人気ブログランキング |
三越 (日本橋散歩④ 大江戸散歩)
 体調が芳しくなかったので、ブログの更新がちょっと間があいてしまいました。
 日本橋散歩の続きで、今日は、三越のお話です。

【越後屋は三井高利の祖父が越後守だったから】 
 いうまでもありません、三越は、江戸時代、越後屋でした。
 越後屋の創業者は、三井高利です。三井高利は、伊勢国松坂の出です。
 1673年(延宝元年)創業ですので。創業以来約340年になります。
 三井家は、大和とも近江とも言われる出身の武士であると言われています。
 高利の父の代に松坂で、商人になりました。
c0187004_2233028.jpg 越後屋という商号は、高利の祖父高安が越後守であったので、越後屋という名前にしたと言われています。
 高利は、8人兄弟の末っ子で、長兄俊次は江戸で呉服店を経営していました。14歳のとき江戸に出て、高利はそこで働きますが、あまりにも商才があったので、警戒した兄から、母の孝養という理由をつけられて、28歳のとき松坂に帰されてしまいます。
 そして、再度江戸で商売ができるようになるのは、長兄が死亡した後になります。
 1673年(延宝3年)、52歳の時に、長男の高平を江戸の責任者にして、本町1丁目(ちょうど現在の日銀新館あたり)にお店を開きます。
 そこで、10年間商売をしますが、同業者に恨まれ、迫害を受けるようになり、1683年(天和3年)に、駿河町に移転しました。
 駿河町で開店した場所が、現在、三越のある場所です。

 現在の三越の建物は、明治44年7月5日に起工し大正3年9月15日に完成しました。
 三越100年史によりますと、地下1階、地上5階 面積2043㎡、延べ床面積 4000坪ありました。
 当時は、スエズ運河以東で最大の建物と言われました。
 設計は、横河民輔によります。
 平成11年4月には、「東京都選定歴史的建造物」に選ばれました。

【三越と言えばライオン像】 
 三越の正面玄関にあるライオン像は、モデルとなったのは、ロンドンのトラファルガー広場にあるネルソン提督像を囲むライオン像です。大きさはそこの約半分になっているそうです。
c0187004_21564781.jpg  英国の彫刻家メリフィールドが型どり、バルトンが鋳造したものです。
 完成までに3年の歳月を要したそうです。
 これは、当時の三越の支配人の日比翁助(ひびおうすけ)のアイデアです。
 日比は、ライオンが大好きで自分の息子に「雷音」と名前を付けたほどでした
 戦時中の金属回収に伴い供出されましたが、海軍の配慮で東郷神社に奉納されていたのが、戦後、三越社員に発見され、21年に三越に戻ったというエピソードがあります。
 
【名所江戸百景「する賀てふ」】 
 有名な歌川広重の名所江戸百景のうちの「する賀てふ」、それとほぼ同じ方向からみた現在の姿です。
 現在の写真の左側が三越、右側が三井本館です。
 越後屋は、広重の絵のように、道の両側に、お店を構えていました。
それは、店の暖簾に「丸に井桁三」のマークがついているので、越後屋であることがわかります。
 絵の右側を本店(ほんだな)といい、呉服(絹織物)を扱っていました。
 左側は向店(むこうだな)といい、太物(綿織物)を扱っていました。 
 c0187004_21585311.jpgc0187004_2159878.jpg

 江戸時代には、正面に見えた富士山は、いまや、ビルにさえぎられて、まったく見えません。
 なお、この場所が、江戸時代には「駿河町」という町名であったのは、富士山が見えたからだと言われています。
 この由来がもっともだと思わせてくれる広重の「する賀てふ(するがちょう)」です。
by wheatbaku | 2011-05-10 06:16 | 大江戸散歩

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事