於大の方の墓(伝通院① 大奥ゆかりの寺)
 久しぶりに 、大奥ゆかりの寺をご案内します。
 今日は、小石川にある伝通院です。
 伝通院は「でんつういん」と呼ばれることが多いのですが、正しくは「でんづういん」と呼びます。

【伝通院は於大(おだい)の方の法名】  
 伝通院は、元々は、南北朝時代の、応永22年(1415)、浄土宗第七祖了誉が開山したお寺です。
 開山当時は小石川極楽水(現在の小石川4丁目15番)の小さな草庵で、無量山寿経寺という名で開創されました。
c0187004_22114226.jpg それから200年後の慶長7年(1602)8月、徳川家康の生母於大(おだい)の方が75才で伏見城でなくなった際に、この寿経寺を菩提寺とすることになりました。
 そして、於大の方の法名を「伝通院殿蓉誉光岳智光大禅定尼」から「伝通院」と呼ばれるようになりました。
 その後、千姫をはじめとした将軍家ゆかりの人たちが多く埋葬されています。

 伝通院は、教育面でも大きな足跡を残しています。
 江戸時代はじめの慶長18年(1613)増上寺の学問僧300人が伝通院に移されて、関東十八檀林(僧の学問修行所)の上席と位置づけられていました。多い時には、学寮に席をおくもの千人以上という状況だったそうです。
 その伝統から、明治24年(1891)芝三縁山(増上寺)より浄土宗学本校(現大正大学の前身)が無量山へ移転され、更には明治25年には伝通院境内に淑徳女学校が設立されています。

 伝通院は、享保6年(1721)、享保10年(1725)、明治40年(1910)と三度の大火にあい、その再建都度再建されました。しかし、昭和20年5月の東京大空襲で、すべての建物が焼失しました。
 その後、昭和24年本堂を再建し、さらに昭和63年に再建されたものが、現在の本堂です。

c0187004_22123026.jpg【於大の方】  
 伝通院の名前の由来になっている於大の方は享禄元年(1528)、三河刈谷城主水野忠政の娘として生まれました。
 そして、天文10年(1541)、岡崎城主松平広忠と結婚しました。於大の方は14歳、広忠は16歳でした。結婚の翌年、於大の方は竹千代(後の徳川家康)を出産しまた。
 しかし、於大の方の父水野忠政が病死した後、刈谷城を継いだ兄信元は織田方に属しました。
 そのため、今川氏の保護を受けていた広忠は、天文13年(1545)、於大を離縁して刈谷に帰すこととなり、於大の方は3歳になった竹千代を岡崎に残して、刈谷に帰されました。
 その後、阿久比城主久松俊勝に再嫁しましたが、於大の方は、家康が織田方の人質となってからも常に衣服や菓子を贈って見舞い、音信を絶やすことがなかったと伝えられています。


c0187004_2212794.jpg また、家康が今川義元の人質となって駿府にいた際にも、於大の方も使いを送ってひそかに日用品を届けたと言われています。
 於大の方は、久松俊勝との間に子供を3人もうけました。
 家康は、天下統一の後には、久松家を親戚として尊重しました。
 これが、久松松平家です。
 久松松平家は伊予松山藩や幕末の桑名藩の藩主です。寛政の改革で有名な松平定信は、田安家から久松松平家に養子となりました。

 於大の方は、夫の久松俊勝が、天正10年(1582)になくなると、天正16年(1588)に髪をおろし「伝通院」と号しました。
 上の肖像画は、永禄3年(1560)、母華陽院の死を悼んだ於大の方が、母の像とともに描かせ た肖像画です。
 2枚の画像は、一対として刈谷市の楞厳寺(りょうごんじ)に納められたものといわれています。
 下の像は、天正16年、蒲郡安楽寺で剃髪し伝通院の号を授かった当時の於大の方の姿との説明がありました。於大の方は、2年間、安楽寺に住み俊勝の菩提を弔ったそうです。
 
 上の肖像画(写真)と下の像(実物)は、本堂西側にある観音堂の中にある休憩所においてあります。
 
c0187004_22124887.jpg【於大の方の墓】 
 そして、於大の方は、家康の天下統一を見た後、慶長7年(1602)8月、家康の滞在する伏見城にてなくなりました。
 家康は於大の方の死を悼み、京都の智恩院で葬儀をおこない、江戸に遺骸を送り、伝通院に納骨しました。
 於大の方のお墓は、本堂西側にあり、東向きに立った五輪の大きなお墓です。
[PR]
by wheatbaku | 2011-05-16 06:32 | 大奥ゆかりの寺

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
『西郷どん』、恋愛ごっこ..
from Coffee, Cigare..
各合戦の動員人数について..
from Coffee, Cigare..
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
再出発が始まる
from 哲学はなぜ間違うのか
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史