人気ブログランキング |
斎藤弥九郎② (幕末の剣豪 江戸検定今年のお題「幕末」)
 今日は、斉藤弥九郎の2回目です。

 斉藤弥九郎は、剣術だけでなく、政治などにも深くかかわります。
 これは、岡田十松の弟子に、伊豆の江川英龍、水戸藩の藤田東湖、田原藩の渡辺崋山等の名士がいて、かれらと交際していたことが大きな影響を及ぼしていると思います。

【江川英龍と強い関係】 
 その中でも、特に江川太郎左衛門英龍と深い交際関係を築いています。
c0187004_15142119.jpg 江川英龍は18歳の時に「撃剣館」に入門し、その時江川より3歳年上の21歳であった弥九郎から指導を受けます。そして、2年後には免許皆伝を受けています。
 弥九郎が俎板橋に「練兵館」を開く際に、江川はそれに対して資金援助をしています。
 弥九郎は、江川が天保6年(1835年)伊豆国韮山の代官となると、江戸詰書役として仕えました。
 天保9年(1838)には、江川は老中水野忠邦の命令により江戸湾の測量の実施に鳥居耀蔵とともに任命されました。
 この時に、弥九郎は渡辺崋山と相談して、測量の専門家の推薦を高野長英の弟子の内田孫太郎を江川に推薦しています。また、この測量に弥九郎自身も江川の手代として参加したといわれています。
 なお、この測量の際の江川と鳥居の対立が、後に「蛮社の獄」のきっかけになっています。

【お台場築造にも関与】 
 嘉永5年にぺりーが来航したことを受けて、江川は、江戸湾防備のために品川台場の築造を建議しました。
c0187004_1514025.jpg  そして、建議した江川が台場の築造を命じられます。この時も、弥九郎はその実地測量や現場監督を行ったとされます。
 品川台場は、わずか8か月で完成します。しかし、当初は11基の予定であった台場は、まず第1~3、次いで第5~6、さらに陸続きの御殿山下台場と、合計6基だけが竣工し、残りは築造が中止されました。
 安政2年(1855年)に江川英龍が死去しても、弥九郎は後継の江川英敏からも引き続き助力を要請されました。
 同じ年の10月には安政の大地震で藤田東湖が水戸藩邸内の自邸で圧死しました。
 『斎藤弥九郎伝』によると、この時弥九郎は東湖の遺骸を自分の長持に納めて水戸へ送り届けたとあるそうです。

【明治新政府にも出仕】 
 安政3年(1856)長男の新太郎が2代目弥九郎となり、練兵館を継ぎました。弥九郎自らは斎藤篤信斎と名乗り隠居しました。
 新太郎も腕がたちましたが、その弟の歓之助も突きを得意として鬼歓とよばれるほど強く、大村藩の指南役として迎えられています。
 弥九郎は、文久3年(1863)には、長州藩の依頼を受け、門人の中から十数名を選抜し、勇士組と称して長州へ派遣したりしています。
 明治になってからは、明治政府に出仕し会計官権判事となって大坂に赴任し、明治3年、造幣寮が火事になった折りに猛火の中に飛び込み、大火傷を負いながらも重要書類を運び出しました。
 そして、その時の火傷がもとで、明治4年10月に死去しました。74歳でした。
by wheatbaku | 2010-06-17 05:46 | 『幕末』

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事