飛び去る。
 翌年の春北に帰る時に、捨てておいた木を一本ずつくわえて帰る。
 しかし、帰る雁がいない場合は木の枝が残る。
 その土地の習わしで木の枝を集めて風呂を焚き、人々を入浴させる。
 他国で捕らえられた多くの雁の供養だということで、毎年の恒例となっている。
 これを俗に外が浜の雁風呂という』 とある」
 この話は、江戸中期の本草学者阿部将翁の「採薬使記」という本に書かれている話です。
 1973年にサントリー ウイスキー 角瓶のCMで取り上げられたことがあり、『雁風呂」のことを多くの人が知ることになりました。

 落語にも「雁風呂」という演目があるそうですが、残念ながら、私はまだ聞いたことがありません。
by wheatbaku | 2009-11-16 05:53 | 江戸の鳥

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事