武市半平太寓居跡(京都幕末史跡めぐり)
 京都幕末史跡めぐり、今日は「武市半平太寓居跡」です。  
 木屋町通りを南に下り姉小路通りの一本南側の通りとの交叉点そばに料亭「金茶寮」があります。
 その入口に「武市瑞山先生寓居之跡」の碑がありました。
 半平太は通称で、瑞山は雅号です。瑞山という号は、久坂玄瑞の一字をとったとも、万葉集の瑞山(みずやま)からとったという説もありますが、文久2年に平井収二郎の意見を取り入れて瑞穂の一字を借りたものという説もあります。
 「金茶寮」には「武市半平太ゆかりの部屋」が現存しているそうです。

【武市半平太】 
c0187004_1051061.jpg 武市半平太は、昨年の大河ドラマ「龍馬伝」で大森南朋が好演したので、覚えている人も多いと思います。
 武市半平太は京都では、他藩応接役として、尊王攘夷派の公卿や浪士と交流しました。
 その際の隠れ家として文久2年(1862)閏8月から木屋町に住んでいました。。

 武市半平太は、文政12年(1829)生まれました。龍馬より6歳年長です。
 武市家はもと郷士ですが長年の御用人勤務が認められて、半平太の祖父の代に白札に昇格しました。
  武市半平太は9歳から高知城下に出て学門と剣術を学び、安政3年(1856年)8月、藩の臨時御用として江戸での剣術修行が許され、江戸へ出て鏡心明智流の士学館(桃井春蔵の道場)に入門しました。最初は土佐藩邸から通いましたが、後に師匠のもとに寄宿しました。安政4年には免許皆伝となり、士学館の塾頭となりました。半平太が塾頭となってからは放蕩無頼であった士学館の塾風が改まったといわれています。
 文久元年(1861)8月には江戸で土佐勤王党を結成し、土佐に帰って同志を募り最終的には192人の参加者になりました。

 【絶頂の京都】 
 文久2年4月には参政吉田東洋を暗殺して公武合体の藩論を変革し、藩主豊範を擁して上洛、他藩応接役となって活躍しました。 その活躍のもととなったのが、木屋町の住まいです。
c0187004_10512577.jpg 文久2年6月、吉田東洋暗殺のために延期していた山内豊範の参勤交代に出発しました。途中、麻疹の影響で大坂で約一ヵ月の逗留を余儀なくされた後、一行は、8月25日、京都河原町の土佐藩邸に入りました。
 そして、閏8月に武市半平太が他藩応接役に任じられました。この時同時に、尊攘派の小南五郎右衛門・平井収二郎なども他藩応接役に任じられています。
 武市半平太は周旋活動のために藩邸を離れて三条木屋町に寓居を構えました。
 
 武市半平太は長州の久坂玄瑞らと交流しつつ、三条実美や姉小路公知らの尊攘派公卿とも交際を深め、幕府に対して攘夷を督促する勅使を江戸に派遣するための朝廷工作を行いました。
 これらの活動の結果、10月に幕府に対する攘夷督促と御親兵設置を要求する勅使として正使三条実美、副使姉小路公知が派遣されることになり、山内豊範には勅使警衛が命ぜられました。
 そして、武市半平太は公家の家司である雑掌として姉小路公知に随行し江戸へくだりました。
 江戸では将軍徳川家茂にも拝謁し、幕府側から饗応も受けました。

 12月に役目を終えて京都に戻った半平太は、上士格の留守居組へ昇進します。 さらに翌文久3年(1863年)3月には京都留守居加役となりました。京都留守居役は、江戸留守居役とならぶ出先機関のトップで高禄の人物が勤めてポストです。臨時とはいえその留守居役に任ぜられることは、土佐藩において前例の無い事でした。
 この頃が彼にとっても、土佐勤王党にとっても絶好調の時期でした。
 しかし、翌文久3年8月の京都政変後、山内容堂は土佐勤王党弾圧に踏み切り、武市半平太も同志とともに捕えられました。
 そして、入獄1年9カ月の慶応元年(1865)閏(うるう)5月11日、半平太は切腹を命ぜられました。 39歳でした。
 
 赤印が武市半平太の寓居跡です。

[PR]
by wheatbaku | 2011-08-24 10:59 | 京都幕末史跡めぐり

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
『西郷どん』、恋愛ごっこ..
from Coffee, Cigare..
各合戦の動員人数について..
from Coffee, Cigare..
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
再出発が始まる
from 哲学はなぜ間違うのか
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史