人気ブログランキング |
綱吉末期の大災害(江戸検お題「徳川将軍15代」)
 綱吉政権の末期には、元禄16年(1703)に起きた元禄大地震、宝永4年(1707)に起きた宝永大地震、そして同じ年に起きた富士山の大噴火をはじめとする大規模な自然災害が続きました。

 元禄大地震は、元禄16年11月23日午前2時ごろ発生しました。
 震源は房総半島南端にあたる千葉県の白浜沖と推定され、マグニチュードは8.2と推定されています。
c0187004_136139.jpg 江戸では震度5~6、房総半島の南端で震度7、小田原・熱海でも震度7であったと推定されています。江戸の被害はそれほど大きくはなかったが、「わきてつよきは安房・相模にて、相模の小田原では城崩れて火起こり寺院民家残すくなく亡ひぬ」(楽只堂年録)という状況でした。
 こうした大災害が起きたため、人心を安定する狙いがああったのでしょう。年号が、「元禄」から「宝永」に改元されました。

 宝永地震は、宝永4年(1707)10月4日午後2時ごろと翌5日の午前6時ころに発生しました。マグニチュード8.4と推定されています。
 震源域が東海から紀伊半島、四国沖にまで及ぶ巨大地震でした。
 この地震は東海地震および南海地震の二つの巨大地震がほぼ同時に発生したと考えられています。
 江戸の被害は比較的軽微でしたが、静岡から四国南岸に至る一帯で被害を受けました。

 そして、宝永大地震の49日後の宝永4年(1707)11月23日に富士山が大噴火しました。
 宝永噴火と呼ばれる噴火で、富士山の最も最近で有史以来最も激しい噴火です。
c0187004_1363213.jpg 噴火がみられたのは富士山の東南斜面で、現在も富士山を静岡県側から見上げると、山体の右側に大きなくぼみがあり、その隣に小山が見えます。このくぼみが「宝永火口」、小山は「宝永山」と呼ばれていて、いずれも宝永噴火のときにできたものです。
 右上写真の雪をかぶった山腹の手前の小山が「宝永山」、左上の写真の大きな噴火口が「宝永火口」です。

 この噴火により江戸でも大量の火山灰が降りました。新井白石はその著書「折りたく柴の記」に噴火の様子を詳しく記しています。
 「よべ地震ひ、この日の午時雷の声す、家を出るに及びて、雪のふり下るごとくなるをよく見るに、白灰の下れる也。西南の方を望むに、黒き雲起こりて、雷の光しきりにす。」

 この噴火で大きな被害を受けたのは武蔵、相模・駿河でした。特に小田原藩領の富士山東麓の須走村は深い砂に埋もれ、深さは2.7メートルもあったそうです。
 しかし、幕府や藩の対応は不十分であったため、被害を受けた村々は結束し江戸に出訴する行動を起こしました。これによりようやくお救い米が村々に配分されました。
 しかし、小田原藩単独の復興は厳しいことから、被災地の救済と復興に幕府が直接乗り出し、小田原藩領は、当分の間、伊那半左衛門が支配する幕府領となりました。

 「地震をはじめとする各種の災害は、現代人の感覚でじゃそれ自体が為政者の責任ではない。綱吉の時代はそうでなかった。多くの人が、天地の異変を悪政への罰ないし警告と理解したのである。綱吉は雷なども恐れたほどで、自然界の異変を君主の不満への非難と受け止める気持ちが格別強かったようだ。」(塚本学著「徳川綱吉」)
 そうした綱吉は、この天地の大異変をどうとらえたのでしょうか。
by wheatbaku | 2012-08-03 13:03 | 江戸検お題「徳川将軍15代」

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事