人気ブログランキング |
『お江ゆかりの地を行く第1回「江戸城」』 開講!
 土曜日、毎日文化センターさんの  「お江ゆかりの地を行く~気ままに江戸探訪」 が開講されました。
 その第1回として「江戸城」の案内をしました。
 金曜日に、関東地方の梅雨入り宣言が出されて、土曜日も小雨模様でしたが、次のようなコースで案内をしました。

 平川門 ⇒ 梅林坂 ⇒ 潮見坂 ⇒ 白鳥濠 ⇒ 大手門 ⇒ 三の丸尚蔵館 ⇒ 大手三の門 ⇒ 中の門 ⇒ 中雀門 ⇒ 富士見櫓 ⇒ 松の大廊下跡 ⇒ 富士見多聞 ⇒ 石室 ⇒ 天守台 ⇒ 北拮橋門
 の順でした。


 雨模様でしたが小雨でしたので、東御苑には見物客がかなりいました。
 雨のおかげで、音が消され、そして新緑が鮮やかになり、参加された皆さんも「雨が降って、いつもとは違う風景がみられました」とか「雨も風情があってよい」というご感想があり、思いがけない天から贈り物をいただきました。
 また、参加者の皆さんからの積極的なご質問も多く楽しく案内させていただきました。
 参加された皆さん、どうもお疲れ様でした。
 雨に濡れた東御苑もすばらしかったので、いくつか紹介します。

【平川門】 
c0187004_20404521.jpg
 平川橋から撮った平川門です。
 大奥の通用門であったため、「お局門」の別名もあります。
 春日局が、門限に遅れたため、城内にはいれず締め出されたというエピソードが有名です。
 この時の門番(小栗又一郎と言われています)がご加増になったという話もあります。
 小栗又一郎は、幕末に勘定奉行等で活躍した小栗上野介の先祖です。
 また、不浄門とも呼ばれました。

【白鳥濠の前の松並木】 
c0187004_20405944.jpg
 白鳥濠の前の松並木が、整然としていて、雨のため緑が鮮やかになって、皆さん、喜んでいました。
 ここで、東御苑の松は昔からあったのかという質問がありました。
 「昔、一般的には、お城の中には、防衛上から、庭園以外には、あまり木が植えられえていなかった」と説明をしました。

【二の丸から見る百人番所】 
c0187004_20411183.jpg
 二の丸か見ると、百人番所が雨にかすんでいました。
 百人番所は、大手三の門を警護していた伊賀・甲賀・根来・二十五騎組の4組の「鉄砲百人組」が詰めていた番所です。 
 その4組のうちの伊賀組が拝領した組屋敷の跡が、新宿区の百人町の地名として残っています。

【大手三の門】 
c0187004_20412560.jpg
 大手三の門は、下乗門とも呼ばれます。
 この門前には木橋があり、その前に「下乗」という立て札が立てられていて、御三家と輪王寺宮以外は、駕籠をおりなければなりませんでした。
 現在は、下乗門の前の濠も埋めたてられてしまっています。

【中の門】 
c0187004_20413710.jpg
 百人番所前から撮った中の門です。巨大な石垣と本丸の緑のコントラストが鮮やかでした。
 中の門の巨大な石垣は、人々を圧倒するようです。
 黒い石は、東伊豆産の安山岩、白っぽい石は瀬戸内海産の花崗岩です。
 宝永元年(1704)に、鳥取藩の池田吉明が築造したと推定されています。

【天守台】 
c0187004_20475920.jpg
 天守台は下からのご案内です。
 明暦の大火で、寛永度の天守が焼失し後、天守台が加賀藩主前田綱紀によって築かれます。
 しかし、天守は、保科正之の決断により再建は取りやめられます。 保科正之の決断に参加者の皆さんも感心していました。
 なお、保科正之は、お江の嫉妬を恐れ、側室をつくらなかった秀忠が唯一側室に生ませた子供だと言われていて、お江との関係のある人物です。


 次回の「お江ゆかりの地を行く」は、「増上寺」をテーマに6月25日に開講します。
 
by wheatbaku | 2011-05-30 06:09 | お江ゆかりの地を行く

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事