海援隊(酢屋② 京都幕末史跡めぐり)
 今日は、昨日の「酢屋」の続きです。
 「酢屋」は海援隊の京都の拠点でしたので、今日は海援隊について書いてみます。
 
【酢屋が海援隊の拠点となった理由】 
 c0187004_9262433.jpg 右の写真は、酢屋の店先に建てられている「坂本龍馬寓居之址」の碑です。
 最初に「酢屋」が海援隊の京都の拠点になぜなったのかということについて書いてみます。
 その理由はハッキリしたものはわかりません。
 しかし、酢屋は、京都の土佐藩邸の出入り商人で、土佐藩邸に材木を納めていました。
 このように「酢屋」は土佐藩と商売上の取引関係がありました。また、高瀬川を利用した海運業も営んでいました。海援隊は海運業が本業ですので、こうした点も海援隊にとって都合がよかったものだと思います。
 また、海援隊は、土佐藩の傘下にありましたが、土佐藩の組織ではなく、外郭組織という位置付けでした。これは土佐藩に危険が及ぶ場合には、海援隊を切り放す考えもあったためとも言われています。
 そのため、海援隊の拠点を、土佐藩邸に置くより、藩邸外に置くメリットが土佐藩にもあったと言われています。

 
【海援隊は、土佐藩の外郭組織】 
 次に、海援隊という組織はどういうものかについて書きます。
 海援隊については、中公文庫の平尾道雄著「坂本龍馬 海援隊始末記」を参考にさせてもらいました。

c0187004_9275434.jpg 海援隊の前身となったのは有名な「亀山社中」です。
 亀山社中は、神戸海軍操練所の解散に伴い、慶応元年、薩摩藩の援助を得て長崎の亀山において結成されました。
 薩摩藩からは月々3両2分の生活費が給付されたといいます。
 坂本龍馬は、今で言う商社をつくり貿易を行うとともに海軍・航海の技術を練磨するねらいがありましたが、ビジネス活動を通じて薩長の手をにぎらせるのが当面の目的であったといわれています。
 武器や軍艦などの兵器を薩摩藩名義で長州へ流すなどの斡旋を行い、また、物資の輸送や航海訓練なども行い、第二次長州征伐においては下関海戦に従軍したりしました。

 しかし、亀山社中は、ユニオン号問題が起きたり、ワイル・ウェフ号が転覆するなどして、慶応2年夏には経済的に行き詰まり、解散寸前の危機にありました。
 坂本龍馬は、一時期、亀山社中の解散を考えたとも言われています。
 
 こうした亀山社中の苦境の時期に、坂本龍馬と土佐藩の参政であった後藤象二郎は、慶応3年正月の長崎清風亭で会談します。この会談で坂本龍馬と後藤象二郎は勤皇開国論とくに海上貿易を志すという考えで一致しました。
 同じ年3月には、土佐藩大監察であった福岡藤次(のちの福岡孝弟)が長崎に到着し、後藤と福岡の相談により海援隊と陸援隊が土佐藩の外郭組織として位置づけられました。
 そして、慶応3年(1867)4月には坂本龍馬は、脱藩が許されて海援隊長となりました。
 陸援隊は慶応3年7月、中岡慎太郎を隊長として組織されています。

 しかし、慶応3年11月15日に、京都・近江屋で坂本龍馬が陸援隊隊長の中岡慎太郎とともに暗殺されると海援隊の力は弱くなり、長岡兼吉が慶応4年4月土佐藩より2代目海援隊長に任命されましたが、同年閏4月27日には土佐藩藩命により解散されられました。 長岡兼吉は1ヶ月ほどの短い間の隊長でした。
[PR]
by wheatbaku | 2011-09-06 09:31 | 京都幕末史跡めぐり

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
『西郷どん』、恋愛ごっこ..
from Coffee, Cigare..
各合戦の動員人数について..
from Coffee, Cigare..
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
再出発が始まる
from 哲学はなぜ間違うのか
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史