人気ブログランキング |
仙台藩上屋敷と江戸検の「今年のお題」(赤穂浪士引き揚げルート29)
 旧新橋停車場は、江戸時代は龍野藩脇坂家の上屋敷がありましたが、その隣が仙台藩伊達家の上屋敷でした。
 現在は、日本テレビの「日本テレビタワー」になっています。
 赤穂浪士一行は、日本テレビタワーの北側を通り泉岳寺に向かいました。

 日本テレビタワーの北玄関に「仙台藩上屋敷」の説明板があります。
c0187004_2142560.jpg 江戸時代、藩祖伊達政宗の時代には、外桜田や愛宕下などに仙台藩の江戸屋敷を構えていました。
 その後、寛永18年(1641)には、浜(芝口)屋敷(港区東新橋)に屋敷替えが行われ、延宝4(1676)年以降は幕末まで仙台藩の江戸の拠点として機能していました。
 浜屋敷の表門では、元禄15年(1702)12月15日、本所吉良邸への討ち入りから主君浅野匠頭長矩の墓所高輪泉岳寺へ向かう赤穂浪士たちを仙台藩士が呼び止め粥を振舞ったといわれています。
 この時にもてなされた粥は、レトルト食品のように一瞬に作られたそうですが、このときの米は糒(ほしいい、粳米を蒸して乾燥させたもの)で、軍糧として作られていたもので、仙台糒として特に製造所を定めていた藩の特産品であったようです。
 粥でもてえなしをしたというのは、仙台市の説明です。

 しかし、中央義士会の説明では、赤穂浪士一行は、仙台藩士に尋問を受けたと書いてありました。

 大石内蔵助は、討ち入り成功後、幕府に自首することにしていました。c0187004_21424448.jpg 
 そして、愛宕下のあった大目付仙石伯耆守の屋敷に自首したのが吉田忠左衛門と富森助右衛門です。
 その吉田忠左衛門と富森助右衛門は、汐留橋から仙台藩上屋敷の間あたりで、赤穂浪士一行と別れて自首に赴いた言われています。


【江戸検お題「忠臣蔵」について】
 さて、今年の江戸文化歴史検定の結果発表がありましたね。
 一級の合格者があまりにも少ないので驚きました。
 合格者が6名で、合格率が0.7パーセントというはすごいです。
 問題が相当難しかったのでしょう。
 そうした難関を突破し合格された皆さん、本当におめでとうございます。
 一方、合格点に届かなかった皆さん、本当に残念ですね。捲土重来を期して頑張ってください。

 受験結果と同時に、「今年のお題」が発表されました。
 江戸検今年のお題は、「これが本当の『忠臣蔵』~赤穂事件が“物語”になるまで~」ですね。
 これがテーマというのも驚きました。
 今年、毎日文化センターで「忠臣蔵ゆかりの地を行く」という講座を開いていて、現在も進行中です。
 その準備をするために、「忠臣蔵」関連の本を読んでいますが、なかなか奥が深いというのが実感でした。
 そう思っている最中ですので、「今年のお題」について、感じたことをいくらか書きます。

1、「忠臣蔵」となっていることに注意が必要
 俗に「忠臣蔵」とは、浅野内匠頭が松の廊下で刃傷事件を起こし切腹し浅野家は改易となり、翌年12月14日に四十七士が討ち入りし、元禄16年2月4日に切腹した「赤穂事件」と同義語と一般的には考えられています。
 しかし、江戸検では、「赤穂事件」と「忠臣蔵」とは別の物であるととらえる必要があると思います。
 前述した政治上の事件が「赤穂事件」です。
 そして、「忠臣蔵」とは、「赤穂事件」をもとに描かれた浄瑠璃・歌舞伎・小説・浮世絵・落語・映画・TVドラマを指していると考えておいたほうがよいと思います。
 つまり、「お題」の名前からすれば、文化面が重視されているともいえると感じます。
 ですから、受験勉強は、政治面だけでなく、文化面の分野も勉強する必要があるように思います。

2、「赤穂事件」を知ること
 文化面まで受験準備が必要とは言っても、赤穂事件をよく知らないことには始まりませんので、勉強の一歩は、赤穂事件について勉強するというのがオーソドックスなのではないでしょうか。
 赤穂事件についての基礎的な知識をしっかりマスターし、それから文化面にまで勉強範囲を広げていくというのがよいのではないかと私は考えています。

3、細かい知識が必要では! 
 赤穂事件は、元禄14年3月14日から元禄16年2月4日までの約3年の出来事です。
 そのため、短期間の出来事が対象となります。そうなりますと、赤穂事件に関係する問題は細かい部分まで対象にせざるをえないと思います。
 すると、赤穂事件関係については細かいところまでの知識を吸収する必要があるんではないでしょうか。
 その傾向は、江戸文化歴史検定協会のHPに載っている例題をみてもわかります。

 以上、直感的に感じたことを書きましたが、鶴ヶ島の小人さんからも、参考図書のご紹介依頼を受けていますので、おいおい、参考図書を紹介してきたいと思います。

 赤印が、日本テレビタワーの北玄関です。玄関わきに説明板が設置されています。 青印は旧新橋停車場です。

by wheatbaku | 2012-12-17 07:32 | 忠臣蔵

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事