人気ブログランキング | 話題のタグを見る
高野山東京別院と高輪消防署二本榎出張所(高輪散歩5)
 今日は、高輪散歩の続編です。
 高野山東京別院と高輪消防署二本榎出張所をご案内します。
 高野山東京別院は高輪警察署前交差点の南東にあり、二本榎出張所は高輪警察署交差点脇にあります。

【高野山東京別院】
高野山東京別院と高輪消防署二本榎出張所(高輪散歩5)_c0187004_8243473.jpg 高野山真言宗総本山金剛峯寺の別院です。
 慶長年間江戸に徳川幕府が開かれた際、在番所の寺として、浅草の日輪寺に開創されました。
 その後、明暦元年(1655)芝二本榎の地を下賜され、延宝元年、「高野山江戸在番所高野寺」として正式に建立されました
  幕府と宗務全般の交渉、および幕府の諸通達を全国の古儀真言宗寺院に達する触頭(ふれがしら)の責務を担いました。
 高野山から重役方が交代で勤務しました。
 明治に入って在番所は廃止され、 昭和2年に「高野山東京別院」と改称しました。
 住職は、総本山金剛峯寺座主が兼務しています。


【高輪消防署二本榎出張所】
 高野山東京別院と高輪消防署二本榎出張所(高輪散歩5)_c0187004_8245091.jpg 高輪消防署の二本榎出張所は、もとは、昭和59年に桜田通り沿いに新本署ができるまで高輪消防署でした。
 この高輪消防署二本榎出張所は、平成22年に「東京都選定歴史的建造物」に選定されました。
 二本榎出張所は、昭和8年に建てられました。設計は、 警視庁の営繕係の越智操が行い、施工は間組が担当しました。
 当時は、消防署は、警視庁の管轄下にあったので、警視庁の営繕係で設計をしたそうです。
 鉄筋コンクリート造、地上3階建て、延べ598㎡の建物です。
 出張所は海抜25メートルの位置にあり、新築当時は周囲に高い建物がなく、東京湾を眼下に眺望できたことから、「岸壁上の灯台」とか「海原を行く軍艦」と評されていました。
 3階の講堂まで見学できます。1階の受付で名前を記入する簡単な手続きですみます。

 
高野山東京別院と高輪消防署二本榎出張所(高輪散歩5)_c0187004_82567.jpg 3階の円形講堂
 3階の円形講堂は、8本の梁が中心に集まり、10個の窓部アーチと一体となった独特の意匠です。
 第一次世界大戦後の「ドイツ表現主義」というデザインで、曲線と曲面をモチーフとして力強く流れる躍動感のある設計が特徴です。

高野山東京別院と高輪消防署二本榎出張所(高輪散歩5)_c0187004_830381.jpg 非常用ガス燈(円形講堂内)
 現在の庁舎が落成した時に停電用の照明として「アールヌーボー風のガス燈」が円形講堂に設置され、現在も当時のまま保存されています。

高野山東京別院と高輪消防署二本榎出張所(高輪散歩5)_c0187004_830155.jpg 曲線をモチーフとした階段
 円形講堂にあがる階段は、曲線的な空間を持った階段となっています。
 階段の床と腰壁は大理石とセメントを練って固めたものを研磨した、研ぎ出し仕上げとなっています。


 赤印が高野山東京別院です。 青印が高輪消防署二本榎出張所です。

by wheatbaku | 2013-02-08 08:37 | 大江戸散歩

江戸や江戸検定について気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事