人気ブログランキング |
京都御所と八月十八日の政変(江戸検お題「徳川将軍15代」)
 今日は、八月十八日の政変について書きます。
 八月十八日の政変とは、文久3年8月18日、会津藩・薩摩藩を中心とした公武合体派が、長州藩を主とする尊皇攘夷派を京都から追放したクーデター事件です。

 上洛した将軍家茂は当初10日間の滞京の予定でした。しかし、朝廷によりずるずると引き留められました。
 上洛早々の3月11日の加茂行幸の後、4月11日には石清水八幡宮への行幸も行われました。
 この時は、病気を理由に、家茂は随行しましせんでした。
 しかし、譲位実行の要求は強く、ついに5月10日が譲位実行日と定まります。

c0187004_11472516.jpg この間、家茂は、4月21日に大坂城に向かい、順動丸に乗って大阪湾を巡航しています。この時の艦長が勝海舟です。
 その後、5月11日に京都に戻り、江戸に帰ることを奏上しますが、なかなか許可がおりませんでした。
 5月24日になってようやく帰府の許可がおりたので、帰路は海路を取ることに、6月9日に京都を発ち6月13日に大坂天保山沖からを 順動丸に乗って江戸に帰りました。

 この将軍家茂の帰府と入れ違いに、御親征を強く主張する久留米藩士の真木和泉が入京します。
 真木和泉は学習院にも出仕し、公卿に大きな影響を与えました。
 そして、国論を攘夷に向けて一致させるため、天皇による攘夷親征が尊攘急進派によって企てられました。
 この攘夷親征は大和行幸と呼ばれ、孝明天皇が大和の神武天皇陵と春日大社に行幸して、次いで伊勢神宮にまで行幸するというものでした。。
 この大和行幸実施の詔が8月13日に発せられました。
 しかし、この大和行幸は、尊王攘夷派が中心となって画策したもので、孝明天皇は、熱心な攘夷主義者ではあったものの、攘夷急進派の横暴を快く思っておらず、攘夷の実施についても幕府や諸藩が行うべきものと考えていました。

 大和行幸が発せられた8月13日の夜、三本木で会津公用局の秋月悌次郎を薩摩藩の高崎左太郎(正風)が訪ね、会津藩と薩摩藩が手を結び、攘夷派を一掃することを提案しました。
 秋月はすぐに松平容保にその話を伝えて承認をとりました。
 8月15日、松平容保の了解のもと、薩摩藩の高崎左太郎(正風)と会津藩の秋月悌次郎が、公武合体派の中川宮を訪れて計画を告げました。
 計画に同意した中川宮が翌16日に参内して孝明天皇に奏上しましたが、孝明天皇はすぐには決断しませんでした。しかし、その夜、天皇から中川宮に密命が下りました。
c0187004_11474898.jpg 
 8月18日午前1時頃、中川宮と松平容保、京都所司代淀藩主稲葉正邦、ついで近衛忠熙(前関白)・二条斉敬(右大臣)・近衛忠房らが参内し、4時ごろに会津・薩摩・淀藩兵により御所九門の警備配置が完了した。
午前4時ごろ、一発の砲声が鳴り響きました。九門警備完了の合図です。
 土佐、鳥取、徳島、米沢など在京の諸藩主にも兵を率いて参内を命じ、兵を率いた諸藩主が参内し、諸藩兵がさらに九門を固めました。

 そして、朝議によって、大和行幸の延期が決まり、三条ら尊攘急進派公家に禁足を命じるとともに他人との面会の禁止も命じました。
 また、国事参政、国事寄人の二職が廃止となりました。そして尊王攘夷派の中心である長州藩は堺町御門(左上の写真)の警備を免ぜられ、薩摩藩がかわることになりました。

 朝廷内は、公武合体派の公卿によって占められ、尊攘派公家は失脚することになりました。こうした事態に驚いた尊攘派公卿は急いで参内しようとしましたが、門を入ることができませんでした。
c0187004_115068.jpg 長州藩も、堺町御門や鷹司邸(左写真)近くに集まりました。これに対して薩摩藩・会津藩も藩兵を向かわせました。
 一側触発の事態の中で、両陣営が対峙していました。その長州藩に対して退去するよう勅命が下り、長州藩が大仏方広寺に兵を引き上げます・
 そして、翌19日、方広寺から移動して妙法院にいた長州藩兵2千余人は失脚した三条実美・三条西季知・四条隆謌・東久世通禧・壬生基修・錦小路頼徳・澤宣嘉の公家7人とともに、雨の中、長州へと下りました。
 これがいわゆる七卿落ちと言われるものです。
by wheatbaku | 2012-08-24 09:46 | 江戸検お題「徳川将軍15代」

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事