人気ブログランキング |
本所松坂町公園(赤穂浪士引き揚げルート1)
 江戸文化歴史検定を受験された皆さん、試験はどうでしたか?
 難しかったですか? 簡単でしたか?
 朗報が届くとよいですね。
 それにしても受験お疲れ様でした。少しゆっくりしてください。

 さて、土曜日に「赤穂浪士引き揚げルート」を築地本願寺まで歩いてきました。
 そこで、今日からは、そのルート沿いの史跡をご案内していきます。

 今日は、スタートの本所松坂町公園です。
 本所松坂町公園は昭和9年につくられました。それには次のような経緯がありました。
c0187004_1647283.jpg 赤穂浪士の討ち入り後、吉良家が改易となったため、吉良邸跡は町人が住む町になりました。そのため、吉良家の名残を残すものはありませんでした。
 そこで、昭和9年に地元の自治会の有志がお金を出し合い、土地を購入し、東京都に寄付しました。それがこの公園です。現在は墨田区に移管され墨田区立公園となっています。
 元の吉良邸は約2550坪ありましたが、この公園は約30坪しかなく、元のお屋敷の1%ほどの広さです。

 赤穂浪士の討ち入りは元禄15年12月14日に行われました。
c0187004_16475057.jpg 討ち入りした時刻は午前4時ころです。
 表門隊24人と裏門隊23人に別れ、討ち入りしました。
 表門は大石内蔵助、裏門は大石主税が大将で、吉田忠左衛門が補佐しました。
 表門隊では、大高源吾と間十次郎が梯子をかけて塀を乗り越え一番乗りしました。
 裏門隊は掛矢(大きな木槌)で裏門を打ち破り突入しました。
 赤穂浪士は、屋敷内斬込隊、長屋制圧隊、表門・裏門の守護隊などに分かれ吉良側と戦いました。
 1時間ほどの激闘で、吉良側の反撃を封じました。
 そして、残りの1時間ほどは吉良上野介の捜索にかかりました。
 その長い捜索の結果、炭小屋に隠れている吉良上野介を見つけだし、首をあげました。

 吉良上野介の像が公園内にあります。(左上写真)
 この像は吉良家の菩提寺である愛知県西尾市の華蔵寺にある木像をベースに平成22年に作られたもの、上屋は旧吉良町から平成23年に寄贈されたものです。
c0187004_10581135.jpg 右写真は、華蔵寺にある吉良上野介の木像です。
 今年の黄金週間に華蔵寺を訪ねた時に撮った写真ですが、いつもは非公開ですが、華蔵寺さんの特別のご配慮により公開していただき撮らさせていただいたものです。
 上野介が50歳の時に、自身をモデルに作らせたものだそうですが、非常に穏やかな表情であるのが印象的でした。 

 今回ご案内するために事前調査する中で、「人々心得之覚書」という赤穂浪士が討ち入った際の行動要領があることを知りました。
 この「人々心得之覚書」には、討ち入りの際の行動について具体的に定められています。
 
 決め事のいくつかを書き上げてみますが、用意周到さに驚きます。
①吉良上野介の首を取ったら、引上場所(回向院)に持参すること。
その際首は上野介の上着で包むこと。
②吉良義周の首は討っても、持参する必要はない。
③吉良親子を討ち取れば笛を吹く。
④引き上げは鉦を打って合図する。
c0187004_20345685.jpg⑤裏門から引き上げる。
⑥引上げ場所は回向院とする。
 もし回向院に入れない場合には、両国橋の東詰の広場とする。

 吉良上野介の首を取った後、赤穂浪士は裏門とも玄関とも言われますが、点呼をとり、裏門から引き揚げました。
 裏門があったと思われる場所には、吉良邸裏門跡の高札が立てられています。マンションンの前です。
by wheatbaku | 2012-10-28 20:40 | 忠臣蔵

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事