人気ブログランキング |
日本銀行【金座跡】 (日本橋散歩⑤ 大江戸散歩)
 今日は、日本銀行本店についてご紹介します。
 日本銀行本店は、江戸時代の「金座跡」に建っていますので、「江戸」とも大変関係の深い建物です。

【日本銀行の設計は辰野金吾】 
 日本銀行は、三井本館の西隣にあります。
 日銀は、明治29年に作られました。設計は、東京駅も設計した辰野金吾です。ベルギーの中央銀行を模範に設計したと言われています。
c0187004_21563628.jpg 建物の1階は石造りです。
 2階3階も、外観からは石造りにみえますが、実はレンガ造りで表面に石を積んだ「石積みレンガ造り」です。
 当初の構想では、日銀は総石造りとする予定でしたが、明治24年の濃尾大地震の被害状況から、地震が多い日本では、欧米のような総石造りは無理であると判断しました。
 そのため、2階3階部分は、石造りより軽くなる「石積みレンガ造り」としたそうです。
 日銀の建物は、関東大震災にも耐えた建物で、国の重要文化財に指定されています。
  日銀本店の正面玄関入口には、咆える2頭の雄ライオンが6個の千両箱を踏まえて後足で立ち、日本銀行のシンボルマーク「めだま」を抱えた青銅製の紋章があります。
 右下の写真がそれです。

【日本銀行は江戸の金座跡】 
 日銀のある場所には、江戸時代「金座」がありました。
c0187004_215018.jpg 江戸時代は、金貨と銀貨と銭貨の三種類のお金が流通しました、そのため、それぞれの通貨を製造する金座、銀座、銭座が設けられました。
 金座というのは、小判をつくったり、金貨の鑑定を行うところです。広さは、約3300坪ありました。
 江戸での金座の始まりは、文禄4(1595年)で、 江戸時代の初期には、金座は江戸のほか、京都、佐渡、駿河にもありましたが、中期以降は、江戸が中心となりました。
 また、当初は小判座と呼ばれていました。金座の長官は、御金改役といいまして、後藤庄三郎の家が代々勤めました。
しかし、後藤家は文化7年(1810)に不正があったため取り潰され、後任の後藤家の分家も弘化2年(1845)に取り潰されてしまいました。

【一両はいくら】  
 1両が現在ではどのくらいの価値になるかとよく話題になりますが、正確な答えは、はっきりないのです。
c0187004_21501994.jpg というのは、何を基準にするかによって、大きく変わるからです。
 例えば、米を基準にすると、おおよそ5万円前後、賃金を基準すると30万円になるそうです。
 こんなに差が出てしまいます。
 でも、これでは目安になりませんので、そば代で計算すると、15から16万円になるので、丁度、米と賃金で計算したものの中間でものあるので、15万程度とするのがわかりやすいと思います。
 1両=15万と覚えられるとよいと私は思っています。
 左写真は、貨幣博物館に展示されている「慶長小判」です。重さ約18ミリグラムあります。


【千両箱の重さ】 
 小判が詰まった千両箱の重さはどのくらいかご紹介します。
c0187004_21544396.jpg 時代劇では、千両箱を盗賊が軽々かついで屋根の上を走っていく場面が多くあります。
 しかし、そんな簡単には運べませんでした。
 実は、江戸初期の小判は1枚約18グラムあります。それが1000枚ですから、小判だけで18キロになります。それに千両箱があります。
 千両箱は日銀向かいにある貨幣博物館に本物が展示されています。
 右の写真が千両箱ですが、実物は意外と小さいという印象を私はもちました。
 その千両箱ですが、物によって当然ちがいますが、2キロ程度はあるようです。
 そうしますと、小判の詰まった千両箱は全体で20キロ程度あるということになります。
 なかなか千両箱を簡単に運ぶのは難しいということになります。
by wheatbaku | 2011-05-11 05:50 | 大江戸散歩

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事